冬の小学生(子供)の服装について

冬の小学生(子供)の服装について

小学生にもなると女の子はおしゃれに目覚めて、親が選んだ洋服やアイテムを身に付けないことも増えてきますよね。 冬は気温も低くて風邪をひきやすい季節ですから、親としては温かい服装をしてほしいのですが、子どもはおしゃれ優先で親のいうことを素直に聞き入れないのです。 小学生の女の子にとっておすすめの冬のファッションや注意点について紹介していきます。 冬はイベント目白押しの季節 最近の女の子はイベントの過ごし方も大人顔負けだったりします。 冬はクリスマスやお正月といったイベントの多い時期でもあり、友達同士や習い事の仲間や先生たちとパーティーをするなど外に出かける機会も増えてくる時期です。 お友達がかわいい、おしゃれな洋服やアイテムを身に着けていると自分も欲しくなりますし、クリスマスや正月時期はこのお店もセールを実施しており、買い物に出かける機会も増えるためますますかわいい服やアイテムが欲しくなってしまうのです。 冬に挑戦したい小学生向けおすすめファッション 親としてはおしゃれやトレンド感を取り入れつつも、快適性や温かさも兼ね備えたおしゃれをさせたいですよね。 首元が大きく開いているセーターやニットや足を露出させるようなアイテムは体を冷やすことにつながりますので、できるだけ避けてほしいと考えるでしょう。 体の冷えを防ぐためにも小物を上手く活用したコーデをすすめてみましょう。 たとえばニット帽、マフラー、ブーツなどの小物は保温性にも優れており、着脱も簡単で温度の調節が楽にできますのでおすすめです。 冬のファッションの注意点 冬は外が寒く家やお店の中は温かい寒暖差の問題が出てきます。 寒暖差が大きくなると体調を崩しやすくなりますので、気温差を調整できるようにしておくといいでしょう。 冬は寒いからといって厚手のセーターや保温性の高い下着など重ね着をさせがちですが、そのような格好では暖房のきいている室内では暑すぎます。 コートを厚手にして中に着る物を薄着にする、マフラーや腹巻き、カイロなどすぐに着脱できるようなアイテムで防寒対策をとっておくと、温度のコントロールがやりやすくなります。 ...

【小学生向け】可愛いバッグが買えるブランド5選

【小学生向け】可愛いバッグが買えるブランド5選

小学生になると、自分なりのおしゃれに目覚める年ごろですよね。 特に女の子は、大人がびっくりするほど流行に敏感だったりします。 そんなおしゃれにこだわる小学生は、バッグや靴などの小物にもこだわるものです。 今回は、そんなおしゃれ女子小学生に人気の、可愛いバッグが買えるブランドを5つ、ご紹介させていただきます。 ■RONI(ロニィ) ちょっと贅沢でスウィートな女の子服の代表的ブランドであるRONI(ロニィ)。 自分をより素敵に演出したい!そんな今時女子に人気のブランドです。 RONIは全国に直営店舗があり、それ以外にも取り扱い店舗が全国にも多数あり、多くの雑誌でも取り上げられています。 ハートやフリルがポイントのバッグは、普段使いにはもちろん、特別な日にもぴったりなアイテムです。 ★RONI(ロニィ)のバッグはこちらから買えます! https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=1) ■バナナチップス 大人テイストのラインナップが魅力のバナナチップスは、「日常の贅沢」がコンセプトのキッズからジュニア世代の女の子向けのブランドです。 素材やシルエット、ディテールにこだわった大人テイストのバナナチップスでは、バッグ一つでも主役になれちゃう、そんなアイテムが手に入ります。 カジュアルスタイルよりもガーリーファッションが好きな女の子におススメです。 ★バナナチップスのバッグはこちらから買えます! https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=2 ■ANAP トレンドアイテムはもちろん、定番ベーシックアイテムから個性的なアイテムまで、幅広いアイテムがそろうANAPは、子供服から大人向けのシリーズまで幅広く展開されています。 カジュアルな普段使いを楽しめるバッグが豊富にそろっています。 ■PINK latte ウェアからコスメ、ステーショナリーまで、今に敏感なティーンズのためのセレクトショップであるPINK latteでは、カジュアルスタイルからガーリースタイルまで、幅広いファッションにぴったりのバッグを探すことが出来ます。 ■Ocean&Ground(オーシャン&グラウンド) 日々のライフスタイルに寄り添う、そんな優しいイメージのブランドであるオーシャン&グラウンドは、Tシャツやアウターはもちろん、ソックス、帽子、バッグなどの小物類の取り扱いも充実しています。 普段使いにぴったりな、飽きのこないカジュアルスタイルが特徴です。 以上、女子小学生にぴったりな、可愛いバッグが買えるブランド5選でした。 普段使いから、ちょっと特別な日まで、用途に合わせたぴったりなバッグを見つけてくださいね。 ...

