子供用のコートはどうやって洗濯したらいい?

冬に着用したコートは皮脂やホコリなどでかなり汚れていますので、洗濯が必要ですね。
コートを洗濯する時はクリーニングに出すことを考えますが、自宅でも洗うことが可能です。

ただし適切な洗い方、保存方法でコートを扱わないとコートの寿命を縮めてしまうことにつながり
翌年以降着用できなくなりますので、正しい扱い方について知っておきましょう。

品質表示をチェックする

まず自宅で洗えるかどうかはコートについているタグの取り扱い表示を見てから判断しなくてはいけません。

女の子がよく着るコートの素材にはダウン素材やウールが多いのですが、洗濯機マークが手洗いマークがついていれば自宅で洗濯することができます。

洗濯に使用する洗剤ですが、普段使用している洗濯洗剤ではなくおしゃれ着洗い用の洗剤を使いましょう。

また水洗い不可のマークがついていた場合は、自宅で洗濯ができませんのでクリーニングしてもらいます。

部分汚れ対策

コートの襟やそで口部分は汚れが目立ちやすい部分ですから、普通に洗濯しただけでは汚れがきれいに落ちないことがほとんどです。

酷い部分汚れに関してはスポンジにおしゃれ着洗い用の洗剤を含ませて叩洗いをします。
この時にこすってしまうと汚れが広がってしまう危険性がありますので、必ず叩いて汚れを浮かすようにしてください。

コートの洗い方

コートを洗う時は洗濯機ではなく手洗いにて洗った方が、痛みやダメージを軽減できます。
子ども用のコートはサイズも小さいですから、大きめの洗面器や洗面台で洗えるものがほとんどでしょう。

サイズが大きなものに関してはお風呂の浴槽を使用すると便利です。
ぬるま湯におしゃれ着洗い用の洗剤を溶かしてコートを入れたら、それを手で押し洗いするように洗っていきます。

その後洗濯機で30秒ほど脱水して、水を換えて押し洗いして脱水という行程を2回繰り返します。

コートにふんわり感を出すために、すすぎの仕上げに柔軟剤を入れて約3分付けておきます。
香りを強く出したいからと言って柔軟剤を入れ過ぎてしまうと却って臭いの原因になりますので規定量を守るのがコツです。

その後1分脱水して陰干しにします。コートが乾いたらクローゼットの中に保管しておきましょう。
ダウン素材は乾いてから仕上げに防水スプレーをかけておくとはっ水機能を保てます。