ダウンベストを子供に着せる時期の目安

ダウンベストを子供に着せる時期の目安

秋になり、肌寒くなってくると、お子様の体調管理が大切になってきますね。
自分の仕事や家事をこなしていくためにも、お子様には元気でいてもらいたいと思いますよね。
寒さでお子様が風邪をひいてしまわないように、体温調節も兼ねて、洋服選びはとても大切です。

今回は、お子様が気軽に着やすく、体温調整しやすい人気のダウンベストを子供に着せる時期の目安に焦点を当ててまとめてみました。

ダウンベストを子供に着せる時期はいつぐらいがベスト?

ダウンベストを子供にいつ頃から着せたら良いか、困ってしまうことがありますが、肌寒く感じる10月頃から着用すると良いでしょう。
10月に入ると昼は動くと暑くなりますが、朝、夕になると涼しく、下旬の頃には肌寒く感じることもあります。

子供は大人よりも寒さを感じにくいですが、子供が「寒い」と言ったらダウンベストを着用させましょう。
10月下旬頃、気温が15度くらいになってくると、一枚羽織りたくなる目安になっています。

子供がダウンベストを着るメリットは?

子供がダウンベストを着るメリットは、胴回りだけを防寒でき、袖がないので袖口の汚れを気にしないで気軽に着られます。子供もモコモコとした腕周りがあることで、着るのを嫌がる子には、動きやすくおすすめです。

ダウンベストは袖周りがないため、寒さが厳しくなる時期は、もう一枚上に軽いアウターを重ね着することも可能です。

また、ダウンベストで背中と首、胴回りを覆うだけでも、十分身体は暖まります。

子供ダウンベストの選び方は?

子供のダウンベストはカラフルな色がそろっていて、悩んでしまいますね。

子供らしく、幼稚園児、小学生低学年のうちに着やすい元気で明るめのカラーは子供らしくて可愛いですね。

明るいカラーを着ていると、お子様がどこにいるのかということも把握しやすく、動き回って困る場合はおすすめです。

小学校中、高学年になると自分の好みがでてくるので、親がすすめても嫌がる場合もあります。

一番は、お子様自身に好きなものを選ばせてあげると良いでしょう。子供の好きな色、胴回りの感触の有無など自分で選んだことで大切に、着る回数も多くなるでしょう。

少し費用を押さえたいときは中綿ジャケットも検討

暖かさはダウンには劣りますが、中綿ジャケットもおすすめです。

時期によっては昨シーズン買ったものも着られなくなるほど子供の成長は早いものです。
そのときに、ダウンよりも安価ながら、デザインはダウンジャケットと同程度揃っている中綿ジャケットも見逃せません。