子供の可愛いニット帽のかぶり方

子どもの可愛いニット帽のかぶり方

ニット帽はコーデのスパイスになる優秀なアイテムです。 せっかくなら可愛くかぶりたいものです。 子どもの可愛いニット帽のかぶり方について髪型別にご紹介します。 ショートヘア ヘアアレンジのバリエーションが少ないショートヘアの子はぜひニット帽をコーデに取り入れて。 色や形にバリエーションがあるニット帽を上手に使うがらりと雰囲気が変わります。  ニット帽は前髪・耳・かぶる深さがポイントです。 ショートヘアの場合、「深くかぶる・前髪を出さない・耳を出す」とかなりボーイッシュな雰囲気になります。 可愛く見せるには浅めにかぶったりちょこんと乗せたりするような感じで髪を見せるのがおすすめです。 前髪を出さない場合は「浅めにかぶる・耳を隠す」とよいでしょう。 前髪を出す場合は出し方や分け方でかなり印象が変わります。 分け目を変わたり横に流したりしてもいいですね。 実際にニット帽をかぶり前髪のバランスを見えながら耳を出すかどうか決めると可愛くできます。 ボブ ボブの子はニット帽を浅くかぶったりちょこんと乗せるようにかぶったりするのがおすすめです。 ボブヘアも耳を出すかどうか、前髪の出し方や分け方で雰囲気が変わります。 前髪を出さない時は耳を隠して髪のボリュームを全面に見せると可愛くかぶることができます。 ボブヘアでニット帽を深くかぶる場合は髪の先端がはねてしまいがちです。 前髪を隠すように少し後ろに深めにかぶり、髪をはねさせると可愛くできます。 ボブヘアではニット帽とマッチしたヘアアレンジをするのもおすすめです。 髪を2つに分けて下の方で簡単なお団子をするだけでも印象が変わります。 セミロング・ロング ニット帽を深くかぶっても浅めにかぶっても可愛くかぶれるのがロング・セミロングです。 「ニット帽を深くかぶる・浅めにかぶる」「前髪を出す・隠す」「耳を全部出す・サイドに髪を流して半分耳を出す・耳を出さない」のどの組み合わせでも可愛くできます。 その日のコーデに合わせてかぶり方をアレンジしましょう。 前髪の出し方や分け方は印象が変わるのでとても大事です。 前髪の分け方を変わたり流してみたり一番可愛く見えるところを探しましょう。 セミロングやロングではヘアアレンジを変わると同じニット帽でも印象が変わります。 ゆるい三つ編みにしたり、2つ分けにしたり、ざっくりとした一つ結びでも可愛いですね。 ニット帽はヘアスタイルを問わず使えるコーデアイテムです。 かぶり方を少し工夫するだけでコーデがさらに可愛くなるのでぜひ取り入れてみてください。 ...

色で選ぶ!自分に合った女の子用コートの選び方

“色”で選ぶ!自分にあった女の子用コートの選び方

秋から冬にかけて必ず1着は準備したいコート。 小学生の女の子は成長が早く、1~2年でコートが着られなくなり買い換えが必要の機会が多くなります。 高学年になると、自分の好みが決まってくるので選ぶ際、迷うということは少ないようですが、やはり普段からお子様を知っている親のアドバイスは大切ですね。 実は、第一印象は3~5秒程度で決まり、その要素として色は影響力が高いと言われています。 たくさん洋服を持っているおしゃれ女の子向け、着回しが効くのは何色のコート? コーディネートを楽しむ、おしゃれな女の子はたくさん洋服を持っています。 そのため、着回しが効く色としてベーシックカラーのベージュ、紺、グレーが人気です。 ベージュは女の子らしく、優しく、温かい雰囲気が出ます。 紺は清楚で、賢く、しっかりしている印象を与えます。 グレーは大人っぽい雰囲気が出るので、濃い目のグレーより、白に近いグレーを選ぶとより純粋な感じを与え、女の子向けでしょう。 元気をアピールしたいアクティブな女の子にはどんな色のコートがいい? 小学生の頃に挑戦しやすい元気をアピールしたいアクティブな女の子には、黄色、オレンジ、赤が良いでしょう。 黄、オレンジ色は明るく、元気で活発な印象を与えます。ビタミンカラーとも言われています。 赤は情熱的でエネルギッシュな感じを与えます。一部に赤が入っても印象が残りますね。 大人になると着る機会が少なくなるので、小学生のうちに挑戦し、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか? 可愛いイメージを大事にしたい女の子にはどんな色のコートがいい? 可愛いイメージを大事にしたい女の子には、ピンク、白が良いでしょう。 ピンクは可愛い、素直、優しい雰囲気を作り、一番女の子らしい色です。 白は、純粋で清楚な印象を与え、少女らしい可愛い雰囲気が出ます。 ピンクや白のコートに花柄模様が入っていると、より可愛らしさが増すでしょう。 ...

