KODOMO LAND > Column  > サイズ・選び方  > 小学校低学年の服の選びのポイントとは

小学校低学年の服の選びのポイントとは

3_小学校低学年の服の選びのポイントとは

お母さん方を悩ませる子供の服装選び。
特に小学校低学年は成長が早くサイズが変わりやすかったり、お洋服を汚しやすかったりと色々と大変ですよね。
そんな小学校低学年のお子様の服選びはどうすればいいのか。
ここでは、服選びのポイント5つをそれぞれの理由とともにご紹介させていただきます。
お子様の服選びの参考にしていただければと思います。

<服選びの5つのポイント>

■体の大きさに合ったもの

洋服選びで一番重要になるのは、やはりサイズですよね。
私たちも洋服を買う際、サイズの確認は必ずしますよね。
お子様の場合も同じこと。
特に動きまわることの多い小学校低学年のお子様は、大き過ぎると引っ掛けてしまう、転んでしまったりする危険もあります。
子供の体型にあったサイズかどうか、特に注意してみてあげましょう。

■動きやすいもの

子供服選びで重要な2つ目は、動きやすいものかどうか。
親として、見た目がかわいいおしゃれな洋服を着せたい気持ちもよく分かりますが、いくら素敵なお洋服でも動きづらくては子供にはおすすめできません。
活発に動く小学校低学年のお子様は活発に動くことを前提とした動きやすい服装が良いかと思います。

■華美過ぎないもの

小学生は私服での通学が一般的かと思います。
通学の際は、かわいい服やかっこいい服装を着せたいと思うのは分かりますが、華美過ぎないかに注意が必要です。
好みのファッションは、休日などに楽しむのが良いといえるでしょう。

■丈夫で洗えるもの

子供服は汚れてあたりまえなもの。
いくらかわいいお洋服でも、洗濯機で洗えなければ不便でしょうがありません。
選ぶ際は、丈夫で洗えるかどうかの確認をおすすめします。

■露出が少ないもの(女の子の場合)

女の子の場合、露出が少ないかどうかも気にしてあげてほしい点です。
特に小学校低学年の場合、お子様自身は露出について気にしないもの。
親御さんがきちんと注意して選んであげるのも大切です。

以上、お子様の服選びのポイントを簡単にご紹介させていただきました。
お洋服選びの際の参考にしていただければ幸いです。