「BANACHI MODELS」インタビュー:7人の現役モデルたちが語る、BANANA CHIPSの魅力とは

「BANACHI MODELS」インタビュー:7人の現役モデルたちが語る、BANANA CHIPSの魅力とは キッズブランド「BANANA CHIPS」は、2002年からスタートしました。通称『BANACHI(バナチ)』と呼ばれ、オシャレに敏感なキッズたちの支持を集めています。 テレビ、雑誌などのメディアに取り上げられることはもちろん、マンガやゲームなど多彩なジャンルアイテムともコラボを展開。そのワンランク上のデザインと、他を圧倒する豊富なアイテム数で、多くのキッズたちを魅了しています。 今回は「BANACHI MODELS」(バナチモデルズ)に所属する7人の現役トップモデルたちにインタビュー。それぞれ、ブランドアイテムやお仕事の魅力について語ってもらいました。 左から永島悠愛ちゃん、和田実優那ちゃん、古川結凪ちゃん、木原彩華ちゃん、立石想菜ちゃん、岩﨑真侑ちゃん、福田結未ちゃん 1.BANACHI MODELSの魅力 「BANANA CHIPS」の最前線で活躍するキッズモデルたち、「BANACHI MODELS」(バナチモデルズ)。カタログの誌面や、KODOMO LANDなどのウェブサイトで活躍しています。さらに、関西コレクション(関コレ)・TGC・ガールズアワードなど、大きなレディースファッションショーへ出演するチャンスも。 動画:DEKØRA 関西コレクション 2017 SPECIAL STAGE 「関コレのステージは特に大きいので、緊張もあります。でも、『楽しもう!みんなでがんばろうー!!』という気持ちになります」(岩﨑真侑) 「初めてのショーでは、せっかく自分で考えたポーズを忘れたりした事もありましたが、何回も出演するうち、しっかり覚えられるようになりました」(和田実優那) 大人のモデルのポーズを真似たり、アレンジしたりするという、研究熱心な彼女たち。服のコーディネートはもちろん、メイクも自分たちでやるそうです。大きな舞台を自らの力で自由に形作れるのも、MODELSになる醍醐味の一つ。また、ステージを見てくれるのは会場にいるお客さんだけではありません。 「本番のときは、Instagram Live(ネット中継)も配信されて、友達などたくさんの人が見て、コメントしてくれます」(永島悠愛) 「今日は表情がすごくよかった、姿勢や歩き方がキレイだったなど、今後につなげられる感想がもらえるので好きです」(木原彩華) ちなみに、皆さんがMODELSを目指したきっかけは? 「阪神百貨店の子ども服売り場のファッションショーで、BANACHIのスぺシャルステージを見たのがきっかけです。そこに出演されていたMODELSの方々を見て、『こんな大先輩の方々のように服を着たい』と思いました」(木原彩華) 「福岡のキャナルシティで手に入れたBANACHIのカタログに、当時からMODELSだった岩﨑真侑ちゃんがでているのを見て、この子みたいに輝いた人になりたいと思いました。オーディションで合格するため、キレイにお洋服が着られるように体型維持にも気を付けました!」(立石想菜) みんなの前で、ステキな服を着た自分の姿を披露したい。またそれ以上に、憧れのMODELSがいるとすれば、彼女たちと共にステージに上がることは何にも代えがたい喜びになります。 2.MODELSが伝えるBANANA CHIPSの魅力 「BANANA CHIPS」と他のブランドの違いは? 「オシャレな気持ちになれる」(福田結未) 「高級感」(永島悠愛) 「気持ちが大人っぽくなって、いつもと一回りも二回りも違う自分になれる」(木原彩華) コンセプトは「日常の贅沢」。