イメージも決まる!女の子用のコートの種類を押さえよう

イメージも決まる!女の子用のコートの種類を押さえよう

イメージも決まる!女の子用のコートの種類を押さえよう

秋になって、本格的な寒さの前にお子様のアウターの準備で、何を買おうかとお悩みではありませんか?
女の子用のコートの種類もたくさんあり迷ってしまいますね。

コートを選ぶ時、コートの種類やどんな感じになるか知っておくと選びやすくなります。
今回は女の子用のコートの種類やそのイメージついてまとめてみました。

ダッフルコート

ダッフルコートはフードがつき、前を「トグル」と呼ばれる、浮き形の留め具と飾り紐で留める形をしている、元々は海軍で使用されていたコートです。
留め具がおしゃれで、とても人気があります。
最近では丈も様々です。
主にはお尻が隠れるほどのロング丈や、腰辺りまでのショート丈など、身長や好みによっても選ぶことができます。

淡い色のショートのダッフルコートとミニスカートの組み合わせで、甘い感じの女の子らしくなったり、濃い色のロング丈のダッフルコートと細身のパンツを組み合わせて、スポーティな印象に見せたりと、組み合わせによってイメージも様々です。

最近では、学校に着ていくのはもちろん、普段着でも使用できるので、一枚あると大変便利で良いでしょう。

トレンチコート

秋から初冬にかけてはトレンチコートがお勧めです。
トレンチコートと言うと大人が着るイメージもありますが、最近では子供用のトレンチコートも売られています。

ベーシックなベージュの他、紺色のトレンチコートなどは落ち着いた雰囲気を与えますが、腰以降から切り替えて裾がスカートのようにヒラヒラとしているものもあり、それを着ると一転、可愛らしいイメージに変わります。

秋冬に限らず春先まで着られるので、1枚持っていると非常に重宝するでしょう。

ダウン・中綿ジャケット/コート

ダウンや中綿のジャケットやコートも定番です。

フードや袖口にファーがついたものを着ると、一気に「女子力が高い!」と言われるような可愛らしいイメージになるので、おしゃれで可愛い女の子でありたい!と考えているお子さんにはぴったりのアイテム。

逆にファーのないシンプルなものは、アウトドアなど外遊びのときに身軽に動けることがメリットです。
短い丈のジャケットとボトムを組み合わせることで、元気な女の子のイメージを与えます。

コートは今や、防寒対策だけではなく、選ぶ種類や色・丈などによって、「どんな女の子でありたいか」を叶えてくれる、おしゃれ女子には必須アイテムとなっています。