小学生の女の子の服のサイズの目安について

小学生の成長はとても早くてびっくりするほど。 つい最近までぴったりだった洋服が、いつの間にか窮屈そうになっているなどよくあることですよね。 親御さんとして、お子様の洋服選びは一仕事。 デザインはもちろんですが、サイズ選びも重要です。 ここでは、小学生の女の子の服を選ぶ際の目安についてご紹介させていただきます。 ■小学生の洋服選びの際、気を付けるべきこととは? 小学生の成長はとても早いもの。 せっかく買うのだから、少しでも長い時間着てほしいものですが、あまり大きなサイズではみっともないし、思わぬケガにつながってしまったりすることも。 出来る範囲でお子様の体のサイズに合ったものを用意してあげたいものです。 また、子供服のサイズは、メーカーによって多少違いがあるものです。 細身の作りが多いブランドや、ゆったりした作りが多いものなど、様々な特色があります。 そのため、サイズ表記を確認しただけで購入してしまうと、実際は「小さすぎた」「ダボダボだった」などとなることも少なくありません。 実物が確認できる場合は試着をしてから購入する、ネットなどで購入する際は、口コミ等を参考にするなど注意が必要です。 輸入ブランドなどの場合は、サイズ表記がそもそも日本と異なることがほとんどです。 その点も気を付けながら購入するようにしてください。 ■サイズ表記の目安は? サイズ…目安の身長 110…105~115cm 120…115~125cm 130…125~135cm 140…135~145cm ※上記は目安となります。 (各学年の目安の服のサイズ) 小学校1年生(6歳・7歳) :サイズ110・120 小学校2年生(7歳・8歳) :サイズ120・130 小学校3年生(8歳・9歳) :サイズ130・140 小学校4年生(9歳・10歳) :サイズ130・140 小学校5年生(10歳・11歳):サイズ140・150 小学校6年生(11歳・12歳):サイズ150・160 サイズ選びは基本的に身長が基準となります。 よって、年齢や学年よりもお子様の身長を基準にお洋服を選んであげてください。 また、身長とあわせて胸囲によってもサイズは前後してきますので、そのあたりもあわせて選ぶようにしてください。 ■国内ブランドと海外ブランドの表記の違いには要注意! 最近は、子供服も海外ブランドがたくさん入ってきていますよね。 国内のものとはまた違ったテイストでお子様に買ってあげたくなることかと思います。 そんな時に要注意なのが、サイズ表記の違い。 日本と海外ブランドの表記は異なりますので、注意して確認する必要があります。 アメリカのブランドの場合、サイズ表記が「5・6」といった表記と「XS・S」という2通りの表記がある場合があります。 不明な点は、店員さんに聞くなどしてはっきり確認してから購入することがよいといえるでしょう。 お子様のお洋服探しの際、上記を目安にしていただければと思います。 ぜひお子様にぴったりなお洋服をみつけてあげてくださいね。...

小学生の女の子(JS)に人気の(服)ファッションブランド6選

JKが女子高生と呼ばれていると理解できるようになったと思ったら、最近は小学生の女の子をJSなんて呼ぶ時代。 時代の流れはほんとに速いものです。 さて、そのJS(女子小学生)ですが、小学生にもなると女の子は自分の好みがでてきたり、まわりの流行を敏感に感じたりと、女の子としてファッションへの意識が強くなってきますよね。 そんな女の子の親御さんとしては、今どんな服装が人気があるのか、どのブランドが流行っているのかは知っておきたい情報かと思います。 ここでは、そんな小学生の女の子をお持ちの親御さん達のために、女子小学生に人気のファッションブランド6選をご紹介します。 ■roni(ロニィ) ラグジュアリーでスウィートなブランド。 ここのお洋服を着れば、モデルのような女の子になれるかも!? 多くの雑誌でも取り上げられている、女子小学生に人気のファッションブランドです。 全国に直営店舗があり、北は北海道、南は福岡まであり、取扱店舗は全国多数あります。 https://kodomoland.jp/roni/ ■バナナチップス 「日常の贅沢」がコンセプトの、ちょっと背伸びをしたい女の子向けのブランドです。 素材やシルエット、ディティールにもこだわった、大人テイストのお洋服がたくさん! 大人が着てもおかしくないようなちょっとゴージャスなデザインがおすすめです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=2 ■SweetRoom1ST.(スイートルーム) 大阪の阪急うめだ店が本店である「SweetRoom1ST.」。 ちょっぴり背伸びをしたい女の子にぴったりなアイテムがそろいます。 洋服だけでなく、お店の雰囲気も素敵なブランドです。 ヨーロッパのクラシックホテルのスイートルームをイメージしたお店では、大人もわくわくしちゃいそう。 東京には代官山に店舗があります。 https://kodomoland.jp/shop/user_data/sweetroom.php?maker_id=4 ■butterfly(バタフライ) ママタレントとして有名な乙葉さんがプロデュースしているキッズブランドです。 遊び心のあるsweetなガーリッシュスタイルを提案しています。 普段着としてはもちろん、ジャケットやワンピースなどのお出かけスタイルが中でも大人気! 身長100センチから140センチのサイズ展開があります。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=3 ■Lovetoxic(ラブトキシック) 元気な女の子のブランドといえばこれ! アメカジやロック、ガーリッシュなどのトレンドをミックスして着こなすスタイルです。 カジュアルでありながらも、スパイスのきいたお洋服が多いといえるでしょう。 ■レピピアルマリオ(repipi armario) レピピアルマリオはトレンドを反映したアイテムと、ベーシックなアイテムをミックスさせ、使いやすいスタイルを提案しているファッションブランドです。 北海道から九州まで幅広く展開しています。 以上、女子小学生に人気のブランド6つを簡単にご紹介させていただきました。 お子様の好みにあったぴったりのブランドをぜひ探してあげてくださいね。...