素材やシルエットにこだわり、最先端のファッションも取り入れながら、独自のデザインで数々の服を生み出しています。 「肩を出したり、お腹を出したり、セクシーな感じが好き」(古川結凪) 「シースルーやヒョウ柄など、大人の服にしかないような、かっこいい系や、かわいい系、ガーリー系など幅広くあります。ジーンズにもハートの穴が空いているなど、他のキッズブランドにはないようなデザインの服が着られてうれしいです」(立石想菜) また、「自分の個性や持っている服と合わないのでは?」と不安になった方も、ご安心ください。 「例えば同じデニムのスキニーでも、色の明るさなど種類が選べます。いま私が着ている黒と赤の服にも、白と赤など別のバリエーションがあり、自分の個性に合わせて自由に組み替えられます」(木原彩華) 「セクシー系だけじゃなく、先日の『大きなキッズ』ファッションショー【TTKC】で木原彩華ちゃんが着たドレスなど、お上品なのもあるんですよ」(古川結凪) ジャンルやカラーバリエーションなどが豊富にそろった服。加えてバッグなどの細かいアイテムも多数のBANACHIには、「無いものは無い」と思わせるほど。自分がブランドに染まるのではなく、ブランドを自分の個性に合わせて着こなせるのが、BANACHIが特別と呼ばれる理由なのです。 もちろん、周囲への影響力もバツグン。 「お父さんにも『その服かわいいね、かっこいいね』と言ってもらえます」(福田結未) 「大阪市内を歩くと、おばちゃんたちから『あの子、ちょっとおしゃれじゃない?』など言ってもらえて、うれしいです」(和田実優那) BANACHIを着れば、街中もファッションショーの舞台に早変わりしてしまうかも。 3.MODELSになって楽しいこと&できることなど 2014年より、「BANACHI MODELS」はavexと共同施策を開始。ファッションショーのウォーキングはもちろん、ヴォーカルや演技などのレッスンも受けられるところが魅力の一つとなっています。 「カタログモデルに合格して、MODELSの先輩や、同級生、私より小さい子など、みんなと仲良くなれました」(永島悠愛) 同じ仕事をするメンバーや、ユニットを組む仲間など、友情や絆が生まれるのも「BANACHI MODELS」ならでは。なかなか引っ込み思案で友達ができない方も、MODELSになれば、変わることができるハズ。 さらに有名芸能人の方との共演も。「ガールズアワード」ではトップモデルの藤井リナさんがMODELSと共演されるなど、憧れのあの人に会えるチャンス! 動画:Girls Award2015 『BANANA CHIPS STAGE』 また、「子供たちの夢と目標を応援する」プロジェクト、「ハラ塾メイト」に所属するMODELSたちも多数。 「『ハラ塾メイト』が主催したガールズユニットのオーディションに合格し、いま『ハラ塾DREAM MATE』のリーダーをやらせていただいています」(木原彩華) 「趣味でやっているDJのパフォーマンスを、【無料配信アプリ】『SHOWROOM(ショールーム)』でみんなに見てもらえてうれしいです。感想もリアルタイムでもらえます」(古川結凪) ここではさまざまな個性が発揮できます。ファンができて、みんなに応援してもらえ、もうすでに芸能人! 「『ハッピーママフェスタ』というイベントで、芸能人の千原ジュニアさんと一緒に大喜利をやりました」(古川結凪) 着るだけで一歩オトナになれる、「BANANA CHIPS」。そしてMODELSになれば、叶えられないと思っていた夢にもぐっと近づけるチャンスです。 「みんなと違った服を着たいんだったら、BANACHIを着てほしいなっ!」(古川結凪) ...

