着られなくなった子供服を断捨離するコツ

着れなくなった子供服を断捨離するコツ

子供は成長が早く、短期間で子供服を買い替える必要が出てきます。

着られなくなった子供服もまだきれいな物が多いと、処分するのはもったいないと考えてしまうでしょう。

着なくなった子供服は思い切って断捨離するのがおすすめです。
断捨離することで洋服の管理が行いやすくなりますし、収納スペースにも余裕ができます。

さらには衣替えの手間を省いてくれるなどメリットは多々あります。

子供服を断捨離のやり方、処分方法などについて紹介していきます。

断捨離の準備

断捨離を始める前にその方法や手順を理解し、作業をすすめていきましょう。
最初に行う作業は最低限必要な洋服の枚数について調べることです。

子供は汗をたくさんかきますし汚す機会も多いので、大人よりも多くの洋服が必要になります

一日に平均で何回着替えをするのか、天気が悪くて洗濯物が乾かなかった場合などを考慮して最低限必要な枚数を計算してみましょう。

断捨離する洋服の選別方法

次に実際に処分する洋服と必要な洋服を選別していく作業に入ります。
子供服をよく見てみると中にはほとんど身に付けていない、似たようなデザインの洋服が見つかることがあります。

たとえサイズアウトしていなくてもそのような洋服は今後も着ない可能性が高いと考えられますので、処分する洋服として分類しておきます。

サイズアウトした洋服はおさがりにしようと考えるかもしれませんが、しみだらけで汚れている、穴が開いているといった傷みが目立つ洋服に関してはおさがりとして着るのは難しいため、処分したほうがいいでしょう。

処分するかどうかを迷ったときは専用のボックスを作っておき、しばらく経ってから必要かどうかを再検討します。

処分の方法を考える

汚れや傷みがひどい洋服に関しては思い切って捨てましょう。
自治体やお店によっては汚れや傷みがある洋服でも無料で引き取りをしてくれますので調べてみます。

またバザーやリサイクルショップに持ち込みするときは、できるだけ早く出すようにしましょう。
洋服にも流行のデザインがありますので、年月が経った洋服はたとえ状態が良くても買取してもらえない可能性が高くなるからです。

断捨離して収納も気分もスッキリ!

まだ使える洋服を処分するのは勇気がいりますが、取っておいてもムダになるだけでなく限られた収納スペースを占有してしまうことになります。

着ない洋服を処分、有効活用することで気分も収納スペースもスッキリとするはずです。