キッズモデルに応募する時の写真撮り方とは

キッズモデルに応募する時の写真撮り方とは

今しかないお子様の子供時代を、キッズモデルの活動を通して形に残したいと考える親御さんもいらっしゃると思います。

キッズモデル募集中のブランドを見つけて、応募資格条件もクリア。

いざ応募写真を用意しようという段階で足踏みされている親御さんもいるでしょう。

写真はどう撮ればいいの?!と実際悩まれている方は少なくありません。

ここでは、そんなお母さんのお悩み、キッズモデルに応募する際の写真の採り方についていくつかポイントをご紹介させていただきます。

■キッズモデルに応募するにはどんな写真が必要なのか?

・全身写真とバストアップ写真が必要

一般的に多いのは、全身写真とバストアップ写真(胸より上)の2枚を用意するものです。

バストアップ写真は、表情がはっきりとわかるものであることが絶対条件です。

どちらも、ぼやけたものや、ブレてしまっているものは選考外となってしまう可能性が高くなります。

はっきりとピントが合った写真を選びましょう。

また、表情を隠してしまう、帽子やサングラスはNGです。

できればお子様の笑顔の写真がいいでしょう。

お子様の笑顔は何より魅力的です。

せっかくのチャンスですので、笑顔の写真でアピールしましょう!

■写真を撮る時の服装は?

写真を撮る際、その服装も気をつけたいところです。

ブランドのモデルに応募する場合、可能ならそのブランドの洋服やアイテムを着用することで、審査する側は、撮影時のイメージがつきやすいといえるでしょう。

ブランドによっては、応募資格に自社のブランドアイテム購入を応募条件としている場合もあります。

また色については、暗くなりすぎず、派手になりすぎないが定番ですが、その子に似合う色を合わせてあげるといいでしょう。

■メイクはした方がいいのか?しない方がいいのか?

キッズモデルの撮影は、メイクをして行うことが一般的ですが、応募時に送付する写真(全身・バストアップ)のどちらかはノーメイクの写真を用意するよう、ブランドから指示がある場合があります。
ほとんどはバストアップの写真をノーメイクでと指示のあるブランドが多いようですが、応募条件を必ず確認するようにしてください。

メイクをする際も、派手すぎず、メイクよりも自然な表情を引き出してあげましょう。

■どんなふうに撮ればいいのか?

応募写真は、被写体が生きるよう、背景はシンプルなものにしましょう。

旅行の際の写真やプリクラなどの写真に加工があるものよりも、応募用に撮影された写真の方がおすすめです。

鮮明であることはもちろん、逆光や赤目にも注意してください。

自然な笑顔が出るよう話しかけながら、撮影してみては如何でしょうか。

以上、応募の際の参考にしていただければと思います。
お子様の魅力を十分にアピールして、チャンスをつかんでくださいね。