ダウンベストを子供に着せる時期の目安

ダウンベストを子供に着せる時期の目安

秋になり、肌寒くなってくると、お子様の体調管理が大切になってきますね。 自分の仕事や家事をこなしていくためにも、お子様には元気でいてもらいたいと思いますよね。 寒さでお子様が風邪をひいてしまわないように、体温調節も兼ねて、洋服選びはとても大切です。 今回は、お子様が気軽に着やすく、体温調整しやすい人気のダウンベストを子供に着せる時期の目安に焦点を当ててまとめてみました。 ダウンベストを子供に着せる時期はいつぐらいがベスト? ダウンベストを子供にいつ頃から着せたら良いか、困ってしまうことがありますが、肌寒く感じる10月頃から着用すると良いでしょう。 10月に入ると昼は動くと暑くなりますが、朝、夕になると涼しく、下旬の頃には肌寒く感じることもあります。 子供は大人よりも寒さを感じにくいですが、子供が「寒い」と言ったらダウンベストを着用させましょう。 10月下旬頃、気温が15度くらいになってくると、一枚羽織りたくなる目安になっています。 子供がダウンベストを着るメリットは? 子供がダウンベストを着るメリットは、胴回りだけを防寒でき、袖がないので袖口の汚れを気にしないで気軽に着られます。子供もモコモコとした腕周りがあることで、着るのを嫌がる子には、動きやすくおすすめです。 ダウンベストは袖周りがないため、寒さが厳しくなる時期は、もう一枚上に軽いアウターを重ね着することも可能です。 また、ダウンベストで背中と首、胴回りを覆うだけでも、十分身体は暖まります。 子供ダウンベストの選び方は? 子供のダウンベストはカラフルな色がそろっていて、悩んでしまいますね。 子供らしく、幼稚園児、小学生低学年のうちに着やすい元気で明るめのカラーは子供らしくて可愛いですね。 明るいカラーを着ていると、お子様がどこにいるのかということも把握しやすく、動き回って困る場合はおすすめです。 小学校中、高学年になると自分の好みがでてくるので、親がすすめても嫌がる場合もあります。 一番は、お子様自身に好きなものを選ばせてあげると良いでしょう。子供の好きな色、胴回りの感触の有無など自分で選んだことで大切に、着る回数も多くなるでしょう。 少し費用を押さえたいときは中綿ジャケットも検討 暖かさはダウンには劣りますが、中綿ジャケットもおすすめです。 時期によっては昨シーズン買ったものも着られなくなるほど子供の成長は早いものです。 そのときに、ダウンよりも安価ながら、デザインはダウンジャケットと同程度揃っている中綿ジャケットも見逃せません。 ...

子供の可愛いニット帽のかぶり方

子どもの可愛いニット帽のかぶり方

ニット帽はコーデのスパイスになる優秀なアイテムです。 せっかくなら可愛くかぶりたいものです。 子どもの可愛いニット帽のかぶり方について髪型別にご紹介します。 ショートヘア ヘアアレンジのバリエーションが少ないショートヘアの子はぜひニット帽をコーデに取り入れて。 色や形にバリエーションがあるニット帽を上手に使うがらりと雰囲気が変わります。  ニット帽は前髪・耳・かぶる深さがポイントです。 ショートヘアの場合、「深くかぶる・前髪を出さない・耳を出す」とかなりボーイッシュな雰囲気になります。 可愛く見せるには浅めにかぶったりちょこんと乗せたりするような感じで髪を見せるのがおすすめです。 前髪を出さない場合は「浅めにかぶる・耳を隠す」とよいでしょう。 前髪を出す場合は出し方や分け方でかなり印象が変わります。 分け目を変わたり横に流したりしてもいいですね。 実際にニット帽をかぶり前髪のバランスを見えながら耳を出すかどうか決めると可愛くできます。 ボブ ボブの子はニット帽を浅くかぶったりちょこんと乗せるようにかぶったりするのがおすすめです。 ボブヘアも耳を出すかどうか、前髪の出し方や分け方で雰囲気が変わります。 前髪を出さない時は耳を隠して髪のボリュームを全面に見せると可愛くかぶることができます。 ボブヘアでニット帽を深くかぶる場合は髪の先端がはねてしまいがちです。 前髪を隠すように少し後ろに深めにかぶり、髪をはねさせると可愛くできます。 ボブヘアではニット帽とマッチしたヘアアレンジをするのもおすすめです。 髪を2つに分けて下の方で簡単なお団子をするだけでも印象が変わります。 セミロング・ロング ニット帽を深くかぶっても浅めにかぶっても可愛くかぶれるのがロング・セミロングです。 「ニット帽を深くかぶる・浅めにかぶる」「前髪を出す・隠す」「耳を全部出す・サイドに髪を流して半分耳を出す・耳を出さない」のどの組み合わせでも可愛くできます。 その日のコーデに合わせてかぶり方をアレンジしましょう。 前髪の出し方や分け方は印象が変わるのでとても大事です。 前髪の分け方を変わたり流してみたり一番可愛く見えるところを探しましょう。 セミロングやロングではヘアアレンジを変わると同じニット帽でも印象が変わります。 ゆるい三つ編みにしたり、2つ分けにしたり、ざっくりとした一つ結びでも可愛いですね。 ニット帽はヘアスタイルを問わず使えるコーデアイテムです。 かぶり方を少し工夫するだけでコーデがさらに可愛くなるのでぜひ取り入れてみてください。 ...

