簡単!かわいい!シニヨンヘアアレンジ

簡単!かわいい!シニヨンヘアアレンジ

子供のファッションも大人顔負けのアイテムやトレンドが取り入れられており、同様に大人向けのヘアスタイルも、子供に人気です。

髪をおしゃれにまとめてくれるシニヨンヘアは、さまざまなアレンジが効くヘアスタイルですので、普段使いから発表会や結婚式といったフォーマルな場まで幅広く使えます。

そこで、子供にも使える簡単でかわいいシニヨンアレンジについて、紹介していきます。

三つ編みシニヨンヘア

ふんわりとボリュームをもたせたルーズな三つ編みシニヨンヘアは、アレンジが苦手な人でも、比較的作りやすいスタイルです。

用意するもの

ゴム3~4本、ヘアピン、クシ、カーラーやコテを予め用意しておきます。
 

作り方

髪にふんわり感を出すために、髪の表面をコテやカーラーで巻いて、ゆるいウェーブを作ります。

ハーフアップを作るようにして、トップの部分をゴムで留めますが、かっちりとではなく、少しルーズに結ぶのがコツです。

さらに、両サイドの髪だけをすくって、ゴムで留めてからくるりんぱを作りますが、顔周りの髪の毛は後で使うので、少し残しておきましょう。

2段階に分けて結ぶことで、ハーフアップだけでくるりんぱを作るよりも、ヘアスタイルの乱れや崩れを防げるようになります。

残った髪の毛を一つに結んで、三つ編みを作ってゴムで結び、その三つ編みでルーズなお団子を作ります。

その後、残しておいた顔周りの髪の毛をゴムに巻き付けて、ピンで留めて完成です。
飾りをつけないとシンプルでおしゃれなヘアスタイルですが、髪飾りの種類や付け方次第で華やかにもかわいくも仕上げられるでしょう。

編み込みシニヨンヘア

一見ハードルが高そうな編み込みヘアですが、やってみるとそれほど難しくはありません。

編み込みをアレンジしたラフなシニヨンヘアはおしゃれですので、普段のヘアスタイルだけでなく、フォーマルにも使えます。

用意するもの

ゴム、ピン、好みのヘア飾り

作り方

髪の表面から編み込みを作っていきますが、後からほぐしてラフに仕上げるので、最初はきつめに編むのがポイントです。

うなじのあたりまで編み込みを作ったら、ゴムで結びますが、ゴムに髪の毛を全て通すのではなく、毛先を残してシニヨンを作るように結んでおきます。

その後、トップのボリュームを作るのと、ラフに仕上げるために、編み込み部分を適度にほぐしていきます。

最後に、ゴムで留めたシニヨン部分からはみ出ている毛先を、ねじって裏側にピンで固定します。
ゴムの部分を隠すために、飾りのついたゴムやバレッタをつけて完成です。

ナチュラルシニヨンヘア

ゴム一つで簡単に作れるのに、おしゃれに決まるナチュラルシニヨンヘアの作り方を、紹介していきます。

作り方

まずは、ハチの部分の髪を少しすくってから、ルーズな三つ編みを作り、ゴムで結びます。
トップにボリュームをもたせるために、三つ編みにした部分をざっくりと、ほぐしていきましょう。

残ったサイドとバッグの髪の毛を、一緒にゴムで結びますが、このときに最初に使ったゴムを使ってもいいですし、ヘアスタイルが崩れそうなときは、もう1本ゴムを使って結んでもOKです。

結んだ髪の毛を三つ編みにし、毛先をまるめてひとまとめにしたゴムに入れ込んでいきます。

これだけでも十分おしゃれですが、さらに全体のバランスを考えながらヘアスタイルを適度に崩すと、ルーズ感が増して、こなれた感じにみえます。

まとめ

大人向けに紹介されているヘアスタイルでも、子供が真似ても似合うものがたくさんみつかります。
簡単なアレンジも多いので、子供のヘアスタイル作りの参考にしてみましょう。