子供服(小学生)をおしゃれに収納する方法

子供服(小学生)をおしゃれに収納する方法

小学生の女の子ならそろそろ「自分のお部屋をかわいく見せたい」と思い始める時期です。
けれど、どのようにお洋服を収納したらいいのかな?と悩むことも。

ママがイニシアティブをとって、おしゃれに収納する方法を教えてあげたい、というときのヒントをまとめました。
小さな子供が片付けやすいアイディアを、まとめましたので参考になさってくださいね。

ハンガーラックを使う

自分でコーディネイトを考えるお子さんや、「洋服をたたむ・しまう」といった動作が難しいお子さんにおすすめしたいのが「ハンガーラック」を使う方法です。

手持ちのアイテムはすべてハンガーにかけておくだけ。
小物やボトムスなども、ボトムスハンガーやハンガーポケットなどを利用して、ハンガーラック収納にすると良いです。

ハンガー収納なら、子供も自分でお片付けがしやすいですね。
また「今着用できる洋服」が可視化されるので、優柔不断なお子さんもコーディネイトしやすくなるメリットが生まれます。

ママも「我が子にとって着心地の良いデザイン、子供の好みのデザイン」がわかるようになるかもしれません。

カラーボックスを使う

カラーボックスは、単価が安いのでタンスを一棹購入するよりもお得です。
また、縦置き・横置きなどのレイアウトもしやすいため、部屋の広さを有効に使いたい方におすすめです。

カラーボックスを使うことで「見える収納」ができます。
きちんとたたんで収納するといった「しつけ」も可能です。

引き出しを開けてしまうというプロセスを省くことで「ごちゃごちゃにしまう」ことがなくなります。
もちろん、「ママ!スカートがない!」と、朝からもめることも少なくなりますよ。

それに、手持ちのアイテムが見えるため、どんな服を着ようか考える時間を省くこともできます。
事前に、一週間分のコーディネイトを作って準備しておけば、朝の忙しい時間も有意義に使えますね。

ラベルを貼る

そろそろ、自分の洋服は自分で片付けてほしいですね。
けれど「どこにしまったらいいか決められない」と悩むことや、「下着もスカートもお構いなし」というしまい方をされるのも避けたいところ。

タンスに収納するアイテムを、記載したラベルを貼ってはいかがでしょうか。
ただ「ズボン」や「下着・靴下」と文字を書いたラベルでは、おしゃれではありませんね。

インターネット上では、おしゃれなイラストを提供しているサイトが多々あります。
無料提供しているサイトを、利用すると良いでしょう。

パソコンでイラストと文字を組み合わせてかわいいラベルを作ると、お子さんも「お洋服のお片付け」のモチベーションが上がりますよ。

なんでもママが片付けてしまうと子供の自立心が育ちません。
おしゃれな子供に育てたい!というのであれば、洋服のお片付けも、自主的に済ませられるよう、ママが仕向けましょう。

今回提案したヒントは、低学年の小学生でも始められるとても簡単な方法ばかりです。
ママのイライラも軽減される方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。