冬の小学生(子供)の服装について

冬の小学生(子供)の服装について

小学生にもなると女の子はおしゃれに目覚めて、親が選んだ洋服やアイテムを身に付けないことも増えてきますよね。 冬は気温も低くて風邪をひきやすい季節ですから、親としては温かい服装をしてほしいのですが、子どもはおしゃれ優先で親のいうことを素直に聞き入れないのです。 小学生の女の子にとっておすすめの冬のファッションや注意点について紹介していきます。 冬はイベント目白押しの季節 最近の女の子はイベントの過ごし方も大人顔負けだったりします。 冬はクリスマスやお正月といったイベントの多い時期でもあり、友達同士や習い事の仲間や先生たちとパーティーをするなど外に出かける機会も増えてくる時期です。 お友達がかわいい、おしゃれな洋服やアイテムを身に着けていると自分も欲しくなりますし、クリスマスや正月時期はこのお店もセールを実施しており、買い物に出かける機会も増えるためますますかわいい服やアイテムが欲しくなってしまうのです。 冬に挑戦したい小学生向けおすすめファッション 親としてはおしゃれやトレンド感を取り入れつつも、快適性や温かさも兼ね備えたおしゃれをさせたいですよね。 首元が大きく開いているセーターやニットや足を露出させるようなアイテムは体を冷やすことにつながりますので、できるだけ避けてほしいと考えるでしょう。 体の冷えを防ぐためにも小物を上手く活用したコーデをすすめてみましょう。 たとえばニット帽、マフラー、ブーツなどの小物は保温性にも優れており、着脱も簡単で温度の調節が楽にできますのでおすすめです。 冬のファッションの注意点 冬は外が寒く家やお店の中は温かい寒暖差の問題が出てきます。 寒暖差が大きくなると体調を崩しやすくなりますので、気温差を調整できるようにしておくといいでしょう。 冬は寒いからといって厚手のセーターや保温性の高い下着など重ね着をさせがちですが、そのような格好では暖房のきいている室内では暑すぎます。 コートを厚手にして中に着る物を薄着にする、マフラーや腹巻き、カイロなどすぐに着脱できるようなアイテムで防寒対策をとっておくと、温度のコントロールがやりやすくなります。 ...

ダウンベストを子供に着せる時期の目安

ダウンベストを子供に着せる時期の目安

秋になり、肌寒くなってくると、お子様の体調管理が大切になってきますね。 自分の仕事や家事をこなしていくためにも、お子様には元気でいてもらいたいと思いますよね。 寒さでお子様が風邪をひいてしまわないように、体温調節も兼ねて、洋服選びはとても大切です。 今回は、お子様が気軽に着やすく、体温調整しやすい人気のダウンベストを子供に着せる時期の目安に焦点を当ててまとめてみました。 ダウンベストを子供に着せる時期はいつぐらいがベスト? ダウンベストを子供にいつ頃から着せたら良いか、困ってしまうことがありますが、肌寒く感じる10月頃から着用すると良いでしょう。 10月に入ると昼は動くと暑くなりますが、朝、夕になると涼しく、下旬の頃には肌寒く感じることもあります。 子供は大人よりも寒さを感じにくいですが、子供が「寒い」と言ったらダウンベストを着用させましょう。 10月下旬頃、気温が15度くらいになってくると、一枚羽織りたくなる目安になっています。 子供がダウンベストを着るメリットは? 子供がダウンベストを着るメリットは、胴回りだけを防寒でき、袖がないので袖口の汚れを気にしないで気軽に着られます。子供もモコモコとした腕周りがあることで、着るのを嫌がる子には、動きやすくおすすめです。 ダウンベストは袖周りがないため、寒さが厳しくなる時期は、もう一枚上に軽いアウターを重ね着することも可能です。 また、ダウンベストで背中と首、胴回りを覆うだけでも、十分身体は暖まります。 子供ダウンベストの選び方は? 子供のダウンベストはカラフルな色がそろっていて、悩んでしまいますね。 子供らしく、幼稚園児、小学生低学年のうちに着やすい元気で明るめのカラーは子供らしくて可愛いですね。 明るいカラーを着ていると、お子様がどこにいるのかということも把握しやすく、動き回って困る場合はおすすめです。 小学校中、高学年になると自分の好みがでてくるので、親がすすめても嫌がる場合もあります。 一番は、お子様自身に好きなものを選ばせてあげると良いでしょう。子供の好きな色、胴回りの感触の有無など自分で選んだことで大切に、着る回数も多くなるでしょう。 少し費用を押さえたいときは中綿ジャケットも検討 暖かさはダウンには劣りますが、中綿ジャケットもおすすめです。 時期によっては昨シーズン買ったものも着られなくなるほど子供の成長は早いものです。 そのときに、ダウンよりも安価ながら、デザインはダウンジャケットと同程度揃っている中綿ジャケットも見逃せません。...

