子供のブーツのサイズの選び方にコツはある?

子供のブーツのサイズの選び方にコツはある?

秋のおしゃれは足元から、ブーツは女の子に人気ですが、選び方にお悩みではありませんか? 幼稚園から小学生の成長期は、足のサイズが 18センチから大人サイズの22~24センチになるので成長が驚くほど早いですね。 お子様の成長に合わせて、快適に履けるブーツを購入したいですね。 今回は、子供のブーツのサイズの選び方のコツについてまとめてみました。 サイズ選びで気をつけたいことは? 子供の女の子のブーツを購入の際にサイズ選びで気をつけたいことは、足の計測をきちんとして、足のサイズより1~1.5センチ程度余裕のあるものを選びましょう。 足は測ってみると、左右大きさが違うことがあります。ですので、計測は慎重に正確にしましょう。 左右の足の大きさが違う場合は、大きい足のサイズに合わせた靴を選びましょう。小さい足は靴に中敷きを敷いて調整すると良いでしょう。 お子様がサイズの合わないブーツを履いていると、つま先に炎症や変形を起こしてしまい、ブーツを履かなくなってしまう場合もあります。 足幅の検討の仕方は? 足幅もブーツを購入する際は重要で、親指の関節の一番出ている部分と、小指の関節の一番出ている部分の2カ所をメジャーで測ります。 足幅も広かったり、狭かったりするブーツがメーカーによって様々ですので、広めか狭めかブーツの裏で確認しましょう。 足幅が靴の幅と合い、足の曲がる位置と合っているかも確認します。曲がる位置が合わないと痛みが生じて違和感が出ます。 ブーツの中がモコモコした素材で覆っているムートンブーツもあります。足幅だけ合わせず、ムートンが当たっても大丈夫か感触を試して、きつく感じたら1サイズ大きめにしても良いでしょう。 ブーツの丈はどう選んだらいい? 低年齢のお子様のブーツは、軽く、脱ぎ履きがしやすく、動きやすいショートブーツが適しています。 ショートブーツを選ぶ時は、くるぶしが靴の入り口に当たっていないか、ぴったり合っているか見ましょう。 高学年のお姉さんには、ファッションに合わせて大人っぽい雰囲気が出る、ロングブーツに興味が出てくるかもしれません。ロングブーツはかっこよく、足長に見えおしゃれの幅が広がりますので、ぜひ希望をかなえてあげたいですね ブーツ履き口を折り返して、丈を調整できるタイプもありますので、秋冬のおしゃれにブーツを取り入れてコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか? ...

子供服のサイズ【130・140・150・160】目安(何歳)について

子供服のサイズ【130・140・150・160】目安(何歳)について

子供服のサイズは大人のものと表記が違うため、ちょっと戸惑ってしまいますよね。 実際に子供服を買う前に、どのサイズが何歳くらいのお子さまを対象としているものなのか事前にある程度理解していれば、お買い物もスムーズにできます。 ここでは、子供服のサイズ【130・140・150・160】それぞれが何歳くらいの子を基準としているのか、各サイズについてご紹介させていただきます。 ■子供服サイズ…目安の年齢 サイズ130…9歳~10歳 サイズ140…11歳~12歳 サイズ150…13歳~14歳 サイズ160…14歳~ ■サイズ…目安の身長 サイズ130…125~135cm サイズ140…135~145cm サイズ150…145~155cm サイズ160…155~165cm 上記をみてわかるように、子供服のサイズは「身長」が基準となっています。 (サイズ130なら身長130㎝前後のお子様向け。 サイズ140なら身長140㎝前後のお子様向け、というように。) 基本的に身長が基準となっていますが、胸囲によってもサイズは前後してきます。 上記はあくまでも目安としていただければと思います。 年齢についてもおおよその目安となります。 お子さまの体型や身長に合わせて、適したサイズを選んであげてください。 ■同じサイズの男の子用と女の子用、サイズに差はあるのか? 基本的にあまり違いはないようですが、胴囲が女の子用は男の子のものに比べて小さめに作られているようです。 最近はユニセックスなデザインのものも多く作られていますが、サイズを確認するだけでなく、実際に試着してから購入するのがいいでしょう。 ■サイズ選びの際の注意点は? 表記サイズはあくまでも目安となります。 ブランドやデザインによって、その大きさが異なることも少なくありません。 普段からよく購入しているブランドの場合を除いて、試着をしてから購入するようにしましょう。 ネット通販など、実際の現物を見ずに購入する場合は、販売元の説明文をよく読むとともに、口コミを参考にしたり、サイズ変更が後からできるサービスを利用するなど、できるだけリスクを減らすよう事前に気をつけるようにしましょう。 また、海外ブランドを購入する場合、多くは日本のサイズ表記と異なりますので、注意してください。 以上、子供服のサイズ【130・140・150・160】の目安についてご説明させていただきました。 お子さまの洋服選びの際の参考になれば幸いです。 ...

子供服のサイズ【100・110・120】違いと年齢について

子供の成長は早く、いつの間にか着ていた洋服が窮屈になっていることも多いですよね。 また、子供服のサイズは大人の服と表記も違うため、どのサイズを選べばいいのかも、親御さんにとってはなかなかの頭痛のたねだったりするかと思います。 ここでは、そんな親御さんの参考にしていただけるよう、子供服のサイズ【100・110・120】それぞれのサイズと目安の年齢についてご説明させていただきます。 ■子供服サイズの表記はどのように決まっているのか? 子供服のサイズ表記は、JIS規格(日本工業規格)によって決められています。 JIS規格とは、食品、農林分野を除く鉱工業製品などに対して技術仕様などを定めた日本の国家規格のことです。 つまり、子供服のサイズもこのJISによって決められているのです。 そして各メーカーが、このJIS規格をもとに子供服も展開されています。 ■子供服のサイズ【100・110・120】の目安 サイズ…目安の身長 100…95~105㎝ 110…105~115cm 120…115~125cm サイズ…目安の年齢 100…3~4歳(幼稚園) 110…5~6歳(幼稚園~小学校1年生) 120…7~8歳(小学校1年生~2年生) 上記をみてわかるように、子供服のサイズは"身長"が基準とされています。 (サイズ100なら身長100㎝前後のお子様向け、サイズ110なら身長110㎝前後のお子様向け、というように。) ただ、基本的に身長が基準となってはいますが、胸囲によってもサイズは前後してきますので、あくまで目安として参考にしていただければと思います。 年齢についてもおおよその目安となっております。 またブランドにによってそのサイズは前後してきます。 細身のつくりのブランドや、ゆったりとしたつくりのブランドなど、ブランドによって多少違いがあります。 お子様の身長、肩幅等とあわせて、実際に着てみて確認するようにしてくださいね。 以上、子供服サイズの100・110・120について簡単にご説明させていただきました。 お子様のお洋服を探される際の参考にしていただければ幸いです。 ...

小学生の女の子の服のサイズの目安について

小学生の成長はとても早くてびっくりするほど。 つい最近までぴったりだった洋服が、いつの間にか窮屈そうになっているなどよくあることですよね。 親御さんとして、お子様の洋服選びは一仕事。 デザインはもちろんですが、サイズ選びも重要です。 ここでは、小学生の女の子の服を選ぶ際の目安についてご紹介させていただきます。 ■小学生の洋服選びの際、気を付けるべきこととは? 小学生の成長はとても早いもの。 せっかく買うのだから、少しでも長い時間着てほしいものですが、あまり大きなサイズではみっともないし、思わぬケガにつながってしまったりすることも。 出来る範囲でお子様の体のサイズに合ったものを用意してあげたいものです。 また、子供服のサイズは、メーカーによって多少違いがあるものです。 細身の作りが多いブランドや、ゆったりした作りが多いものなど、様々な特色があります。 そのため、サイズ表記を確認しただけで購入してしまうと、実際は「小さすぎた」「ダボダボだった」などとなることも少なくありません。 実物が確認できる場合は試着をしてから購入する、ネットなどで購入する際は、口コミ等を参考にするなど注意が必要です。 輸入ブランドなどの場合は、サイズ表記がそもそも日本と異なることがほとんどです。 その点も気を付けながら購入するようにしてください。 ■サイズ表記の目安は? サイズ…目安の身長 110…105~115cm 120…115~125cm 130…125~135cm 140…135~145cm ※上記は目安となります。 (各学年の目安の服のサイズ) 小学校1年生(6歳・7歳) :サイズ110・120 小学校2年生(7歳・8歳) :サイズ120・130 小学校3年生(8歳・9歳) :サイズ130・140 小学校4年生(9歳・10歳) :サイズ130・140 小学校5年生(10歳・11歳):サイズ140・150 小学校6年生(11歳・12歳):サイズ150・160 サイズ選びは基本的に身長が基準となります。 よって、年齢や学年よりもお子様の身長を基準にお洋服を選んであげてください。 また、身長とあわせて胸囲によってもサイズは前後してきますので、そのあたりもあわせて選ぶようにしてください。 ■国内ブランドと海外ブランドの表記の違いには要注意! 最近は、子供服も海外ブランドがたくさん入ってきていますよね。 国内のものとはまた違ったテイストでお子様に買ってあげたくなることかと思います。 そんな時に要注意なのが、サイズ表記の違い。 日本と海外ブランドの表記は異なりますので、注意して確認する必要があります。 アメリカのブランドの場合、サイズ表記が「5・6」といった表記と「XS・S」という2通りの表記がある場合があります。 不明な点は、店員さんに聞くなどしてはっきり確認してから購入することがよいといえるでしょう。 お子様のお洋服探しの際、上記を目安にしていただければと思います。 ぜひお子様にぴったりなお洋服をみつけてあげてくださいね。...

子供服の年齢ごとのサイズ目安について

子供の洋服選びで最初に悩むのが、やはりサイズ選びですよね。 子供服のサイズは大人の服と表記が違うため、「どのサイズを選ぶのがよいのかわからない」という親御さんも多いのではないでしょうか。 ここでは、そんな親御さんのために、子供服の年齢ごとのサイズ目安についてご案内させていただきます。 ■サイズ表記に該当する年齢、身長の目安 サイズ…年齢目安…目安の身長 (新生児~4歳ぐらいまで) 50…新生児…50㎝ 60…3ヶ月前後…60㎝ 70…6ヶ月前後…70㎝ 80…1歳~1歳半…80㎝ 90…2歳前後…90㎝ 95…3歳前後…95㎝ 100…4歳前後…100㎝ (4歳~小学生) 100…4歳前後…95~105㎝ 110…5~6歳…105~115cm 120…7~8歳…115~125cm 130…9~10歳…125~135cm 140…11~12歳135~145cm ※上記は目安となります。 基本は身長が基準とはなりますが、胸囲によってもサイズは前後してきます。 体型にあったものを選ぶようにしてください。 ■子供服を選ぶ際の注意点 子供の成長は早いものですよね。 つい最近新しく買ったものが、あっという間に着られなくなってしまったなんてこともよくあるものです。 せっかく洋服を買うのだから、少しでも長く着てほしいというのは親御さん共通のおもいでしょう。 しかしあまりに大きすぎる服を選んでしまうと、どこかに引っ掛けてしまったり、裾を踏んづけてしまったりと思わぬ事故につながる可能性もあります。 可能な範囲でお子様の体のサイズに合ったものを用意してあげたいものです。 また、子供服のサイズはメーカーによっても違いがあります。 上記のサイズ表記はあくまで目安として参考にしていただき、実際に試着をしてからの購入をおすすめします。 ネットなどで購入する際は、メーカーの説明と併せて、口コミ等を参考にするのもよいかと思います。 そのお洋服が大き目に作られたものなのか、細身のものなのか、実際に体験をもとにした口コミでしたら信頼性も高いかと思います。 また、輸入ブランドなどの場合は、そもそもサイズ表記が異なることがありますので、その点も気を付けながら購入することがおすすめといえるでしょう。 以上、子供服の年齢ごとのサイズ目安と、子供服を選ぶ際の簡単な注意点をご案内させていただきました。 大きさは、メーカーや洋服の作りによっても前後してきます。 上記を参考に、実際にお子様に合わせながら、丁度よいサイズを見つけてあげてくださいね。 ...

小学生(子供服)のサイズの選び方について

子供服のサイズは大人の服と表記も違い複雑になっています。 そのためどのサイズを買ったらいいのか、悩まれている親御さんも少なくないことでしょう。 ここでは、子供服のサイズの選び方や注意点から、小学生が着るサイズの目安をご案内させていただきます。...

6歳女の子の服選びのポイントとは

お子様の洋服選びに、頭を悩ませるお母さま方も多いことでしょう。 サイズ選びはもちろん、年齢に合わせた服装選びにも気をつかうものです。 今回は、6歳の女の子の服選びをテーマに、どのくらいのサイズが適しているのか、どういったポイントで服選びをすべきなのかについてご紹介させていただきます。 ...

小学生男子の服のサイズの目安について

子供の成長はとても早くてびっくりしますよね。 ついこの間に新しく用意したと思ったら、気づいた時にはすでに小さくなっているなんてことも。 親御さんとして、お子様の洋服選びは大変なお仕事の一つでもあります。 ここでは、小学生の男の子の服を選ぶ際の目安についてご紹介させていただきます。 ...

小学校低学年の服の選びのポイントとは

■夏・冬におすすめの肌着の生地は? おすすめの肌着は、綿100%が良いといえるでしょう。 市販の肌着のほとんどが綿のものかと思いますが、なぜ綿が良いかというと、綿は汗や汚れを吸収してくれるのです。 そのため、肌を清潔な状態に保つ効果があります。 肌着はお子様の肌に直接触れるもの。 優しい素材のものを選んであげたいものです。...