KODOMO LAND > Column  > サイズ・選び方  > 小学生男子の服のサイズの目安について

小学生男子の服のサイズの目安について


子供の成長はとても早くてびっくりしますよね。

ついこの間に新しく用意したと思ったら、気づいた時にはすでに小さくなっているなんてことも。

親御さんとして、お子様の洋服選びは大変なお仕事の一つでもあります。

ここでは、小学生の男の子の服を選ぶ際の目安についてご紹介させていただきます。

小学生の洋服選びの際、気を付けるべきこととは?

せっかく洋服を買うのだから、少しでも長い期間着てほしいと考える親御さんも多いことでしょう。

しかし、あまり大きなサイズですと、ぶかぶかでカッコ悪いし、思わぬケガにつながってしまうこともあります。

可能な範囲でお子様のからだのサイズに合ったものを用意してあげたいものです。

また、洋服のサイズはメーカーによって多少の違いがあります。

ブランドによって、細身の作りのものが多いブランドや、ゆったりサイズが多いブランドなど特徴がありますので、実際に着てみて確認することも大切です。

輸入ブランドの場合は、サイズ表記が日本のものと異なる場合がほとんどですので、その点も注意する必要があります。

小学生の男の子は、女の子よりもやはり外で遊ぶことが多いと思います。

からだに合ったサイズであることはもちろん、動きやすく、洗濯可能な洋服を選ぶのも大切です。

いくら見た目が素敵なお洋服でも、洗濯できないとなると、子供服としてはあまりおススメできません。

発表会などの特別な場合を除いては、やはり洗えるものが良いでしょう。

サイズ表記の目安は?

サイズ…目安の身長

110…105~115cm
120…115~125cm
130…125~135cm
140…135~145cm
※上記は目安となります。

(各学年の目安の服のサイズ)

小学校1年生(6歳・7歳) :サイズ110・120
小学校2年生(7歳・8歳) :サイズ120・130
小学校4年生(9歳・10歳) :サイズ130
小学校5年生(10歳・11歳):サイズ130・140
小学校6年生(11歳・12歳):サイズ140~

サイズ選びは基本的に身長が基準となります。

よって、年齢や学年よりもお子様の身長を基準に選んであげてください。

国内ブランドと海外ブランドの表記の違いには要注意

海外ブランドを買う際に注意しなければならないのが、サイズ表記の違いです。

アメリカのブランドの場合、サイズ表記が「5・6」といった表記と「XS・S」という2通りの表記がある場合があります。

不明な点は、店員さんに聞く、実際に試着するなどして確認してから購入することがおすすめといえるでしょう。

以上、小学生の男の子の服のサイズについてご紹介させていただきました。