KODOMO LAND > Posts tagged "服"

小学生の女の子の服のサイズの目安について

小学生の成長はとても早くてびっくりするほど。 つい最近までぴったりだった洋服が、いつの間にか窮屈そうになっているなどよくあることですよね。 親御さんとして、お子様の洋服選びは一仕事。 デザインはもちろんですが、サイズ選びも重要です。 ここでは、小学生の女の子の服を選ぶ際の目安についてご紹介させていただきます。 ■小学生の洋服選びの際、気を付けるべきこととは? 小学生の成長はとても早いもの。 せっかく買うのだから、少しでも長い時間着てほしいものですが、あまり大きなサイズではみっともないし、思わぬケガにつながってしまったりすることも。 出来る範囲でお子様の体のサイズに合ったものを用意してあげたいものです。 また、子供服のサイズは、メーカーによって多少違いがあるものです。 細身の作りが多いブランドや、ゆったりした作りが多いものなど、様々な特色があります。 そのため、サイズ表記を確認しただけで購入してしまうと、実際は「小さすぎた」「ダボダボだった」などとなることも少なくありません。 実物が確認できる場合は試着をしてから購入する、ネットなどで購入する際は、口コミ等を参考にするなど注意が必要です。 輸入ブランドなどの場合は、サイズ表記がそもそも日本と異なることがほとんどです。 その点も気を付けながら購入するようにしてください。 ■サイズ表記の目安は? サイズ…目安の身長 110…105~115cm 120…115~125cm 130…125~135cm 140…135~145cm ※上記は目安となります。 (各学年の目安の服のサイズ) 小学校1年生(6歳・7歳) :サイズ110・120 小学校2年生(7歳・8歳) :サイズ120・130 小学校3年生(8歳・9歳) :サイズ130・140 小学校4年生(9歳・10歳) :サイズ130・140 小学校5年生(10歳・11歳):サイズ140・150 小学校6年生(11歳・12歳):サイズ150・160 サイズ選びは基本的に身長が基準となります。 よって、年齢や学年よりもお子様の身長を基準にお洋服を選んであげてください。 また、身長とあわせて胸囲によってもサイズは前後してきますので、そのあたりもあわせて選ぶようにしてください。 ■国内ブランドと海外ブランドの表記の違いには要注意! 最近は、子供服も海外ブランドがたくさん入ってきていますよね。 国内のものとはまた違ったテイストでお子様に買ってあげたくなることかと思います。 そんな時に要注意なのが、サイズ表記の違い。 日本と海外ブランドの表記は異なりますので、注意して確認する必要があります。 アメリカのブランドの場合、サイズ表記が「5・6」といった表記と「XS・S」という2通りの表記がある場合があります。 不明な点は、店員さんに聞くなどしてはっきり確認してから購入することがよいといえるでしょう。 お子様のお洋服探しの際、上記を目安にしていただければと思います。 ぜひお子様にぴったりなお洋服をみつけてあげてくださいね。...

小学生の男の子の服はどこで買う?

小学生の洋服選びはお母さんにとっては、なかなか大変なお仕事です。 デザインはもちろん、遊び盛りの男の子は、動きやすさや着心地も大切です。 小学生の男の子の洋服はどこで買うのがいいのでしょうか。 ここでは、小学生の洋服を買うのにおすすめな方法を、3つほどご紹介させていただきます。 ■実際に見て買える店舗 "洋服を買う"方法として、一番最初に思いつくのは、実際の店舗で買う方法ですよね。 実際に色合いを見て確かめることもできますし、試着もできますので、買ってみてサイズやイメージが違ったなどと返品する手間も省けます。 下記は小学生のお子様がいる親御さんがよく買い物にいくお店の一例です。 ・GAP・・・アメリカ発のブランドで、 リーズナブルでカラフルなカジュアルスタイルが人気です。 ・H&M・・・スウェーデン発のブランドで、有名デザイナーとのコラボレーション企画なども積極的におこなっています。 ・ユニクロ・・・大人から子供まで誰もがしっているといってもいい、日本発のファストファッションブランドです。 ■オンラインネットショップで買う ネットでお買い物をするのもここ数年で当たり前になりました。 オンラインショップは、実際にお店にまで出掛ける必要がないので、忙しいお母さんたちの強い味方です。 また、24時間買い物ができますので、思い立ったタイミングで買い物できるのも嬉しいですよね。 子供服専門のオンラインショップ コドモランド:ブランド子供服のオンラインセレクトショップ https://kodomoland.jp/ 下記のようなブランドのお洋服が買えます。 「ジェネレーター(GENERATOR)」・・・大人がうらやむ子供服をコンセプトとした、細身のシルエットが素敵な子供服ブランドです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=24 「スムージー(Smoothy)」・・・パパが考える子供をコンセプトとした、トラッド・ワーク・ミリタリーをベースとしたお洋服が多いブランドです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=32 「コンベックス(CONVEX)」・・・オリジナルキャラクター「ミュータン」をはじめ、さまざまなコラボアイテムが人気のブランドです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=19 ■フリーマーケット お時間があるなら、フリーマーケットでのお買い物もおすすめです。 実際に実物を見て選ぶことができるので、サイズを間違って買ってしまうこともありません。 もちろん中古品になるので、定価より安く手に入れることができます。 直接値段交渉できるのも、フリーマーケットならではのだいご味ですよね。 上手くいけば、破格の値段で手に入れられるかもしれません! フリーマーケットの開催場所は、公園や、ショッピングモールの駐車場、道の駅や競馬場の駐車場などさまざまです。 フリマアプリもありますので、興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。 以上、小学生の男の子の洋服を買うのにおすすめな3つの場所をご紹介させていただきました。 いろいろと試していただきながら、ライフスタイルに合った方法をみつけてくださいね。 ...