【小学生】夏はどんなファッション(服装)がおすすめ?

【小学生】夏はどんなファッション(服装)がおすすめ?

小学生のお子さんがいる親御さんにとって、子供の洋服選びは自分の洋服選びよりも気を使うものです。 できればお子様にとってより良いものを選んであげたいと思うのが親心ですよね。 今回は、小学生の夏の服装に的をしぼって、どんな服装が良いのか、注意すべき点とともにご紹介させていただきます。 ■小学生の夏はどんな時期? 小学生の夏といえば、プールの季節ともいえるでしょう。 プールに入るためには、水着に着替えなくてはなりません。 水着に着替える際、また水着から私服に着替える際は、いろいろと手間取ることもあると思います。 普段の体育の授業の際にもいえることですが、小学校低学年の子の場合、ボタンが多い洋服や脱ぎにくい洋服は、着替えに手間取ってしまうことがあります。 そのため、やはり脱ぎ着しやすい服装であることが良いと思います。 親御さんとして、ボタンが少ない洋服や、伸縮性のある洋服を選んであげると良いといえるでしょう。 ■小学生の夏におすすめなファッション(服装)はどんなもの? 小学生は、大人と比べても活動量が多く、体育の授業以外、ほとんどの時間を私服で過ごします。 昼休みや放課後の時間も私服で外を走り回ったりしますので、やはり動きやすい服装であることが大前提となるでしょう。 また、体育の授業で体操服に着替えたり、プールの授業で水着に着替えたりと、着替えることを考えると、上下が分かれているお洋服ですと着替えもスムーズに行えるかと思います。 動きやすい服装であること、脱ぎ着しやすい服装であること、この2つの他に忘れてはならないのが、汚れても大丈夫な服であることです。 子供はとにかく動きまわり、汗をかきます。 走り回って洋服を汚すことも、食べ物で汚すこともあるでしょう。 習字や図工の授業で墨をつけてしまったり、絵の具で汚してしまったりすることもあると思います。 そんな時、洗濯機で洗えないようなお洋服では大変ですよね。 汚しても気にしなくてすむ、洗える素材であることはとても重要です。 また、汚れが目立たない色のお洋服を用意するのもおすすめです。 ■注意すべき点は? 夏は他の季節に比べて汗をよくかきます。 汗をかいた体をそのままにしておくと体が冷えてしまいます。 できれば着替えがあるといいですよね。 また、場所によっては冷房が強めにきいているところもありますので、上着をもたせてあげると良いでしょう。 女の子の場合、肌の露出も気になるものです。 暑いからといって、あまりにも肌を露出する服装はおすすめできません。 下着を着用したり、丈が短すぎるものを避けたりと、親御さんが気をつけてあげてください。 以上、小学生の夏の服装についてご紹介させていただきました。 これから迎える夏の季節を快適に過ごせるよう、少しでも参考になれば幸いです。 ...

小学生】秋はどんなファッション(服装)がおすすめ?

【小学生】秋はどんなファッション(服装)がおすすめ?

