KODOMO LAND > Column  > ブランド  > 「BANACHI MODELS」インタビュー:7人の現役モデルたちが語る、BANANA CHIPSの魅力とは

「BANACHI MODELS」インタビュー:7人の現役モデルたちが語る、BANANA CHIPSの魅力とは

「BANACHI MODELS」インタビュー:7人の現役モデルたちが語る、BANANA CHIPSの魅力とは

キッズブランド「BANANA CHIPS」は、2002年からスタートしました。通称『BANACHI(バナチ)』と呼ばれ、オシャレに敏感なキッズたちの支持を集めています。

テレビ、雑誌などのメディアに取り上げられることはもちろん、マンガやゲームなど多彩なジャンルアイテムともコラボを展開。そのワンランク上のデザインと、他を圧倒する豊富なアイテム数で、多くのキッズたちを魅了しています。

今回は「BANACHI MODELS」(バナチモデルズ)に所属する7人の現役トップモデルたちにインタビュー。それぞれ、ブランドアイテムやお仕事の魅力について語ってもらいました。

モデル

左から

永島悠愛ちゃん、和田実優那ちゃん、古川結凪ちゃん、木原彩華ちゃん、立石想菜ちゃん、岩﨑真侑ちゃん、福田結未ちゃん

1.BANACHI MODELSの魅力

「BANANA CHIPS」の最前線で活躍するキッズモデルたち、「BANACHI MODELS」(バナチモデルズ)。カタログの誌面や、KODOMO LANDなどのウェブサイトで活躍しています。さらに、関西コレクション(関コレ)・TGC・ガールズアワードなど、大きなレディースファッションショーへ出演するチャンスも。
動画:DEKØRA 関西コレクション 2017 SPECIAL STAGE

「関コレのステージは特に大きいので、緊張もあります。でも、『楽しもう!みんなでがんばろうー!!』という気持ちになります」(岩﨑真侑)
「初めてのショーでは、せっかく自分で考えたポーズを忘れたりした事もありましたが、何回も出演するうち、しっかり覚えられるようになりました」(和田実優那)

大人のモデルのポーズを真似たり、アレンジしたりするという、研究熱心な彼女たち。服のコーディネートはもちろん、メイクも自分たちでやるそうです。大きな舞台を自らの力で自由に形作れるのも、MODELSになる醍醐味の一つ。また、ステージを見てくれるのは会場にいるお客さんだけではありません。

「本番のときは、Instagram Live(ネット中継)も配信されて、友達などたくさんの人が見て、コメントしてくれます」(永島悠愛)
「今日は表情がすごくよかった、姿勢や歩き方がキレイだったなど、今後につなげられる感想がもらえるので好きです」(木原彩華)

ちなみに、皆さんがMODELSを目指したきっかけは?

「阪神百貨店の子ども服売り場のファッションショーで、BANACHIのスぺシャルステージを見たのがきっかけです。そこに出演されていたMODELSの方々を見て、『こんな大先輩の方々のように服を着たい』と思いました」(木原彩華)
「福岡のキャナルシティで手に入れたBANACHIのカタログに、当時からMODELSだった岩﨑真侑ちゃんがでているのを見て、この子みたいに輝いた人になりたいと思いました。オーディションで合格するため、キレイにお洋服が着られるように体型維持にも気を付けました!」(立石想菜)

みんなの前で、ステキな服を着た自分の姿を披露したい。またそれ以上に、憧れのMODELSがいるとすれば、彼女たちと共にステージに上がることは何にも代えがたい喜びになります。

2.MODELSが伝えるBANANA CHIPSの魅力

「BANANA CHIPS」と他のブランドの違いは?

「オシャレな気持ちになれる」(福田結未)
「高級感」(永島悠愛)
「気持ちが大人っぽくなって、いつもと一回りも二回りも違う自分になれる」(木原彩華)

コンセプトは「日常の贅沢」。素材やシルエットにこだわり、最先端のファッションも取り入れながら、独自のデザインで数々の服を生み出しています。

「肩を出したり、お腹を出したり、セクシーな感じが好き」(古川結凪)
「シースルーやヒョウ柄など、大人の服にしかないような、かっこいい系や、かわいい系、ガーリー系など幅広くあります。ジーンズにもハートの穴が空いているなど、他のキッズブランドにはないようなデザインの服が着られてうれしいです」(立石想菜)

また、「自分の個性や持っている服と合わないのでは?」と不安になった方も、ご安心ください。

「例えば同じデニムのスキニーでも、色の明るさなど種類が選べます。いま私が着ている黒と赤の服にも、白と赤など別のバリエーションがあり、自分の個性に合わせて自由に組み替えられます」(木原彩華)
「セクシー系だけじゃなく、先日の『大きなキッズ』ファッションショー【TTKC】で木原彩華ちゃんが着たドレスなど、お上品なのもあるんですよ」(古川結凪)

ジャンルやカラーバリエーションなどが豊富にそろった服。加えてバッグなどの細かいアイテムも多数のBANACHIには、「無いものは無い」と思わせるほど。自分がブランドに染まるのではなく、ブランドを自分の個性に合わせて着こなせるのが、BANACHIが特別と呼ばれる理由なのです。
もちろん、周囲への影響力もバツグン。

「お父さんにも『その服かわいいね、かっこいいね』と言ってもらえます」(福田結未)
「大阪市内を歩くと、おばちゃんたちから『あの子、ちょっとおしゃれじゃない?』など言ってもらえて、うれしいです」(和田実優那)

BANACHIを着れば、街中もファッションショーの舞台に早変わりしてしまうかも。

3.MODELSになって楽しいこと&できることなど

2014年より、「BANACHI MODELS」はavexと共同施策を開始。ファッションショーのウォーキングはもちろん、ヴォーカルや演技などのレッスンも受けられるところが魅力の一つとなっています。

「カタログモデルに合格して、MODELSの先輩や、同級生、私より小さい子など、みんなと仲良くなれました」(永島悠愛)

同じ仕事をするメンバーや、ユニットを組む仲間など、友情や絆が生まれるのも「BANACHI MODELS」ならでは。なかなか引っ込み思案で友達ができない方も、MODELSになれば、変わることができるハズ。

さらに有名芸能人の方との共演も。「ガールズアワード」ではトップモデルの藤井リナさんがMODELSと共演されるなど、憧れのあの人に会えるチャンス!

動画:Girls Award2015 『BANANA CHIPS STAGE』

また、「子供たちの夢と目標を応援する」プロジェクト、「ハラ塾メイト」に所属するMODELSたちも多数。

「『ハラ塾メイト』が主催したガールズユニットのオーディションに合格し、いま『ハラ塾DREAM MATE』のリーダーをやらせていただいています」(木原彩華)
「趣味でやっているDJのパフォーマンスを、【無料配信アプリ】『SHOWROOM(ショールーム)』でみんなに見てもらえてうれしいです。感想もリアルタイムでもらえます」(古川結凪)

ここではさまざまな個性が発揮できます。ファンができて、みんなに応援してもらえ、もうすでに芸能人!

「『ハッピーママフェスタ』というイベントで、芸能人の千原ジュニアさんと一緒に大喜利をやりました」(古川結凪)

着るだけで一歩オトナになれる、「BANANA CHIPS」。そしてMODELSになれば、叶えられないと思っていた夢にもぐっと近づけるチャンスです。

「みんなと違った服を着たいんだったら、BANACHIを着てほしいなっ!」(古川結凪)