子供服(女の子)の通販でアウトレットやセールがあるブランド5選

子供の成長はあっという間で、この間購入した洋服がもう小さくなってしまったなどよくあることですよね。 そんな子供服の購入は親御さんにとって、楽しみでもあり頭を悩ませる問題でもあります。 特に女の子の場合、流行に敏感だったり、好みがはっきりしてきたりと、洋服に対する関心は男の子より強い場合が多いですよね。 わが子に似合う、可愛い洋服を買ってあげたいけれど、できれば費用も抑えたい! そんな親御さんの強み味方となるのが、アウトレットやセールです。 ここでは、お忙しい親御さんがいつでも購入できる通販で、アウトレットやセールがあるブランドを5つほどご紹介させていただきます。 RONI(ロニィ) ラグジュアリーでスウィートな女の子の服といえばこちらのブランドです。 女子小学生に人気のファッションブランドであるRONIは、全国に直営店舗が北は北海道、南は福岡まであります。 またその他、取扱店舗は全国多数あり、多くの雑誌でも取り上げられています。 ・RONI(ロニィ)のアウトレットはこちらから https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=52 BANANA CHIPS(バナナチップス) 「日常の贅沢」がコンセプトの、ちょっと背伸びをしたい女の子向けのブランドであるBANANA CHIPSは、素材やシルエット、ディティールにもこだわった、大人テイストのお洋服がたくさんあります。 ちょっとゴージャスなデザインがポイントの、大人顔負けのラインナップが魅力的です。 ・BANANA CHIPS(バナナチップス)のアウトレットはこちらから https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=48 DENIM DUNGAREE(デニムダンガリー) 1992年にスタートした人気のアメカジブランドのDENIM DUNGAREEは、こだわりの加工と洗練されたデザインが魅力のブランドです。 ちょっと懐かしい、古き良きアメリカンヴィンテージを感じられる定番ものから、ニュースタイルまでアメカジスタイルを楽しむならここで決まりです。 ・DENIM DUNGAREE(デニムダンガリー) のアウトレットはこちらから https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=59 GO TO HOLLYWOOD(ゴートゥーハリウッド) カジュアルヴィンテージスタイルを基本としたオリジナリティ溢れるデザインが人気のGO TO HOLLYWOODは、キッズサイズだけでなく、レディースサイズも人気のブランドです。 流行に左右されず、個性を大切に自由にさりげなく着こなせるアイテムは、お子さまにも親御さんにも大人気です。 ・GO TO HOLLYWOOD(ゴートゥーハリウッド) のアウトレットはこちらから https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=60 GROOVY COLORS(グルービーカラーズ) 音楽やアート、ストリートカルチャーをベースにしたスタイルを提案するGROOVY COLORSは、自分だけのオリジナルが作れるようなカスタム感覚を大切にしています。 洋服に好きなバッジをつけてみたり、絵や文字を描いて自分だけのオリジナルを作れたり、そんな手作り感覚を表現したブランドです。 ・GROOVY COLORS(グルービーカラーズ) のアウトレットはこちらから https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=61 ブランドの直営サイトなどでは、セール時期が終了すると商品が購入できないことも多いですが、KODOMOLAND(コドモランド)では、セールやアウトレットコーナーが設けられており、過去に販売していた商品もお値打ち価格で購入できる場合もあります。 お気に入りの商品がお得なお値段で購入できるかもしれません! ぜひ一度、チェックしてみてくださいね。 ...

RONI STYLING CONTESTVol.11 FINAL REPORT(ロニィ スタイリングコンテスト)

