RONI STYLING CONTESTVol.11 FINAL REPORT(ロニィ スタイリングコンテスト)

皆さん「RONI(ロニィ)」ってご存知ですか。
小学生を中心に「ラグジュアリーでスウィート」をコンセプトにモデルサイズの「カワイイ」服をプロデュースしているブランドなのです。
「自分をステキに演出したい!!」と思っている女の子たちが自分のサイズにジャストフィットした服を組み合わせて表現できる服、それが「RONI」です。
全国に広がるRONIっ子ちゃんたちが実際にRONIの服をコーディネートして応募するコンテスト、それが「RONI Styling Contest」です。

roni
「RONI Styling Contest」inお台場 VenusFort

 

今回で11回目になりました「RONI スタイリング コンテスト ファイナル」
会場はおなじみの東京お台場のヴィーナスフォート内教会広場。
2017年2月18日(土)、北は北海道から南は九州までのRONI 大好きっ子ちゃんたちが一所懸命、趣向を凝らしたスタイリングで集まってくれました。
コンテスト応募総数は2000通に達し、選考の結果74人のキラキラしたRONIっ子ちゃんたちがファイナルに出場。
小さいお子さんはなんと3歳!一番年上のお子さんでも13歳。
思い思いに着飾ったRONIっ子たち。
みなさん、緊張の中でもキラキラ輝いていました。

地元のRONIショップでショップのお姉さんやお母さんと相談して、たくさんのラグジュアリーでスィートな服の中から自分に合うRONIコーデを作って応募してくれました。

当日は12時から受付開始。
受付前にはウェルカムボードが設置され、みんな晴れのこの日を記念写真。
受付で自分の名前の入ったパスを受け取り会場へ入ります。
会場の前にはグランプリや準グランプリのティアラやドレープがお出迎え。
みんなこれを着るんだという、自信に満ちた目で眺めていたのが印象的でした。

roni
RONI STYLING CONTEST Vol.11 ウェルカムボードで記念撮影

roni
グランプリや準グランプリのティアラやタスキがお出迎え

 

そしてコンテスト開始。
スペシャルゲストとして「RONI GIRLS」と「ロニぴょん」が来てくれました。
ロニぴょんとRONI GIRLSのうみちゃんがウォーキングのお手本をご披露。
ファイナリストのみなさんの目つきも変わり、真剣なまなざし。
後姿のRONIぴょんもステキでしたよ(^^♪

roni
スペシャルゲスト「RONI GIRLS」と「ロニぴょん」が登場

 

さて、いよいよドキドキの審査が始まります。
ファイナル出場者はひとりずつ出てきてポーズ。
そして、今日のコーデのポイントを一言アピール。
最後にもうワンポーズして審査員にアピール。

さすがにRONIが大好きなRONIっ子たち、RONIの着こなしが抜群でした。
堂々としたモデル顔負けのポーズに感激したり、出場した子たちみんながそれぞれ自分のコーディネートに関する考えをしっかり持っていて素晴らしいコンテストでした。
中には初めてスポットライトを浴びて緊張してしまったのか、マイクを向けられると一言も話せなかったRONIっ子。最後に大きく「こんにちは!」と声を発したときは、緊張の中見守るお父さん、お母さんたちからも笑顔がこぼれていました。

roni
アピールが終わってみんなで記念写真

 

74人全員のアピールが終わったところで審査員のみなさんは誰にどんな賞をあげるか検討のため退席。
このとき、なぜか審査員のみなさんは難しい顔をされていたのが印象的でした。
この予感は後になってあたります。

審査員のみなさんが入賞者を検討している間、みんなのあこがれ「RONI GIRLS」のダンスパフォーマンスが始まります。
RONIファッションでキメた11人のダンサーがモデルのポージングを取り入れたキレキレのダンスでみんなの目を釘付けに。
全国から集まったRONIっ子ちゃんたちがひとつになって、「RONI」のブランドの持つ訴求力と世界観が体感でき、参加したみんなへ笑顔や勇気を届ける素晴らしいステージでした。

roni
「RONI GIRLS」のダンスパフォーマンス

 