子供のブーツのサイズの選び方にコツはある?

子供のブーツのサイズの選び方にコツはある?

秋のおしゃれは足元から、ブーツは女の子に人気ですが、選び方にお悩みではありませんか? 幼稚園から小学生の成長期は、足のサイズが 18センチから大人サイズの22~24センチになるので成長が驚くほど早いですね。 お子様の成長に合わせて、快適に履けるブーツを購入したいですね。 今回は、子供のブーツのサイズの選び方のコツについてまとめてみました。 サイズ選びで気をつけたいことは? 子供の女の子のブーツを購入の際にサイズ選びで気をつけたいことは、足の計測をきちんとして、足のサイズより1~1.5センチ程度余裕のあるものを選びましょう。 足は測ってみると、左右大きさが違うことがあります。ですので、計測は慎重に正確にしましょう。 左右の足の大きさが違う場合は、大きい足のサイズに合わせた靴を選びましょう。小さい足は靴に中敷きを敷いて調整すると良いでしょう。 お子様がサイズの合わないブーツを履いていると、つま先に炎症や変形を起こしてしまい、ブーツを履かなくなってしまう場合もあります。 足幅の検討の仕方は? 足幅もブーツを購入する際は重要で、親指の関節の一番出ている部分と、小指の関節の一番出ている部分の2カ所をメジャーで測ります。 足幅も広かったり、狭かったりするブーツがメーカーによって様々ですので、広めか狭めかブーツの裏で確認しましょう。 足幅が靴の幅と合い、足の曲がる位置と合っているかも確認します。曲がる位置が合わないと痛みが生じて違和感が出ます。 ブーツの中がモコモコした素材で覆っているムートンブーツもあります。足幅だけ合わせず、ムートンが当たっても大丈夫か感触を試して、きつく感じたら1サイズ大きめにしても良いでしょう。 ブーツの丈はどう選んだらいい? 低年齢のお子様のブーツは、軽く、脱ぎ履きがしやすく、動きやすいショートブーツが適しています。 ショートブーツを選ぶ時は、くるぶしが靴の入り口に当たっていないか、ぴったり合っているか見ましょう。 高学年のお姉さんには、ファッションに合わせて大人っぽい雰囲気が出る、ロングブーツに興味が出てくるかもしれません。ロングブーツはかっこよく、足長に見えおしゃれの幅が広がりますので、ぜひ希望をかなえてあげたいですね ブーツ履き口を折り返して、丈を調整できるタイプもありますので、秋冬のおしゃれにブーツを取り入れてコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか? ...

RONI 2017-18 A/W COLLECTION

オシャレは先取りが大切♪新しい季節のオシャレは常に目が離せません!! RONI からも、秋冬の新作アイテムが新入荷いたしました。...

RONI サマーバケーションフェアスタート。

トップスやワンピはもちろん、ヘアアクセサリーなどの小物アイテムもオシャレには欠かせないアイテムですよね。RONI では、夏のコーデをワンランクアップしてくれる、キュートな「ハートヘアクリップ」が Get できちゃう、サマーバケーションフェアがスタート♪...