皆さん「RONI(ロニィ)」ってご存知ですか。 小学生を中心に「ラグジュアリーでスウィート」をコンセプトにモデルサイズの「カワイイ」服をプロデュースしているブランドなのです。 「自分をステキに演出したい!!」と思っている女の子たちが自分のサイズにジャストフィットした服を組み合わせて表現できる服、それが「RONI」です。 全国に広がるRONIっ子ちゃんたちが実際にRONIの服をコーディネートして応募するコンテスト、それが「RONI Styling Contest」です。 「RONI Styling Contest」inお台場 VenusFort   今回で11回目になりました「RONI スタイリング コンテスト ファイナル」 会場はおなじみの東京お台場のヴィーナスフォート内教会広場。 2017年2月18日(土)、北は北海道から南は九州までのRONI 大好きっ子ちゃんたちが一所懸命、趣向を凝らしたスタイリングで集まってくれました。 コンテスト応募総数は2000通に達し、選考の結果74人のキラキラしたRONIっ子ちゃんたちがファイナルに出場。 小さいお子さんはなんと3歳!一番年上のお子さんでも13歳。 思い思いに着飾ったRONIっ子たち。 みなさん、緊張の中でもキラキラ輝いていました。 地元のRONIショップでショップのお姉さんやお母さんと相談して、たくさんのラグジュアリーでスィートな服の中から自分に合うRONIコーデを作って応募してくれました。 当日は12時から受付開始。 受付前にはウェルカムボードが設置され、みんな晴れのこの日を記念写真。 受付で自分の名前の入ったパスを受け取り会場へ入ります。 会場の前にはグランプリや準グランプリのティアラやドレープがお出迎え。 みんなこれを着るんだという、自信に満ちた目で眺めていたのが印象的でした。 RONI STYLING CONTEST Vol.11 ウェルカムボードで記念撮影 グランプリや準グランプリのティアラやタスキがお出迎え   そしてコンテスト開始。 スペシャルゲストとして「RONI GIRLS」と「ロニぴょん」が来てくれました。 ロニぴょんとRONI GIRLSのうみちゃんがウォーキングのお手本をご披露。 ファイナリストのみなさんの目つきも変わり、真剣なまなざし。 後姿のRONIぴょんもステキでしたよ(^^♪ スペシャルゲスト「RONI GIRLS」と「ロニぴょん」が登場   さて、いよいよドキドキの審査が始まります。 ファイナル出場者はひとりずつ出てきてポーズ。 そして、今日のコーデのポイントを一言アピール。 最後にもうワンポーズして審査員にアピール。 さすがにRONIが大好きなRONIっ子たち、RONIの着こなしが抜群でした。 堂々としたモデル顔負けのポーズに感激したり、出場した子たちみんながそれぞれ自分のコーディネートに関する考えをしっかり持っていて素晴らしいコンテストでした。 中には初めてスポットライトを浴びて緊張してしまったのか、マイクを向けられると一言も話せなかったRONIっ子。最後に大きく「こんにちは!」と声を発したときは、緊張の中見守るお父さん、お母さんたちからも笑顔がこぼれていました。 アピールが終わってみんなで記念写真   74人全員のアピールが終わったところで審査員のみなさんは誰にどんな賞をあげるか検討のため退席。 このとき、なぜか審査員のみなさんは難しい顔をされていたのが印象的でした。 この予感は後になってあたります。 審査員のみなさんが入賞者を検討している間、みんなのあこがれ「RONI GIRLS」のダンスパフォーマンスが始まります。 RONIファッションでキメた11人のダンサーがモデルのポージングを取り入れたキレキレのダンスでみんなの目を釘付けに。 