子供の可愛いニット帽のかぶり方

子どもの可愛いニット帽のかぶり方

ニット帽はコーデのスパイスになる優秀なアイテムです。 せっかくなら可愛くかぶりたいものです。 子どもの可愛いニット帽のかぶり方について髪型別にご紹介します。 ショートヘア ヘアアレンジのバリエーションが少ないショートヘアの子はぜひニット帽をコーデに取り入れて。 色や形にバリエーションがあるニット帽を上手に使うがらりと雰囲気が変わります。  ニット帽は前髪・耳・かぶる深さがポイントです。 ショートヘアの場合、「深くかぶる・前髪を出さない・耳を出す」とかなりボーイッシュな雰囲気になります。 可愛く見せるには浅めにかぶったりちょこんと乗せたりするような感じで髪を見せるのがおすすめです。 前髪を出さない場合は「浅めにかぶる・耳を隠す」とよいでしょう。 前髪を出す場合は出し方や分け方でかなり印象が変わります。 分け目を変わたり横に流したりしてもいいですね。 実際にニット帽をかぶり前髪のバランスを見えながら耳を出すかどうか決めると可愛くできます。 ボブ ボブの子はニット帽を浅くかぶったりちょこんと乗せるようにかぶったりするのがおすすめです。 ボブヘアも耳を出すかどうか、前髪の出し方や分け方で雰囲気が変わります。 前髪を出さない時は耳を隠して髪のボリュームを全面に見せると可愛くかぶることができます。 ボブヘアでニット帽を深くかぶる場合は髪の先端がはねてしまいがちです。 前髪を隠すように少し後ろに深めにかぶり、髪をはねさせると可愛くできます。 ボブヘアではニット帽とマッチしたヘアアレンジをするのもおすすめです。 髪を2つに分けて下の方で簡単なお団子をするだけでも印象が変わります。 セミロング・ロング ニット帽を深くかぶっても浅めにかぶっても可愛くかぶれるのがロング・セミロングです。 「ニット帽を深くかぶる・浅めにかぶる」「前髪を出す・隠す」「耳を全部出す・サイドに髪を流して半分耳を出す・耳を出さない」のどの組み合わせでも可愛くできます。 その日のコーデに合わせてかぶり方をアレンジしましょう。 前髪の出し方や分け方は印象が変わるのでとても大事です。 前髪の分け方を変わたり流してみたり一番可愛く見えるところを探しましょう。 セミロングやロングではヘアアレンジを変わると同じニット帽でも印象が変わります。 ゆるい三つ編みにしたり、2つ分けにしたり、ざっくりとした一つ結びでも可愛いですね。 ニット帽はヘアスタイルを問わず使えるコーデアイテムです。 かぶり方を少し工夫するだけでコーデがさらに可愛くなるのでぜひ取り入れてみてください。 ...

色で選ぶ!自分に合った女の子用コートの選び方

“色”で選ぶ!自分にあった女の子用コートの選び方

秋から冬にかけて必ず1着は準備したいコート。 小学生の女の子は成長が早く、1~2年でコートが着られなくなり買い換えが必要の機会が多くなります。 高学年になると、自分の好みが決まってくるので選ぶ際、迷うということは少ないようですが、やはり普段からお子様を知っている親のアドバイスは大切ですね。 実は、第一印象は3~5秒程度で決まり、その要素として色は影響力が高いと言われています。 たくさん洋服を持っているおしゃれ女の子向け、着回しが効くのは何色のコート? コーディネートを楽しむ、おしゃれな女の子はたくさん洋服を持っています。 そのため、着回しが効く色としてベーシックカラーのベージュ、紺、グレーが人気です。 ベージュは女の子らしく、優しく、温かい雰囲気が出ます。 紺は清楚で、賢く、しっかりしている印象を与えます。 グレーは大人っぽい雰囲気が出るので、濃い目のグレーより、白に近いグレーを選ぶとより純粋な感じを与え、女の子向けでしょう。 元気をアピールしたいアクティブな女の子にはどんな色のコートがいい? 小学生の頃に挑戦しやすい元気をアピールしたいアクティブな女の子には、黄色、オレンジ、赤が良いでしょう。 黄、オレンジ色は明るく、元気で活発な印象を与えます。ビタミンカラーとも言われています。 赤は情熱的でエネルギッシュな感じを与えます。一部に赤が入っても印象が残りますね。 大人になると着る機会が少なくなるので、小学生のうちに挑戦し、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか? 可愛いイメージを大事にしたい女の子にはどんな色のコートがいい? 可愛いイメージを大事にしたい女の子には、ピンク、白が良いでしょう。 ピンクは可愛い、素直、優しい雰囲気を作り、一番女の子らしい色です。 白は、純粋で清楚な印象を与え、少女らしい可愛い雰囲気が出ます。 ピンクや白のコートに花柄模様が入っていると、より可愛らしさが増すでしょう。 ...

【小学生】夏はどんなファッション(服装)がおすすめ?

【小学生】夏はどんなファッション(服装)がおすすめ?

