子供用のコートはどうやって洗濯したらいい?

冬に着用したコートは皮脂やホコリなどでかなり汚れていますので、洗濯が必要ですね。 コートを洗濯する時はクリーニングに出すことを考えますが、自宅でも洗うことが可能です。 ただし適切な洗い方、保存方法でコートを扱わないとコートの寿命を縮めてしまうことにつながり 翌年以降着用できなくなりますので、正しい扱い方について知っておきましょう。 品質表示をチェックする まず自宅で洗えるかどうかはコートについているタグの取り扱い表示を見てから判断しなくてはいけません。 女の子がよく着るコートの素材にはダウン素材やウールが多いのですが、洗濯機マークが手洗いマークがついていれば自宅で洗濯することができます。 洗濯に使用する洗剤ですが、普段使用している洗濯洗剤ではなくおしゃれ着洗い用の洗剤を使いましょう。 また水洗い不可のマークがついていた場合は、自宅で洗濯ができませんのでクリーニングしてもらいます。 部分汚れ対策 コートの襟やそで口部分は汚れが目立ちやすい部分ですから、普通に洗濯しただけでは汚れがきれいに落ちないことがほとんどです。 酷い部分汚れに関してはスポンジにおしゃれ着洗い用の洗剤を含ませて叩洗いをします。 この時にこすってしまうと汚れが広がってしまう危険性がありますので、必ず叩いて汚れを浮かすようにしてください。 コートの洗い方 コートを洗う時は洗濯機ではなく手洗いにて洗った方が、痛みやダメージを軽減できます。 子ども用のコートはサイズも小さいですから、大きめの洗面器や洗面台で洗えるものがほとんどでしょう。 サイズが大きなものに関してはお風呂の浴槽を使用すると便利です。 ぬるま湯におしゃれ着洗い用の洗剤を溶かしてコートを入れたら、それを手で押し洗いするように洗っていきます。 その後洗濯機で30秒ほど脱水して、水を換えて押し洗いして脱水という行程を2回繰り返します。 コートにふんわり感を出すために、すすぎの仕上げに柔軟剤を入れて約3分付けておきます。 香りを強く出したいからと言って柔軟剤を入れ過ぎてしまうと却って臭いの原因になりますので規定量を守るのがコツです。 その後1分脱水して陰干しにします。コートが乾いたらクローゼットの中に保管しておきましょう。 ダウン素材は乾いてから仕上げに防水スプレーをかけておくとはっ水機能を保てます。 ...

イメージも決まる!女の子用のコートの種類を押さえよう

秋になって、本格的な寒さの前にお子様のアウターの準備で、何を買おうかとお悩みではありませんか? 女の子用のコートの種類もたくさんあり迷ってしまいますね。 コートを選ぶ時、コートの種類やどんな感じになるか知っておくと選びやすくなります。 今回は女の子用のコートの種類やそのイメージついてまとめてみました。 ダッフルコート ダッフルコートはフードがつき、前を「トグル」と呼ばれる、浮き形の留め具と飾り紐で留める形をしている、元々は海軍で使用されていたコートです。 留め具がおしゃれで、とても人気があります。 最近では丈も様々です。 主にはお尻が隠れるほどのロング丈や、腰辺りまでのショート丈など、身長や好みによっても選ぶことができます。 淡い色のショートのダッフルコートとミニスカートの組み合わせで、甘い感じの女の子らしくなったり、濃い色のロング丈のダッフルコートと細身のパンツを組み合わせて、スポーティな印象に見せたりと、組み合わせによってイメージも様々です。 最近では、学校に着ていくのはもちろん、普段着でも使用できるので、一枚あると大変便利で良いでしょう。 トレンチコート 秋から初冬にかけてはトレンチコートがお勧めです。 トレンチコートと言うと大人が着るイメージもありますが、最近では子供用のトレンチコートも売られています。 ベーシックなベージュの他、紺色のトレンチコートなどは落ち着いた雰囲気を与えますが、腰以降から切り替えて裾がスカートのようにヒラヒラとしているものもあり、それを着ると一転、可愛らしいイメージに変わります。 秋冬に限らず春先まで着られるので、1枚持っていると非常に重宝するでしょう。 ダウン・中綿ジャケット/コート ダウンや中綿のジャケットやコートも定番です。 フードや袖口にファーがついたものを着ると、一気に「女子力が高い!」と言われるような可愛らしいイメージになるので、おしゃれで可愛い女の子でありたい!と考えているお子さんにはぴったりのアイテム。 逆にファーのないシンプルなものは、アウトドアなど外遊びのときに身軽に動けることがメリットです。 短い丈のジャケットとボトムを組み合わせることで、元気な女の子のイメージを与えます。 コートは今や、防寒対策だけではなく、選ぶ種類や色・丈などによって、「どんな女の子でありたいか」を叶えてくれる、おしゃれ女子には必須アイテムとなっています。 ...

“色”で選ぶ!自分にあった女の子用コートの選び方

秋から冬にかけて必ず1着は準備したいコート。 小学生の女の子は成長が早く、1~2年でコートが着られなくなり買い換えが必要の機会が多くなります。 高学年になると、自分の好みが決まってくるので選ぶ際、迷うということは少ないようですが、やはり普段からお子様を知っている親のアドバイスは大切ですね。 実は、第一印象は3~5秒程度で決まり、その要素として色は影響力が高いと言われています。 たくさん洋服を持っているおしゃれ女の子向け、着回しが効くのは何色のコート? コーディネートを楽しむ、おしゃれな女の子はたくさん洋服を持っています。 そのため、着回しが効く色としてベーシックカラーのベージュ、紺、グレーが人気です。 ベージュは女の子らしく、優しく、温かい雰囲気が出ます。 紺は清楚で、賢く、しっかりしている印象を与えます。 グレーは大人っぽい雰囲気が出るので、濃い目のグレーより、白に近いグレーを選ぶとより純粋な感じを与え、女の子向けでしょう。 元気をアピールしたいアクティブな女の子にはどんな色のコートがいい? 小学生の頃に挑戦しやすい元気をアピールしたいアクティブな女の子には、黄色、オレンジ、赤が良いでしょう。 黄、オレンジ色は明るく、元気で活発な印象を与えます。ビタミンカラーとも言われています。 赤は情熱的でエネルギッシュな感じを与えます。一部に赤が入っても印象が残りますね。 大人になると着る機会が少なくなるので、小学生のうちに挑戦し、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか? 可愛いイメージを大事にしたい女の子にはどんな色のコートがいい? 可愛いイメージを大事にしたい女の子には、ピンク、白が良いでしょう。 ピンクは可愛い、素直、優しい雰囲気を作り、一番女の子らしい色です。 白は、純粋で清楚な印象を与え、少女らしい可愛い雰囲気が出ます。 ピンクや白のコートに花柄模様が入っていると、より可愛らしさが増すでしょう。 ...