全国から集まったRONIっ子ちゃんたちがひとつになって、「RONI」のブランドの持つ訴求力と世界観が体感でき、参加したみんなへ笑顔や勇気を届ける素晴らしいステージでした。 「RONI GIRLS」のダンスパフォーマンス   そして審査結果を待ちます。 その審査の間、RONIっ子たちは初めて会う仲間と仲良くなるために、かわいいプレゼントをたくさん用意して「プチプレ交換」を行います。 言葉少なくプレゼントを交換するお子さんもいれば「そのコーデ、かわいい」と積極的にコミュニケーションをとるお子さんもいます。 中にはこのコンテストで再会することを楽しみにしていたRONIっ子たちは会場内で顔見知りを探します。 これも彼女たちが共有する「RONIコーデ」マジックなのでしょう。 しかし待っても、待っても審査結果が届きません。 なかなか入賞者が決められず審査員の方が困惑している? 司会の方もどうして良いのか、かなり心配しているようです。 発表スケジュールが大幅に遅れる中、やっと審査報告が届きました。 誰が賞をもらったかな……   [RONI賞] あさかわ あかりちゃん よしすじ あんちゃん [ルーキー賞] かしわばら ここあちゃん しばた れなちゃん [レジェンド賞] すずき みゆちゃん みなみの えがおちゃん [ベビー&トドラー賞] じょうくら みこちゃん [RONI WORLD賞] ふなき さくらちゃん [ハラ塾メイト賞] もり みゆうちゃん ふじかわ さざらちゃん [コドモランド賞] おおむら すももちゃん [RONI GIRLS賞] さとう ゆらなちゃん [準グランプリ賞] えんどう ひとみちゃん そして栄えある第11回のグランプリは…… [グランプリ賞] やまなか ななみちゃん ななみちゃん、グランプリ受賞おめでとうございます。 なかなか入賞者が決まらなかった理由がわかりました。 この子にもあげたい、あの子にもあげたいと、賞が足りないくらいみんなが素晴らしかったそうです。   そこで急きょ、その場で賞が追加されました。 [特別会長賞] かたやま るなちゃん [カタログモデル賞] たかはし めいちゃん なかごみ こころちゃん ふるの ひまりちゃん   突然の賞追加で賞状や盾も用意できません。 それでも入賞者のRONIっ子たちが次々にエントリーナンバーと名前を呼ばれていきます。 涙をためて我慢するRONIっ子、笑顔で一杯の受賞したRONIっ子、ファイナリスト発表から当日の出場まで本当に大変でしたね。 入賞者の方々おめでとうございます。 そして入賞を逃し残念だった子もステージではみんな輝いていましたよ。 そして会場に来ていたお父さん、お母さんたちの精一杯の熱い応援、会場の熱気として伝わっていました。 みなさんのバックアップと愛情が感じられるとても暖かい素晴らしいコンテストでした。 どのRONIっ子も心からファッションを楽しんでいることがわかり、この中からも将来ファッションリーダーとしてモデルやファッション業界を目指すのか、とても楽しみになる日でした。 入賞者のみんなで記念撮影   最後にロニぴょんからのコメント 『本当にみんなかわいかった(ハート) またみんなに会えることを楽しみにしてるぴょん!!』 と目をキラキラさせながら語ってくれました。 1シーズンだけの流行で終わらせない、常に新しいRONIスタイルを作り出す気持ちはいつもみんなに届いていると信じて、これからも「ラグジュアリー&スィート」を発信し続けます。 人の手を借りないRONIスタッフだけの手作りのコンテストイベント「RONI スタイリングコンテスト Vol.11 ファイナル」。おかげさまを持ちまして、無事、盛況のもと終えることができました。 ありがとうございました。   次回「RONI スタイリングコンテスト Vol.12」のエントリーが開始されました. みなさまからのエントリーお待ちしております♪♪ ★RONI STYLING...