少し肌寒くなってくる秋は、服装選びも悩みますよね。 温度調節が難しい季節は、特にお子様の服選びも難しいものです。 今回は、そんな秋にどんな服装をすべきなのか、小学生のお子様をお持ちの親御さん向けにご紹介させていただこうと思います。 ■小学生の秋はどんな時期? 徐々に肌寒い日が増えてくる秋は、衣替えの季節でもあります。 学校などでは10月1日に冬服に移行することが多いようですが、多くの小学生は私服通学である場合が多いため、明確な切り替え時期はありませんが、9月になると衣替えを意識するご家庭が多いようです。 また、秋といえば遠足や運動会など、学校の行事が多い季節でもあります。 それぞれの行事に適した服装で参加させてあげたいものです。 ■小学生の秋にすすめなファッション(服装)はどんなもの? 秋になれば、やはり上着が必要になってきます。 昼間は半袖でも平気な日も多いでしょうが、登下校時や、少し気温が低い日にはやはり余計に1枚羽織るものがあるといいでしょう。 活発に動きまわることの多い小学生には、ジャケットなどのカッチリとした上着よりも、ジャンパーやカーディガン、セーターなどがおすすめです。 低学年の場合は、セーターなどの被りものよりも、簡単に羽織れるカーディガンやジャンパーなどがいいかもしれません。 また、前面がボタンのものよりも、ファスナーのものの方が簡単に脱ぎ着できていいでしょう。 そして、やはり洗えるものであることも重要です。 夏と違ってあまり汗をかかないかというと、そうでもありません。 子供は大人と比べて体温も高く、よく動くため、大量に汗をかきますので、秋物でも洗える洋服を選びましょう。 ■注意すべき点は? 秋は、昼と夜の気温差が大きい日が多く、大人でも服装に悩んでしまいますよね。 子供の場合、夢中で走り回った後に、すっかり汗が引いてしまって風邪をひいてしまうなんてことも少なくありません。 そうならないためにも、薄い羽織るものを一枚持たせてあげるようにしましょう。 あまりかさばるものや、重い上着だと子供の負担にもなってしまうため、軽めのものがいいでしょう。 以上、小学生の秋の服装について、ご紹介させていただきました。 秋と一言にいっても、日によって気温は様々です。 その日の気温に合わせて、お子様と相談しながら適した服装を考えてあげるようにしましょう。 ...

小学生(高学年の女の子・男の子)は結婚式にどんな服装・靴・靴下がいい?スニーカーは?

結婚式にお呼ばれした際、どんな服装で行くべきか悩みますよね? 大人でも悩む結婚式の服装ですが、お子さんの服装はどんなものがいいのでしょうか。 お子さんと一緒に参加するのが初めてという方はとても頭を悩ませる問題です。 ここでは、小学校高学年のお子さんが結婚式に参加する際、どんな服装がいいのか、靴・靴下についても簡単にご紹介させていただきます。 ■結婚式には、一般的にどんな服装で行くべきなのか? 結婚式はフォーマルな場です。 いくら親戚としてや友人として親しい間柄であっても、祝いの場にふさわしい服装での参加が求められます。 結婚式のスタイルにもよりますが、会社関係の方をお招きしていることも多いと思います。 また、お相手のご家族・ご親戚と初めて顔を合わす可能性もあります。 場にそぐわない格好で参加してしまうと、招待していただいた新郎または新婦に恥をかかせてしまうことにもなりかねません。 そうならないためにも、結婚式という祝いの場にふさわしいマナーを守った格好を心掛けましょう。 今では結婚式のスタイルも様々です。 普段着よりもフォーマルであることはもちろん、どういったスタイルの結婚式なのかもきちんと確認すると良いでしょう。 ■小学校高学年の女の子は結婚式にはどんな服装・靴・靴下がいい? では具体的に女の子と男の子に分けて、どんな格好が適しているのか見ていきましょう。 まずは女の子ですが、スーツ・ワンピースが一般的です。 ドレスも可愛いですが、主役は新婦さんなので、あまり派手すぎるドレスは避けた方が良いといえるでしょう。 靴はできるだけスニーカーなどのカジュアルなものは避け、フォーマルな革靴や、エナメル調靴を用意しましょう。 フォーマルな靴は、あまり履く機会がないお子さんも多いかもしれません。 結婚式のために購入される方は、少し大き目の靴を買うのが良いかもしれません。 靴下は白色が定番です。 また、制服のある小学校に通われているお子さんは、制服でOKです。 ■小学校高学年の男の子は結婚式にはどんな服装・靴・靴下がいい? 男の子はスーツ、またはブレザーとズボンスタイルが一般的です。 半ズボンでも長ズボンでもOKです。 蝶ネクタイをするだけで、あっという間にフォーマルな雰囲気になります。 靴はフォーマルな黒の靴がいいでしょう。 靴下も女の子と同じような白い靴下がおすすめです。 上記は一般的なケースとなります。 親族側での参加なのか、お友達としての参加なのかによっても若干変わってきます。 フラワーガールなどをお願いされた場合も、求められる服装は変わってきます。 そういった場合は、一度主催側に確認するようにしましょう。 また、結婚式はそう頻繁にあるものでもありません。 お洋服の購入を悩まれている方は、ご親族やお友達で同じような経験をされている方もいると思いますので、一度相談してみるのも良いでしょう。 おさがりを借りられたり、服装についてのアドバイスをいただいたりできると思います。 お祝いの場に適した服装で、結婚式を楽しんできてくださいね。 ...