そして審査結果を待ちます。
その審査の間、RONIっ子たちは初めて会う仲間と仲良くなるために、かわいいプレゼントをたくさん用意して「プチプレ交換」を行います。
言葉少なくプレゼントを交換するお子さんもいれば「そのコーデ、かわいい」と積極的にコミュニケーションをとるお子さんもいます。
中にはこのコンテストで再会することを楽しみにしていたRONIっ子たちは会場内で顔見知りを探します。
これも彼女たちが共有する「RONIコーデ」マジックなのでしょう。

しかし待っても、待っても審査結果が届きません。
なかなか入賞者が決められず審査員の方が困惑している?
司会の方もどうして良いのか、かなり心配しているようです。

発表スケジュールが大幅に遅れる中、やっと審査報告が届きました。
誰が賞をもらったかな……

 

[RONI賞] あさかわ あかりちゃん
よしすじ あんちゃん

[ルーキー賞] かしわばら ここあちゃん
しばた れなちゃん

[レジェンド賞] すずき みゆちゃん
みなみの えがおちゃん

[ベビー&トドラー賞] じょうくら みこちゃん

[RONI WORLD賞] ふなき さくらちゃん

[ハラ塾メイト賞] もり みゆうちゃん
ふじかわ さざらちゃん

[コドモランド賞] おおむら すももちゃん

[RONI GIRLS賞] さとう ゆらなちゃん

[準グランプリ賞] えんどう ひとみちゃん

そして栄えある第11回のグランプリは……

[グランプリ賞] やまなか ななみちゃん

ななみちゃん、グランプリ受賞おめでとうございます。

なかなか入賞者が決まらなかった理由がわかりました。
この子にもあげたい、あの子にもあげたいと、賞が足りないくらいみんなが素晴らしかったそうです。

 

そこで急きょ、その場で賞が追加されました。
[特別会長賞] かたやま るなちゃん
[カタログモデル賞] たかはし めいちゃん
なかごみ こころちゃん
ふるの ひまりちゃん

 

突然の賞追加で賞状や盾も用意できません。
それでも入賞者のRONIっ子たちが次々にエントリーナンバーと名前を呼ばれていきます。
涙をためて我慢するRONIっ子、笑顔で一杯の受賞したRONIっ子、ファイナリスト発表から当日の出場まで本当に大変でしたね。
入賞者の方々おめでとうございます。
そして入賞を逃し残念だった子もステージではみんな輝いていましたよ。
そして会場に来ていたお父さん、お母さんたちの精一杯の熱い応援、会場の熱気として伝わっていました。
みなさんのバックアップと愛情が感じられるとても暖かい素晴らしいコンテストでした。

どのRONIっ子も心からファッションを楽しんでいることがわかり、この中からも将来ファッションリーダーとしてモデルやファッション業界を目指すのか、とても楽しみになる日でした。

roni
入賞者のみんなで記念撮影

 

最後にロニぴょんからのコメント
『本当にみんなかわいかった(ハート)
またみんなに会えることを楽しみにしてるぴょん!!』
と目をキラキラさせながら語ってくれました。

1シーズンだけの流行で終わらせない、常に新しいRONIスタイルを作り出す気持ちはいつもみんなに届いていると信じて、これからも「ラグジュアリー&スィート」を発信し続けます。
人の手を借りないRONIスタッフだけの手作りのコンテストイベント「RONI スタイリングコンテスト
Vol.11 ファイナル」。おかげさまを持ちまして、無事、盛況のもと終えることができました。
ありがとうございました。

 

次回「RONI スタイリングコンテスト Vol.12」のエントリーが開始されました.
みなさまからのエントリーお待ちしております♪♪
★RONI STYLING CONTEST Vol.12 エントリー開始★