KODOMO LAND > Column  > サイズ・選び方  > 小学生(子供服)のサイズの選び方について

小学生(子供服)のサイズの選び方について

5_小学生(子供服)のサイズの選び方について

子供服のサイズは大人の服と表記も違い複雑になっています。
そのためどのサイズを買ったらいいのか、悩まれている親御さんも少なくないことでしょう。
ここでは、子供服のサイズの選び方や注意点から、小学生が着るサイズの目安をご案内させていただきます。

小学生(子供服)のサイズの選び方はどうすればいいの?

小学生の成長はとても早いもの。
せっかく買ったものがあっという間に着られなくなってしまうなんてことのないように、大き目なサイズのお洋服を着せたくなりますよね。
しかしあまりに大きすぎる服ですと、どこかに引っ掛けてしまったり、裾を踏んづけてしまったり。
ジャストサイズのお洋服を着るよりも汚してしまったり、思わぬ事故につながってしまったりする可能性があります。
出来る範囲でお子様の体のサイズに合ったものを用意してあげたいものです。

また、子供服のサイズはメーカーによっても違いがあります。
実物が確認できる場合は試着をする、ネットなどで購入する際は、レビュー等のサイズ感を参考にするなど注意が必要です。
輸入ブランドなどの場合は、サイズ表記そもそもが異なることがあります。
その点も気を付けながら購入するようにしてください。

サイズ表記に該当する年齢はどれが何歳くらい?

サイズ…年齢目安
110…5〜6歳
120…7〜8歳
130…9〜10歳
140…11〜12歳
150…13〜14歳
※上記は目安となります。

子供の身長とサイズ表記についての服選びの注意点は?

サイズ…目安の身長
110…105〜115cm
120…115〜125cm
130…125〜135cm
140…135〜145cm
150…145〜155cm
※上記は目安となります。

身長が基準とはなりますが、胸囲によってもサイズは前後してきます。
体型にあったものを選ぶようにしてください。

上記のサイズ表記と年齢・身長は、目安となります。
実際にお子様の体型や、メーカーによっても前後してきます。
お子様の体型の特徴を把握しながら、丁度良いサイズを見つけてあげてくださいね。