キッズモデルになるにはどんなレッスン(練習)が必要か

キッズモデルになるにはどんなレッスン(練習)が必要か

キッズモデルになるにはどんなレッスン(練習)が必要か
子ども服ブランドやCM、雑誌などで幅広く活躍しているのがキッズモデルです。
わが子が憧れのブランドのモデルや雑誌モデルになれたら素敵ですよね。
ここではキッズモデルのなり方や必要なレッスン(練習)をご紹介します。

キッズモデルに向いている子とは

キッズモデルに向いている子と聞くと、可愛い子・ポーズが上手い子というイメージがあるかもしれません。
それも大事ですが、一番必要なのは、初対面の人にも元気に挨拶ができ、人見知りせず撮影にのぞめる子です。

キッズモデルの現場では、初対面の大人が多数いる中で撮影を進めていきます。
そのため、人見知りをしたり保護者となかなか離れられなかったりすると撮影が進みません。
もちろん表情の豊かさやポージングの上手さも大切ですが、大人と一緒に気持ち良く働けることがキッズモデルの必須条件です。

キッズモデルになるには

キッズモデルになる方法は二つあります。
一般公募のオーディションを受ける方法と事務所に所属する方法です。
どちらの場合でも面接やカメラテストなどのオーディションを受ける必要があります。
事務所に所属する場合は自分から事務所に応募したりスカウトを受けたりします。

一般公募のオーディションでは特定のブランドや媒体のモデルになることが多いです。
事務所所属では事務所に来るオファーの中からその子に合う仕事を受けることになります。

キッズモデルになるのに必要なレッスン(練習)とは

ではキッズモデルの仕事を受けるにはオーディション合格が必須です。
オーディションでは面接やカメラテストがあります。
その対策として、キッズモデルレッスンでは自己PRや面接や自己紹介のレッスンがあります。

また、カメラテスト対策としてポージングや表情の練習を行うこともあります。
ポージング時の姿勢をよくするためのウォーキングやダンスのレッスンもあります。

事務所に所属すると事務所が用意したレッスンを受けます。
個人で活動する場合は、これらの内容を自宅で練習したり、一般に開放されたキッズモデルレッスンスクールを利用するとよいでしょう。

自己PRやポージングの練習など、キッズモデルになるためのレッスンはデビューしてからも有用です。
また周囲の大人と気持ちよく働くことができる子は次の仕事のオファーがもらいやすくなります。
憧れのキッズモデル目指してがんばりましょう!