デニムをリメイク!ショートダメージパンツの作り方

デニムをリメイク!ショートダメージパンツの作り方

デザインが流行遅れ、サイズが合わなくなったなどの理由で、穿かなくなってしまってデニムを持っている人も多いでしょう。

穿かなくなったデニムをリサイクルショップに持ち込んだり、誰かに譲ったりすることもできるのですが、リメイクして活用することもできます。

そこで、不要となったデニムをショートダメージパンツにリメイクするやり方について、紹介していきます。

デニムをダメージ加工してみよう

最近ダメージ加工にデニムが流行っていますが、自分でダメージ加工を施すこともできるのです。
ダメージ加工を作るときに用意するものは、はさみ、カッター、おろし金、ピンセット、サンドペーパーなどですが、使用するアイテムによってダメージの仕上がりも変わってきます。

どのようなダメージを作りたいかによって、使用するアイテムが変わってきますので写真などで確認して、適した道具を使ってダメージを作っていきましょう。
ダメージ加工をするときは、ダメージを作りたい箇所を最初に決めてから、そこに道具を使ってダメージを作るだけです。

デニムを切るだけでリメイク!簡単ダメージショートパンツ

履かなくなったデニムでも、丈の長さを変えるだけで、着回せるアイテムに変えることができます。
たとえば、9分丈や7分丈のデニムを、ショートパンツにすることで、オールシーズン身に付けるボトムとして、活躍してくれるでしょう。

リメイク時に用意するものは、はさみ、定規、チャコペン、針、糸、アイロンです。
まずは、定規とチャコペンを使用して、デニムを切る場所を決め、その線に合わせてはさみでカットしていきます。

いきなり短く切ってしまうと、失敗する可能性も高くなりますので、少し長めに切るのがコツです。
実際に履いてみて長さを調節しながら、ベストな長さに切り揃えていきましょう。

裾をロールアップ(巻き上げ)するときは、アイロンを使って折り目を付けていきますが、切りっぱなしタイプにするときは、適度な長さにカットしてから一度洗濯をすると、自然な仕上がりになります。
併せて、ダメージ加工を施してみると、今流行りのダメージショートパンツが作成できます。

デニムリメイクの注意点

デニムをリメイクするメリットは、履かないデニムを再活用できることと、オリジナリティの高い製品が作れることです。

ただし、失敗することもありますので、リメイク初心者は目立たない場所で加工を試してみる、古着屋などでデニムを購入して練習しておくと安心です。