小学生の男の子の服はどこで買う?

小学生の洋服選びはお母さんにとっては、なかなか大変なお仕事です。 デザインはもちろん、遊び盛りの男の子は、動きやすさや着心地も大切です。 小学生の男の子の洋服はどこで買うのがいいのでしょうか。 ここでは、小学生の洋服を買うのにおすすめな方法を、3つほどご紹介させていただきます。 ■実際に見て買える店舗 "洋服を買う"方法として、一番最初に思いつくのは、実際の店舗で買う方法ですよね。 実際に色合いを見て確かめることもできますし、試着もできますので、買ってみてサイズやイメージが違ったなどと返品する手間も省けます。 下記は小学生のお子様がいる親御さんがよく買い物にいくお店の一例です。 ・GAP・・・アメリカ発のブランドで、 リーズナブルでカラフルなカジュアルスタイルが人気です。 ・H&M・・・スウェーデン発のブランドで、有名デザイナーとのコラボレーション企画なども積極的におこなっています。 ・ユニクロ・・・大人から子供まで誰もがしっているといってもいい、日本発のファストファッションブランドです。 ■オンラインネットショップで買う ネットでお買い物をするのもここ数年で当たり前になりました。 オンラインショップは、実際にお店にまで出掛ける必要がないので、忙しいお母さんたちの強い味方です。 また、24時間買い物ができますので、思い立ったタイミングで買い物できるのも嬉しいですよね。 子供服専門のオンラインショップ コドモランド:ブランド子供服のオンラインセレクトショップ https://kodomoland.jp/ 下記のようなブランドのお洋服が買えます。 「ジェネレーター(GENERATOR)」・・・大人がうらやむ子供服をコンセプトとした、細身のシルエットが素敵な子供服ブランドです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=24 「スムージー(Smoothy)」・・・パパが考える子供をコンセプトとした、トラッド・ワーク・ミリタリーをベースとしたお洋服が多いブランドです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=32 「コンベックス(CONVEX)」・・・オリジナルキャラクター「ミュータン」をはじめ、さまざまなコラボアイテムが人気のブランドです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=19 ■フリーマーケット お時間があるなら、フリーマーケットでのお買い物もおすすめです。 実際に実物を見て選ぶことができるので、サイズを間違って買ってしまうこともありません。 もちろん中古品になるので、定価より安く手に入れることができます。 直接値段交渉できるのも、フリーマーケットならではのだいご味ですよね。 上手くいけば、破格の値段で手に入れられるかもしれません! フリーマーケットの開催場所は、公園や、ショッピングモールの駐車場、道の駅や競馬場の駐車場などさまざまです。 フリマアプリもありますので、興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。 以上、小学生の男の子の洋服を買うのにおすすめな3つの場所をご紹介させていただきました。 いろいろと試していただきながら、ライフスタイルに合った方法をみつけてくださいね。 ...

小学生(JS)かわいい服のブランド6選

小学生になると、自分の好みがでてきたり、周りの子がどんな洋服を着ているか気になったり。 親御さんとしては、どんな洋服を着せてあげればいいのか悩みどころでもありますよね。 そんな親御さんのために、今回は小学生におすすめのかわいい服のブランドを6つご紹介します。 ■butterfly(バタフライ) ママタレントとして有名な乙葉さんがプロデュースしているキッズブランドです。 遊び心のあるsweetなガーリッシュスタイルを提案しています。 普段着としてはもちろん、ジャケットやワンピースなどのお出かけスタイルが中でも大人気! 身長100センチから140センチのサイズ展開となっています。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=3 ■SweetRoom1ST.(スイートルーム) ちょっぴり背伸びをしたい女の子にぴったりなこのブランドは、そのお店の雰囲気も魅力の1つですよね。 まるでゴージャスなホテルのスイートルームのようなお店に、大人顔負けのアイテムがそろいます。 東京の代官山に店舗があります。 https://kodomoland.jp/shop/user_data/sweetroom.php?maker_id=4 ■バナナチップス 「日常の贅沢」がコンセプトの、ちょっと背伸びをしたい女の子向けのブランドです。 素材やシルエット、ディティールにもこだわった、大人テイストのお洋服がたくさん! 大人が着てもおかしくないようなちょっとゴージャスなデザインがおすすめです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=2 ■roni(ロニィ) ラグジュアリーでスウィートがテーマのブランドです。 まるで雑誌からとびだしたモデルのよう!? 自分をよりかわいく素敵にみせたい!そんな女の子に大人気です。 多くの雑誌でも取り上げられている、女子小学生に人気のファッションブランドで、全国に直営店舗があり、北は北海道、南は福岡まであり、取扱店舗は全国に多数あます。 https://kodomoland.jp/roni/ ■ジディ(ZIDDY) かっこいい女子におすすめなのがこのジディ(ZIDDY)です。 甘すぎないテイストのお洋服は、かっこいい女の子にぴったり。 ロックテイストやちょっと辛口アイテムが甘辛テイストでちょうどいいと人気があります。 ■GRAND GARCON(グランギャルソン) モード系の子供服という、他にはなかなかないテイストのブランドです。 親御さんもおそろいで欲しくなるような、大人顔負けのトレンドを意識したデザイン性となっています。 シンプルでありながら、こだわりのあるデザインが強みといえるでしょう。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=25 以上、小学生のかわいい洋服ブランド6選でした。 この他にもかわいい子供服ブランドはたくさんありますので、ぜひお子様とお気に入りの1つを見つけてくださいね。 ...