子供服の年齢ごとのサイズ目安について

子供の洋服選びで最初に悩むのが、やはりサイズ選びですよね。 子供服のサイズは大人の服と表記が違うため、「どのサイズを選ぶのがよいのかわからない」という親御さんも多いのではないでしょうか。 ここでは、そんな親御さんのために、子供服の年齢ごとのサイズ目安についてご案内させていただきます。 ■サイズ表記に該当する年齢、身長の目安 サイズ…年齢目安…目安の身長 (新生児~4歳ぐらいまで) 50…新生児…50㎝ 60…3ヶ月前後…60㎝ 70…6ヶ月前後…70㎝ 80…1歳~1歳半…80㎝ 90…2歳前後…90㎝ 95…3歳前後…95㎝ 100…4歳前後…100㎝ (4歳~小学生) 100…4歳前後…95~105㎝ 110…5~6歳…105~115cm 120…7~8歳…115~125cm 130…9~10歳…125~135cm 140…11~12歳135~145cm ※上記は目安となります。 基本は身長が基準とはなりますが、胸囲によってもサイズは前後してきます。 体型にあったものを選ぶようにしてください。 ■子供服を選ぶ際の注意点 子供の成長は早いものですよね。 つい最近新しく買ったものが、あっという間に着られなくなってしまったなんてこともよくあるものです。 せっかく洋服を買うのだから、少しでも長く着てほしいというのは親御さん共通のおもいでしょう。 しかしあまりに大きすぎる服を選んでしまうと、どこかに引っ掛けてしまったり、裾を踏んづけてしまったりと思わぬ事故につながる可能性もあります。 可能な範囲でお子様の体のサイズに合ったものを用意してあげたいものです。 また、子供服のサイズはメーカーによっても違いがあります。 上記のサイズ表記はあくまで目安として参考にしていただき、実際に試着をしてからの購入をおすすめします。 ネットなどで購入する際は、メーカーの説明と併せて、口コミ等を参考にするのもよいかと思います。 そのお洋服が大き目に作られたものなのか、細身のものなのか、実際に体験をもとにした口コミでしたら信頼性も高いかと思います。 また、輸入ブランドなどの場合は、そもそもサイズ表記が異なることがありますので、その点も気を付けながら購入することがおすすめといえるでしょう。 以上、子供服の年齢ごとのサイズ目安と、子供服を選ぶ際の簡単な注意点をご案内させていただきました。 大きさは、メーカーや洋服の作りによっても前後してきます。 上記を参考に、実際にお子様に合わせながら、丁度よいサイズを見つけてあげてくださいね。 ...

小学生の女の子の服はどこで買う?

お子様の服選びは、親御さん自身の洋服選びよりもなにかと悩むことが多いですよね。 特に女の子は、小学生になると自身の好みや流行りなどにも敏感になったりと お母さんが用意した服を「イヤ!」なんて言うことも。 どうせならかわいい洋服を買ってあげたいけれど、いったいどこで買えばいいのか悩まれているお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。 忙しいお母さんにとっては、子供の洋服選びに費やせる時間も限られていますよね。 そんな悩めるお母さんに、小学生の洋服が買えるお店をいくつかご紹介させていただきます。...

小学校低学年の服の選びのポイントとは

■夏・冬におすすめの肌着の生地は? おすすめの肌着は、綿100%が良いといえるでしょう。 市販の肌着のほとんどが綿のものかと思いますが、なぜ綿が良いかというと、綿は汗や汚れを吸収してくれるのです。 そのため、肌を清潔な状態に保つ効果があります。 肌着はお子様の肌に直接触れるもの。 優しい素材のものを選んであげたいものです。...

小学生の洋服は何枚くらい必要か

子供が小学校に入学するにあたり、お母さん達を悩ませる一つが子供の洋服についてではないでしょうか。 それまで幼稚園には制服で通っていた子も、小学校からは私服登校というケースが多いかと思います。 私服となると、何をどのくらい用意しておけばいいのか、悩んでしまうお母さんお父さんも多いかと思います。 実際にどのくらいの数用意しておけばいいのか。 ここでは簡単な目安をご案内させていただきます。 ...