子供の着丈の測り方について

子供の着丈の測り方について
最近では可愛い子供服を取り扱っているオンラインショップが増えています。
欲しいサイズとデザインのものを子供と一緒に探しに行くのは結構大変なもの。
オンラインショップだと実店舗に足を運ぶ手間がいらないので助かりますね。

ですが試着ができないのでサイズ確認は重要です。
ここではサイズ確認時のポイントになる子供の着丈の測り方についてご紹介します。

着丈とは

着丈は襟の付け根から裾までの長さを指します。
お子さんの着丈を測るときは首の中央にあたる襟の付け根にメジャーを当て、そのまま背骨に沿って腰骨付近までメジャーを降ろします。
購入したいアイテムがトップスの場合は、服の着丈と腰骨の位置で測った長さがジャストサイズだと背中が見えてしまうので注意です。
お子さんの腰骨までの着丈の数値を把握しておくと、通販で服を購入するときサイズがイメージしやすくなりますよ。

子供の服選び【ワンピース】

ワンピースの着丈は襟の付け根からワンピースの裾までの長さを指します。子供服のサイズは身長別でサイズが分けられています。それぞれのサイズは約10cmの身長の幅を持って作られています。たとえば150サイズは145cmから155cmの身長の子が対象になります。ワンピースでは個人の身長や体格によってスカート丈が異なります。サイズ選びには注意が必要です。

身長別ワンピースの着丈目安

体格によって個人差はありますが、着丈を参考にするとワンピースの丈を推測することができます。
ここでは身長別の着丈とワンピース丈の目安をご紹介します。
身長ごとの膝丈のワンピースの着丈目安は以下の通りです。
お子様の体格によって同じ着丈でも長さが変わるので、参考程度にしてくださいね。

  • 120cmの場合:着丈67が目安
  • 130cmの場合:着丈73が目安
  • 140cmの場合:着丈78が目安
  • 150cmの場合:着丈84が目安

せっかく買ったワンピースが短すぎて着られないといったトラブルを避けるためにも、お子様の着丈は実際に測って確認するのがベターです。

子供の着丈を把握しておくとオンラインショッピングでのサイズ選びが楽になります。賢く服選びをするためにも着丈の測り方は押さえておきましょう。