小学生のお子さんがいる親御さんにとって、子供の洋服選びは自分の洋服選びよりも気を使うものです。 できればお子様にとってより良いものを選んであげたいと思うのが親心ですよね。 今回は、小学生の夏の服装に的をしぼって、どんな服装が良いのか、注意すべき点とともにご紹介させていただきます。 ■小学生の夏はどんな時期? 小学生の夏といえば、プールの季節ともいえるでしょう。 プールに入るためには、水着に着替えなくてはなりません。 水着に着替える際、また水着から私服に着替える際は、いろいろと手間取ることもあると思います。 普段の体育の授業の際にもいえることですが、小学校低学年の子の場合、ボタンが多い洋服や脱ぎにくい洋服は、着替えに手間取ってしまうことがあります。 そのため、やはり脱ぎ着しやすい服装であることが良いと思います。 親御さんとして、ボタンが少ない洋服や、伸縮性のある洋服を選んであげると良いといえるでしょう。 ■小学生の夏におすすめなファッション(服装)はどんなもの? 小学生は、大人と比べても活動量が多く、体育の授業以外、ほとんどの時間を私服で過ごします。 昼休みや放課後の時間も私服で外を走り回ったりしますので、やはり動きやすい服装であることが大前提となるでしょう。 また、体育の授業で体操服に着替えたり、プールの授業で水着に着替えたりと、着替えることを考えると、上下が分かれているお洋服ですと着替えもスムーズに行えるかと思います。 動きやすい服装であること、脱ぎ着しやすい服装であること、この2つの他に忘れてはならないのが、汚れても大丈夫な服であることです。 子供はとにかく動きまわり、汗をかきます。 走り回って洋服を汚すことも、食べ物で汚すこともあるでしょう。 習字や図工の授業で墨をつけてしまったり、絵の具で汚してしまったりすることもあると思います。 そんな時、洗濯機で洗えないようなお洋服では大変ですよね。 汚しても気にしなくてすむ、洗える素材であることはとても重要です。 また、汚れが目立たない色のお洋服を用意するのもおすすめです。 ■注意すべき点は? 夏は他の季節に比べて汗をよくかきます。 汗をかいた体をそのままにしておくと体が冷えてしまいます。 できれば着替えがあるといいですよね。 また、場所によっては冷房が強めにきいているところもありますので、上着をもたせてあげると良いでしょう。 女の子の場合、肌の露出も気になるものです。 暑いからといって、あまりにも肌を露出する服装はおすすめできません。 下着を着用したり、丈が短すぎるものを避けたりと、親御さんが気をつけてあげてください。 以上、小学生の夏の服装についてご紹介させていただきました。 これから迎える夏の季節を快適に過ごせるよう、少しでも参考になれば幸いです。 ...

小学生】秋はどんなファッション(服装)がおすすめ?

【小学生】秋はどんなファッション(服装)がおすすめ?

少し肌寒くなってくる秋は、服装選びも悩みますよね。 温度調節が難しい季節は、特にお子様の服選びも難しいものです。 今回は、そんな秋にどんな服装をすべきなのか、小学生のお子様をお持ちの親御さん向けにご紹介させていただこうと思います。 ■小学生の秋はどんな時期? 徐々に肌寒い日が増えてくる秋は、衣替えの季節でもあります。 学校などでは10月1日に冬服に移行することが多いようですが、多くの小学生は私服通学である場合が多いため、明確な切り替え時期はありませんが、9月になると衣替えを意識するご家庭が多いようです。 また、秋といえば遠足や運動会など、学校の行事が多い季節でもあります。 それぞれの行事に適した服装で参加させてあげたいものです。 ■小学生の秋にすすめなファッション(服装)はどんなもの? 秋になれば、やはり上着が必要になってきます。 昼間は半袖でも平気な日も多いでしょうが、登下校時や、少し気温が低い日にはやはり余計に1枚羽織るものがあるといいでしょう。 活発に動きまわることの多い小学生には、ジャケットなどのカッチリとした上着よりも、ジャンパーやカーディガン、セーターなどがおすすめです。 低学年の場合は、セーターなどの被りものよりも、簡単に羽織れるカーディガンやジャンパーなどがいいかもしれません。 また、前面がボタンのものよりも、ファスナーのものの方が簡単に脱ぎ着できていいでしょう。 そして、やはり洗えるものであることも重要です。 夏と違ってあまり汗をかかないかというと、そうでもありません。 子供は大人と比べて体温も高く、よく動くため、大量に汗をかきますので、秋物でも洗える洋服を選びましょう。 ■注意すべき点は? 秋は、昼と夜の気温差が大きい日が多く、大人でも服装に悩んでしまいますよね。 子供の場合、夢中で走り回った後に、すっかり汗が引いてしまって風邪をひいてしまうなんてことも少なくありません。 そうならないためにも、薄い羽織るものを一枚持たせてあげるようにしましょう。 あまりかさばるものや、重い上着だと子供の負担にもなってしまうため、軽めのものがいいでしょう。 以上、小学生の秋の服装について、ご紹介させていただきました。 秋と一言にいっても、日によって気温は様々です。 その日の気温に合わせて、お子様と相談しながら適した服装を考えてあげるようにしましょう。 ...