自分に合ったネックレスの長さの選び方、調整(調節)方法

自分に合ったネックレスの長さの選び方

アクセサリー使いが上手だと、コーディネートの洗練度がアップします。
特にネックレスはコーデをイメージづける重要なアイテムです。

しかし、ネックレスの種類や自分に合ったネックレスの長さの選び方ってよくわからない方のために、調整方法についてご紹介します。

ネックレスの種類

ネックレスは長さによって種類が分けられています。
代表的な3つの種類を押さえておきましょう。

プリンセスは長さ40cm前後の一般的な長さのネックレスを指します。
鎖骨の近くにペンダントトップが位置する長さです。

上品でエレガントなコーデに合うのでドレスを着る時にも活躍します。
小さくて細い印象を与えるので、首の太さが気になる人にもおすすめです。

マチネは長さ50cm前後の長さのネックレスで、鎖骨の下から胸元にペンダントトップが位置します。
大ぶりのペンダントトップを合わせるのにぴったりの長さのため、カジュアルコーデも上品に仕上がります。

上半身にボリュームがある人はマチネタイプで重心を下げるとバランスよいコーデができます。

ロープは長さ100cm前後のロングネックレスのことを指します。
デザインや素材によってどんなスタイルにも合わせられます。

長さを生かして縦長ラインを強調すると着やせ効果も期待できるので、スタイルが気になる人におすすめです。

ネックレスの調整方法

購入したネックレスの長さが長すぎる時はネックレスについているアジャスターで長さを調節しましょう。
ほとんどのネックレスには留める金具のところにアジャスター環が付いています。

このアジャスター環に引き輪を通すと長さを調整できます。
また、スライドチェーンタイプのネックレスならスライドボールで長さを短くします。

ネックレスの長さを長くしたい場合は別売りのアジャスターをネックレスにつけると長くできます。
プチネックレスなどアジャスター環がないタイプのネックレスの長さを調整したい時もこの方法で長さの調整ができます。

自分のイメージにぴったりのネックレスを選んでオシャレを楽しみましょう。