子供のブーツのサイズの選び方にコツはある?

子供のブーツのサイズの選び方にコツはある?

子供のブーツのサイズの選び方にコツはある?

秋のおしゃれは足元から、ブーツは女の子に人気ですが、選び方にお悩みではありませんか?
幼稚園から小学生の成長期は、足のサイズが 18センチから大人サイズの22~24センチになるので成長が驚くほど早いですね。

お子様の成長に合わせて、快適に履けるブーツを購入したいですね。
今回は、子供のブーツのサイズの選び方のコツについてまとめてみました。

サイズ選びで気をつけたいことは?

子供の女の子のブーツを購入の際にサイズ選びで気をつけたいことは、足の計測をきちんとして、足のサイズより1~1.5センチ程度余裕のあるものを選びましょう。

足は測ってみると、左右大きさが違うことがあります。ですので、計測は慎重に正確にしましょう。

左右の足の大きさが違う場合は、大きい足のサイズに合わせた靴を選びましょう。小さい足は靴に中敷きを敷いて調整すると良いでしょう。

お子様がサイズの合わないブーツを履いていると、つま先に炎症や変形を起こしてしまい、ブーツを履かなくなってしまう場合もあります。

足幅の検討の仕方は?

足幅もブーツを購入する際は重要で、親指の関節の一番出ている部分と、小指の関節の一番出ている部分の2カ所をメジャーで測ります。

足幅も広かったり、狭かったりするブーツがメーカーによって様々ですので、広めか狭めかブーツの裏で確認しましょう。

足幅が靴の幅と合い、足の曲がる位置と合っているかも確認します。曲がる位置が合わないと痛みが生じて違和感が出ます。

ブーツの中がモコモコした素材で覆っているムートンブーツもあります。足幅だけ合わせず、ムートンが当たっても大丈夫か感触を試して、きつく感じたら1サイズ大きめにしても良いでしょう。

ブーツの丈はどう選んだらいい?

低年齢のお子様のブーツは、軽く、脱ぎ履きがしやすく、動きやすいショートブーツが適しています。

ショートブーツを選ぶ時は、くるぶしが靴の入り口に当たっていないか、ぴったり合っているか見ましょう。

高学年のお姉さんには、ファッションに合わせて大人っぽい雰囲気が出る、ロングブーツに興味が出てくるかもしれません。ロングブーツはかっこよく、足長に見えおしゃれの幅が広がりますので、ぜひ希望をかなえてあげたいですね

ブーツ履き口を折り返して、丈を調整できるタイプもありますので、秋冬のおしゃれにブーツを取り入れてコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか?