羽織ものにはどんな種類がある?春におすすめの羽織もの5選

羽織ものにはどんな種類がある?春におすすめの羽織もの5選

春先になると軽やかな春コーデがしたくなりますね。 ですがまだ気温の変化も大きい時期です。 羽織もので防寒しつつおしゃれコーデを楽しみたいですね。 ここでは春におすすめの羽織ものを5つご紹介します。 ジップアップパーカー カジュアルスタイルに大活躍なのがジップパーカーです。 パーカーの裏地にボアがついているあったかタイプから薄手タイプまでそろっているので寒さ対策はばっちりです。 フェミニンなボトムスにあわせると抜け感が出るのでオシャレ度UP。 パーカーを脱いだ後も折りたたんでもシワにならないので気軽に持ち運びができる優秀なアイテムです ジャケット デニムジャケットやミリタリージャケット、ライダースジャケットやニットジャケットなど素材やデザインで雰囲気が変わるジャケットは春のマストアイテムです。 異なるテイストのジャケットを何枚か持っておくと春コーデには困りません。 スプリングコート スプリングコートと冬コートの一番の違いはその軽やかさ。 スプリングコートは薄手な上に華やかな色やデザインのものが多く、春のトレンドを真っ先に取り入れることができます。 トレンチタイプが定番ですが、カラーやディテールが異なると定番デザインでも雰囲気が変わります。 春先はスプリングコートで足取り軽くお出かけしたいですね。 カーディガン 春に大活躍する羽織りものといえばカーディガン。 色・丈・素材のバリエーションが豊富なので何枚持っていても困らないアイテムです。 室内で羽織っても違和感がないのも嬉しいポイント。 室温が寒くなりそうか暑くなりそうか読めないときはカーディガンがおすすめです。 コーディガン 冬のコートは重たいイメージだけどカーディガンだとちょっと物足りない、そんな時に便利なのがコーディガンです。 トレンドアイテムなので羽織るだけでイマドキ感がUPします。 コーディガンも素材や編み方によってテイストが変わります。 きちんと感の強いものからカジュアル度が高いものまで好みのタイプが選べるのも魅力です。 どんなボトムスにも合わせやすいので着まわしにも対応できます。 春のコーディガンコーデは白やパステルカラーなど淡い春色のアイテムと合わせたいですね。 春は可愛さと暖かさが両立できる優秀な羽織りものがたくさんあります。上手に羽織りものを取り入れて春コーデを楽しんじゃいましょう。 ...

子供の着丈の測り方について

子供の着丈の測り方について

最近では可愛い子供服を取り扱っているオンラインショップが増えています。 欲しいサイズとデザインのものを子供と一緒に探しに行くのは結構大変なもの。 オンラインショップだと実店舗に足を運ぶ手間がいらないので助かりますね。 ですが試着ができないのでサイズ確認は重要です。 ここではサイズ確認時のポイントになる子供の着丈の測り方についてご紹介します。 着丈とは 着丈は襟の付け根から裾までの長さを指します。 お子さんの着丈を測るときは首の中央にあたる襟の付け根にメジャーを当て、そのまま背骨に沿って腰骨付近までメジャーを降ろします。 購入したいアイテムがトップスの場合は、服の着丈と腰骨の位置で測った長さがジャストサイズだと背中が見えてしまうので注意です。 お子さんの腰骨までの着丈の数値を把握しておくと、通販で服を購入するときサイズがイメージしやすくなりますよ。 子供の服選び【ワンピース】  ワンピースの着丈は襟の付け根からワンピースの裾までの長さを指します。子供服のサイズは身長別でサイズが分けられています。それぞれのサイズは約10cmの身長の幅を持って作られています。たとえば150サイズは145cmから155cmの身長の子が対象になります。ワンピースでは個人の身長や体格によってスカート丈が異なります。サイズ選びには注意が必要です。 身長別ワンピースの着丈目安 体格によって個人差はありますが、着丈を参考にするとワンピースの丈を推測することができます。 ここでは身長別の着丈とワンピース丈の目安をご紹介します。 身長ごとの膝丈のワンピースの着丈目安は以下の通りです。 お子様の体格によって同じ着丈でも長さが変わるので、参考程度にしてくださいね。 120cmの場合:着丈67が目安   130cmの場合:着丈73が目安 140cmの場合:着丈78が目安 150cmの場合:着丈84が目安 せっかく買ったワンピースが短すぎて着られないといったトラブルを避けるためにも、お子様の着丈は実際に測って確認するのがベターです。 子供の着丈を把握しておくとオンラインショッピングでのサイズ選びが楽になります。賢く服選びをするためにも着丈の測り方は押さえておきましょう。 ...

お下がりやサイズアウトした子供服の保管について

お下がりやサイズアウトした子供服の保管について

子供の成長は早いもの。この間着ていた服もあっと言う間にサイズアウトすることもよくあります。 ここではお下がりやサイズアウトした子供服の扱いについてまとめてみました。 着なくなった子供服はどうする?  子供服が着られなくなると処分するか保管するか迷いますね。 とはいえ増える一方の子供服をすべて保管する訳にもいきません。 まずは着なくなった子供服の汚れや破れの状態を確認し、状態がよいものと悪いものに分けましょう。 状態がよい子供服は処分するものと保管するものに分類します。 処分するものとは、リサイクルショップに売る・人にあげるなどすぐ手元から離れるものです。 保管するものとは、お下がり用や思い出用など一時的または長期的に手元に置いておくものです。 状態が悪いもの、しみや汚れがひどい子供服は基本的には捨てます。 とはいえ状態が悪いものでも保管したい服は思い出用に取っておくのもありですね。 着なくなった子供服の保管法 保管すると決めた子供服の保管はどうしたらよいでしょうか。 まず保管する子供服は洗濯・アイロンがけを行いましょう。 ていねいにたたんだ後は、防虫剤や防湿剤と一緒に保管します。 圧縮袋や密閉容器など空気が入らないケースに入れて保管するのがおすすめです。 しっかり衣類を乾燥させ、防虫剤や防湿剤を入れておくとよい状態のまま保存できます。 不織布等空気を通すものは湿気も同時に通すので長期保管にはおすすめできません。 不織布のケースはお下がり用など一時保管時に使用するとよいでしょう。 保管する場合はどのくらい取っておくべき? 思い出用やお下がり用にどのくらいの量を保管するのがベストでしょうか。 ポイントは自分で保管しておく収納量の上限を決めることです。 お下がり用の服はこの衣類ケース2つ分まで、思い出用はこの密閉ケース1つ分までしか持たない、と具体的に決めましょう。 上限があると物の持ちすぎを防ぐことができます。 思い出用の子供服は子供の成長に伴ってどんどん増えていきます。 あらかじめ決めた容量に入らなくなったら、もう一度中身を選別しましょう。 お下がり用を保管する際は3年たっても使用予定がない場合は処分するなど見直す時期も決めましょう。 思い出のつまった子供服を見返すとあの時のことがよみがえるもの。 着なくなった子供服を上手に保管して育児を楽しみましょう。 ...

子供服の袖が長い場合の対処法

子供服の袖が長い場合の対処法

成長途中の子供の体格は個人差が大きいもの。 袖が長すぎる子供服は袖をまくって対処しているご家庭も多いのではないでしょうか。 ここでは子供服の袖が長い場合の対処法についてご紹介します。 子供服の袖が長いときとは 子供服を長く着られるようにと、服を買う時に少し大き目のサイズの子供服を選ぶことも多いですね。 そうすると必然的に袖が長くなるので一時的に困ることがあります。 海外ブランドの子供服の場合、ジャストサイズでも袖が長いことがあります。 海外の子供は日本の子供より腕が長い傾向があります。 そのためインポートブランドの子供服は日本のものより袖が長めに作られています。 長袖だと袖が長くなることが予想される場合は、七分袖や半袖などのアイテムを選んで購入するのもおすすめです。 対処法1)袖上げする 子供服の袖が長いときは、袖上げを行いましょう。 袖上げはブラウスやトレーナーなどアイテムを問わず行える方法です。 肩の部分に長い部分をまとめて袖上げを行うと、袖上げ部分が目立ちません。 腕の真ん中あたりで袖の長い部分をまとめて袖上げすると簡単に袖上げできますが、まとめた部分が外から見てわかるので目立ちやすいです。 もっと簡単な袖上げは袖口をくるっと内側に折り込んだ位置で固定する方法です。 袖上げ時は、ミシンを使うと仕上がりがきれいでしっかりとした裾上げができますが、袖を伸ばす時に手間がかかります。 すそ上げテープや手縫いで袖上げを行うと時間がかからず簡単に行えますが、ほどけやすいという難点があります。 対処法2)袖をシャーリング風にする トレーナーやカットソーなど伸縮性のある素材の袖が長いときは、袖をシャーリング風にするのもおすすめです 服を裏返し、袖の上の部分を裾上げしたい長さのところまで縫い、また袖口まで戻るように縫います。 袖の下の部分も同様に縫っていきます。縫い終わったら糸を絞ってシャーリングを作り、縫い始めと縫い終わりの糸の長さをハサミで切って調節した後にかた結びすると簡単にシャーリングができます。 この他にもゴムを使ってシャーリングを作る方法もあるのでやりやすい方で行うとよいですね。 子供に服を着せた時袖が長いと、服に着られている印象を与えてしまいます。 また袖口が汚れやすくなるので洗濯に困ることも。 よかったらここで紹介した方法を参考にしてくださいね。 ...

冬の小学生(子供)の服装について

冬の小学生(子供)の服装について

小学生にもなると女の子はおしゃれに目覚めて、親が選んだ洋服やアイテムを身に付けないことも増えてきますよね。 冬は気温も低くて風邪をひきやすい季節ですから、親としては温かい服装をしてほしいのですが、子どもはおしゃれ優先で親のいうことを素直に聞き入れないのです。 小学生の女の子にとっておすすめの冬のファッションや注意点について紹介していきます。 冬はイベント目白押しの季節 最近の女の子はイベントの過ごし方も大人顔負けだったりします。 冬はクリスマスやお正月といったイベントの多い時期でもあり、友達同士や習い事の仲間や先生たちとパーティーをするなど外に出かける機会も増えてくる時期です。 お友達がかわいい、おしゃれな洋服やアイテムを身に着けていると自分も欲しくなりますし、クリスマスや正月時期はこのお店もセールを実施しており、買い物に出かける機会も増えるためますますかわいい服やアイテムが欲しくなってしまうのです。 冬に挑戦したい小学生向けおすすめファッション 親としてはおしゃれやトレンド感を取り入れつつも、快適性や温かさも兼ね備えたおしゃれをさせたいですよね。 首元が大きく開いているセーターやニットや足を露出させるようなアイテムは体を冷やすことにつながりますので、できるだけ避けてほしいと考えるでしょう。 体の冷えを防ぐためにも小物を上手く活用したコーデをすすめてみましょう。 たとえばニット帽、マフラー、ブーツなどの小物は保温性にも優れており、着脱も簡単で温度の調節が楽にできますのでおすすめです。 冬のファッションの注意点 冬は外が寒く家やお店の中は温かい寒暖差の問題が出てきます。 寒暖差が大きくなると体調を崩しやすくなりますので、気温差を調整できるようにしておくといいでしょう。 冬は寒いからといって厚手のセーターや保温性の高い下着など重ね着をさせがちですが、そのような格好では暖房のきいている室内では暑すぎます。 コートを厚手にして中に着る物を薄着にする、マフラーや腹巻き、カイロなどすぐに着脱できるようなアイテムで防寒対策をとっておくと、温度のコントロールがやりやすくなります。 ...

女の子に人気の可愛いニットアイテムとおすすめサイト5選

女の子に人気の可愛いニットアイテムとおすすめサイト5選

ニットアイテムは肌触りがよくて着心地も快適、素材によっては保温性にも優れていて普段着からフォーマルまで幅広く活躍してくれますね。 老若男女問わず身に付けられるニットアイテムですが、子どもが身に着けてもかわいいですし、コーディネートの幅を広げてくれるでしょう。 女の子向けのニットアイテムの種類やコーデ術、ニットアイテムを買うのにおすすめのショップについて紹介していきます。 おしゃれな女の子コーデを作ってくれるニットアイテム ニットアイテムとひとくちにいってもそのアイテムにはさまざまな種類がありますが、ひとつは持っておきたいアイテムのひとつがニット帽です。 ニット帽は保温性も高く秋から冬にかけて長く着用できますし、しっかりと頭にフィットするので風が強い時でも安心、パパやママと揃えてリンクコーデも作れます。 他にもニットベストやニットポンチョは肌寒い時に一枚着るだけで温かいですし、組み合わせ次第でおしゃれ度もアップします。 またニットワンピースは肌寒い季節でも暖かく着られますし、一枚でコーデが決まるのでスカート好きな女の子におスメのアイテムです。 おすすめのニットアイテムコーデ術 女の子は小さいうちから洋服やおしゃれに興味を持ちますので、素敵なコーディネートやアイテムを身に着けると喜びますよ。 ニットアイテムもおしゃれなコーデを作るのに役立つアイテムですので活用してみましょう。たとえばニットワンピースにタイツかレギンス、足元はムートンブーツをはくだけでおしゃれな秋冬コーデが完成します。 ニット帽はいろいろな着こなしに使える優秀アイテムですから、色や柄違いでいくつか揃えておくとおしゃれの幅を広げてくれます。 ニットアイテムを買うのにおすすめのサイト いまどきの子どもはおしゃれにもとても敏感。周りと差を付けられるようなアイテムやブランド品も好んで身に付けたがりです。 お店で買うのもいいですが、ネット通販でもお手頃でおしゃれなニットアイテムがいくつも見つかりますよ。 ・コドモランド https://kodomoland.jp/shop/ ブランド子供服をメインで取り扱うお店。親子で楽しめるアイテムも揃えっています。 ・ベルメゾン http://www.bellemaison.jp/ 子供服から下着、生活用品まで幅広く揃えう通販サイト。ブランドからプチプラまで揃えいます。 ・KIDS MIO https://item.rakuten.co.jp/kidsmio/c/0000000277/ 韓国子供服をメインで扱い、育児グッズ、など子ども関連の商品が豊富。 ・KIT HOUSE https://www.rakuten.ne.jp/gold/kitohouse/ おしゃれな普段着からフォーマルウェアがリーズナブルな価格で揃えっています。 ・Toridory https://192abc.com/68212 女の子アイテムが中心で、男の子やママ用のアイテムも充実。リンクコーデやペアルックも作れます。 いろいろな通販ショップが見つかりますのでチェックしてみましょう。お気に入りのニットアイテムを見つけておしゃれを楽しみましょう。 ...

子供用のコートはどうやって洗濯したらいい?

冬に着用したコートは皮脂やホコリなどでかなり汚れていますので、洗濯が必要ですね。 コートを洗濯する時はクリーニングに出すことを考えますが、自宅でも洗うことが可能です。 ただし適切な洗い方、保存方法でコートを扱わないとコートの寿命を縮めてしまうことにつながり 翌年以降着用できなくなりますので、正しい扱い方について知っておきましょう。 品質表示をチェックする まず自宅で洗えるかどうかはコートについているタグの取り扱い表示を見てから判断しなくてはいけません。 女の子がよく着るコートの素材にはダウン素材やウールが多いのですが、洗濯機マークが手洗いマークがついていれば自宅で洗濯することができます。 洗濯に使用する洗剤ですが、普段使用している洗濯洗剤ではなくおしゃれ着洗い用の洗剤を使いましょう。 また水洗い不可のマークがついていた場合は、自宅で洗濯ができませんのでクリーニングしてもらいます。 部分汚れ対策 コートの襟やそで口部分は汚れが目立ちやすい部分ですから、普通に洗濯しただけでは汚れがきれいに落ちないことがほとんどです。 酷い部分汚れに関してはスポンジにおしゃれ着洗い用の洗剤を含ませて叩洗いをします。 この時にこすってしまうと汚れが広がってしまう危険性がありますので、必ず叩いて汚れを浮かすようにしてください。 コートの洗い方 コートを洗う時は洗濯機ではなく手洗いにて洗った方が、痛みやダメージを軽減できます。 子ども用のコートはサイズも小さいですから、大きめの洗面器や洗面台で洗えるものがほとんどでしょう。 サイズが大きなものに関してはお風呂の浴槽を使用すると便利です。 ぬるま湯におしゃれ着洗い用の洗剤を溶かしてコートを入れたら、それを手で押し洗いするように洗っていきます。 その後洗濯機で30秒ほど脱水して、水を換えて押し洗いして脱水という行程を2回繰り返します。 コートにふんわり感を出すために、すすぎの仕上げに柔軟剤を入れて約3分付けておきます。 香りを強く出したいからと言って柔軟剤を入れ過ぎてしまうと却って臭いの原因になりますので規定量を守るのがコツです。 その後1分脱水して陰干しにします。コートが乾いたらクローゼットの中に保管しておきましょう。 ダウン素材は乾いてから仕上げに防水スプレーをかけておくとはっ水機能を保てます。 ...

イメージも決まる!女の子用のコートの種類を押さえよう

イメージも決まる!女の子用のコートの種類を押さえよう

秋になって、本格的な寒さの前にお子様のアウターの準備で、何を買おうかとお悩みではありませんか? 女の子用のコートの種類もたくさんあり迷ってしまいますね。 コートを選ぶ時、コートの種類やどんな感じになるか知っておくと選びやすくなります。 今回は女の子用のコートの種類やそのイメージついてまとめてみました。 ダッフルコート ダッフルコートはフードがつき、前を「トグル」と呼ばれる、浮き形の留め具と飾り紐で留める形をしている、元々は海軍で使用されていたコートです。 留め具がおしゃれで、とても人気があります。 最近では丈も様々です。 主にはお尻が隠れるほどのロング丈や、腰辺りまでのショート丈など、身長や好みによっても選ぶことができます。 淡い色のショートのダッフルコートとミニスカートの組み合わせで、甘い感じの女の子らしくなったり、濃い色のロング丈のダッフルコートと細身のパンツを組み合わせて、スポーティな印象に見せたりと、組み合わせによってイメージも様々です。 最近では、学校に着ていくのはもちろん、普段着でも使用できるので、一枚あると大変便利で良いでしょう。 トレンチコート 秋から初冬にかけてはトレンチコートがお勧めです。 トレンチコートと言うと大人が着るイメージもありますが、最近では子供用のトレンチコートも売られています。 ベーシックなベージュの他、紺色のトレンチコートなどは落ち着いた雰囲気を与えますが、腰以降から切り替えて裾がスカートのようにヒラヒラとしているものもあり、それを着ると一転、可愛らしいイメージに変わります。 秋冬に限らず春先まで着られるので、1枚持っていると非常に重宝するでしょう。 ダウン・中綿ジャケット/コート ダウンや中綿のジャケットやコートも定番です。 フードや袖口にファーがついたものを着ると、一気に「女子力が高い!」と言われるような可愛らしいイメージになるので、おしゃれで可愛い女の子でありたい!と考えているお子さんにはぴったりのアイテム。 逆にファーのないシンプルなものは、アウトドアなど外遊びのときに身軽に動けることがメリットです。 短い丈のジャケットとボトムを組み合わせることで、元気な女の子のイメージを与えます。 コートは今や、防寒対策だけではなく、選ぶ種類や色・丈などによって、「どんな女の子でありたいか」を叶えてくれる、おしゃれ女子には必須アイテムとなっています。 ...

ダウンベストを子供に着せる時期の目安

ダウンベストを子供に着せる時期の目安

秋になり、肌寒くなってくると、お子様の体調管理が大切になってきますね。 自分の仕事や家事をこなしていくためにも、お子様には元気でいてもらいたいと思いますよね。 寒さでお子様が風邪をひいてしまわないように、体温調節も兼ねて、洋服選びはとても大切です。 今回は、お子様が気軽に着やすく、体温調整しやすい人気のダウンベストを子供に着せる時期の目安に焦点を当ててまとめてみました。 ダウンベストを子供に着せる時期はいつぐらいがベスト? ダウンベストを子供にいつ頃から着せたら良いか、困ってしまうことがありますが、肌寒く感じる10月頃から着用すると良いでしょう。 10月に入ると昼は動くと暑くなりますが、朝、夕になると涼しく、下旬の頃には肌寒く感じることもあります。 子供は大人よりも寒さを感じにくいですが、子供が「寒い」と言ったらダウンベストを着用させましょう。 10月下旬頃、気温が15度くらいになってくると、一枚羽織りたくなる目安になっています。 子供がダウンベストを着るメリットは? 子供がダウンベストを着るメリットは、胴回りだけを防寒でき、袖がないので袖口の汚れを気にしないで気軽に着られます。子供もモコモコとした腕周りがあることで、着るのを嫌がる子には、動きやすくおすすめです。 ダウンベストは袖周りがないため、寒さが厳しくなる時期は、もう一枚上に軽いアウターを重ね着することも可能です。 また、ダウンベストで背中と首、胴回りを覆うだけでも、十分身体は暖まります。 子供ダウンベストの選び方は? 子供のダウンベストはカラフルな色がそろっていて、悩んでしまいますね。 子供らしく、幼稚園児、小学生低学年のうちに着やすい元気で明るめのカラーは子供らしくて可愛いですね。 明るいカラーを着ていると、お子様がどこにいるのかということも把握しやすく、動き回って困る場合はおすすめです。 小学校中、高学年になると自分の好みがでてくるので、親がすすめても嫌がる場合もあります。 一番は、お子様自身に好きなものを選ばせてあげると良いでしょう。子供の好きな色、胴回りの感触の有無など自分で選んだことで大切に、着る回数も多くなるでしょう。 少し費用を押さえたいときは中綿ジャケットも検討 暖かさはダウンには劣りますが、中綿ジャケットもおすすめです。 時期によっては昨シーズン買ったものも着られなくなるほど子供の成長は早いものです。 そのときに、ダウンよりも安価ながら、デザインはダウンジャケットと同程度揃っている中綿ジャケットも見逃せません。...

色で選ぶ!自分に合った女の子用コートの選び方

“色”で選ぶ!自分にあった女の子用コートの選び方

秋から冬にかけて必ず1着は準備したいコート。 小学生の女の子は成長が早く、1~2年でコートが着られなくなり買い換えが必要の機会が多くなります。 高学年になると、自分の好みが決まってくるので選ぶ際、迷うということは少ないようですが、やはり普段からお子様を知っている親のアドバイスは大切ですね。 実は、第一印象は3~5秒程度で決まり、その要素として色は影響力が高いと言われています。 たくさん洋服を持っているおしゃれ女の子向け、着回しが効くのは何色のコート? コーディネートを楽しむ、おしゃれな女の子はたくさん洋服を持っています。 そのため、着回しが効く色としてベーシックカラーのベージュ、紺、グレーが人気です。 ベージュは女の子らしく、優しく、温かい雰囲気が出ます。 紺は清楚で、賢く、しっかりしている印象を与えます。 グレーは大人っぽい雰囲気が出るので、濃い目のグレーより、白に近いグレーを選ぶとより純粋な感じを与え、女の子向けでしょう。 元気をアピールしたいアクティブな女の子にはどんな色のコートがいい? 小学生の頃に挑戦しやすい元気をアピールしたいアクティブな女の子には、黄色、オレンジ、赤が良いでしょう。 黄、オレンジ色は明るく、元気で活発な印象を与えます。ビタミンカラーとも言われています。 赤は情熱的でエネルギッシュな感じを与えます。一部に赤が入っても印象が残りますね。 大人になると着る機会が少なくなるので、小学生のうちに挑戦し、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか? 可愛いイメージを大事にしたい女の子にはどんな色のコートがいい? 可愛いイメージを大事にしたい女の子には、ピンク、白が良いでしょう。 ピンクは可愛い、素直、優しい雰囲気を作り、一番女の子らしい色です。 白は、純粋で清楚な印象を与え、少女らしい可愛い雰囲気が出ます。 ピンクや白のコートに花柄模様が入っていると、より可愛らしさが増すでしょう。 ...