素足で履く夏のサンダルのお手入れ方法・洗い方

素足で履く夏のサンダルのお手入れ方法・洗い方

サンダルは基本的に素足で履くため、汚れや臭いが付きやすいのが困りものです。
そこでサンダルの正しい洗い方と、お手入れ方法をご紹介します。

正しいサンダルの洗い方とは?

サンダルが最も汚れやすい部分は足と触れ合っているインソール(中敷き)で、汚れのもとは足の汗と皮脂、角質、砂やほこりなどです。

つまり洗剤として適しているのは、靴用の固形石鹼、衣類用の中性洗剤、ボディーソープなどの弱酸性洗浄剤、重曹などがあげられます。

しかし素材によって洗い方が異なるため、サンダルによく使用されている素材の正しい洗い方をご紹介します。

綿などの布製

まず生地の奥に入り込んでいるホコリや砂を、歯ブラシなどでブラッシングして落とします。
そしてぬらしてしっかり絞ったタオルに、洗剤をよくもみ込みます。

タオルはふくのではなく叩くようにして汚れを落とし、それでも落ちない汚れは歯ブラシでこすります。

汚れが落ちたあとは、新しいタオルで同様に叩きながら水分を吸い取りましょう。

本革や合皮

本革の場合は洗剤を使わず、ぬらしてしっかりと絞ったタオルでこすらずに優しくふき取るようにしましょう。
合皮は中性洗剤が適しているため、汚れがひどい場合はタオルにもみ込み、優しくふき取ります。

そして素材に関係なく、洗浄後は通気性の良い場所に置いてしっかりと乾かすようにしましょう。

サンダルを長持ちさせるお手入れ方法

正しいお手入れ方法をすることで、お気に入りのサンダルを長持ちさせることができます。
それはサンダルを1日履いたら、必ず1日か2日は履かずに休ませることです。

足の裏は意外とたくさんの汗をかいており、その量はおよそコップ1杯になるといわれています。
そのためサンダルを連日履いてしまうと、その湿気が乾燥できずに雑菌が繁殖してしまうのです。

1日履き終えたサンダルに新聞紙を入れると汗や湿気を吸い取り、より早く乾燥させることができます。

そして表面やヒールに付いた砂や泥など、簡単に落とせる汚れはその日の内に落とすこともサンダルを長持ちさせるポイントです。