小学校入学式(女の子・男の子)はどんな服装・靴・靴下がいい?

暖かくなり、春が近づくと、いよいよ入学式の季節ですね。 桜の開花も気になりますが、お子様の入学式は親御さんにとっても一大事です。 特に小学校に入学されるお子様をお持ちの親御さんは、入学式にどんな服装を用意すればいいのかお悩みの方も多いと思います。 小学校は私服の学校が多いので、中学校のように制服というわけにはいきません。 できることなら、可愛いわが子にぴったりの服装を選びたいものです。 ここでは、そんな小学校の入学式の服装について、どんな服装や靴がいいのか、女の子と男の子とそれぞれ見ていきましょう。 ■女の子の小学校の入学式はどんな服装・靴・靴下がいい? 女の子の定番スタイルといえば、ワンピースとブレザーこの2つのスタイルでしょう。 ワンピースにはボレロをあわせて、ブレザーにはスカートのスタイルですね。 色で人気なのは、紺や黒、白の定番カラーに女の子が好むピンクです。 女の子をお持ちの親御さんは、わが子をより可愛くさせたい!という思いをお持ちかと思いますが、派手すぎるドレスなどはあまりおすすめできません。 もちろんスカートでなければならないということもありません。 パンツスタイルでも問題ありません。 お子さんの好みも、派手すぎなければ取り入れても良いでしょう。 靴は革靴でもスニーカーでも大丈夫です。 写真を撮る際だけ革靴を履かせてあげるお母さんもいます。 靴下については、タイツでもハイソックスでもお好みで大丈夫です。 地域によっては、まだ寒いところもあるため、タイツを履かせてあげる親御さんもいらっしゃいます。 ■男の子の小学校の入学式はどんな服装・靴・靴下がいい? 男の子は女の子に比べるとバリエーションが少なくなってしまうかと思います。 定番のスタイルは、ブレザーに半ズボンのスタイルでしょう。                ほとんどの子はこのスタイルかもしれません。 選ばれる色は紺色が多いようですが、黒やグレーなども人気があります。 靴は黒色の靴を履くのが定番です。 革靴でももちろんいいですし、最近は、後々にも履けるようスニーカーを選ぶ方も増えているようです。 靴下も黒が一般的といるでしょう。 昔は白の靴下が定番でしたが、今は靴や服装にあわせて黒や紺が人気です。 ■入学式用の服を選ぶ際に注意したいこと 男の子でも女の子でも共通していえるのは、カジュアルすぎないことです。 個性を出すのは大切ですし、お子さんに似合う服を選ぶのはもちろんなのですが、入学式はフォーマルな場です。 ジーンズやデニム生地は止めておきましょう。 また、華美すぎるドレスも控えたいところです。 まわりの親御さんの目もありますので、常識の範囲内をおすすめします。 デパートなどの子供服売り場には、この季節になると入学式スタイルのお洋服が並んでいますので、そちらを参考にしてみるのもおすすめです。 いかがでしたでしょうか。 こちらでご案内したものは、一般的に人気のあるスタイルとなりますが、少しでも参考になれば幸いです。 ...