小学生の女の子(JS)に人気の(服)ファッションブランド6選

JKが女子高生と呼ばれていると理解できるようになったと思ったら、最近は小学生の女の子をJSなんて呼ぶ時代。 時代の流れはほんとに速いものです。 さて、そのJS(女子小学生)ですが、小学生にもなると女の子は自分の好みがでてきたり、まわりの流行を敏感に感じたりと、女の子としてファッションへの意識が強くなってきますよね。 そんな女の子の親御さんとしては、今どんな服装が人気があるのか、どのブランドが流行っているのかは知っておきたい情報かと思います。 ここでは、そんな小学生の女の子をお持ちの親御さん達のために、女子小学生に人気のファッションブランド6選をご紹介します。 ■roni(ロニィ) ラグジュアリーでスウィートなブランド。 ここのお洋服を着れば、モデルのような女の子になれるかも!? 多くの雑誌でも取り上げられている、女子小学生に人気のファッションブランドです。 全国に直営店舗があり、北は北海道、南は福岡まであり、取扱店舗は全国多数あります。 https://kodomoland.jp/roni/ ■バナナチップス 「日常の贅沢」がコンセプトの、ちょっと背伸びをしたい女の子向けのブランドです。 素材やシルエット、ディティールにもこだわった、大人テイストのお洋服がたくさん! 大人が着てもおかしくないようなちょっとゴージャスなデザインがおすすめです。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=2 ■SweetRoom1ST.(スイートルーム) 大阪の阪急うめだ店が本店である「SweetRoom1ST.」。 ちょっぴり背伸びをしたい女の子にぴったりなアイテムがそろいます。 洋服だけでなく、お店の雰囲気も素敵なブランドです。 ヨーロッパのクラシックホテルのスイートルームをイメージしたお店では、大人もわくわくしちゃいそう。 東京には代官山に店舗があります。 https://kodomoland.jp/shop/user_data/sweetroom.php?maker_id=4 ■butterfly(バタフライ) ママタレントとして有名な乙葉さんがプロデュースしているキッズブランドです。 遊び心のあるsweetなガーリッシュスタイルを提案しています。 普段着としてはもちろん、ジャケットやワンピースなどのお出かけスタイルが中でも大人気! 身長100センチから140センチのサイズ展開があります。 https://kodomoland.jp/shop/products/list.php?maker_id=3 ■Lovetoxic(ラブトキシック) 元気な女の子のブランドといえばこれ! アメカジやロック、ガーリッシュなどのトレンドをミックスして着こなすスタイルです。 カジュアルでありながらも、スパイスのきいたお洋服が多いといえるでしょう。 ■レピピアルマリオ(repipi armario) レピピアルマリオはトレンドを反映したアイテムと、ベーシックなアイテムをミックスさせ、使いやすいスタイルを提案しているファッションブランドです。 北海道から九州まで幅広く展開しています。 以上、女子小学生に人気のブランド6つを簡単にご紹介させていただきました。 お子様の好みにあったぴったりのブランドをぜひ探してあげてくださいね。...

【小学校高学年女子向け】 服のブランド6選

お子様のお洋服選びはいつでも大変なものですが、お子様が小学校高学年になると特に難しくなりますよね。 小学校高学年にもなると、自分の好みがでてきたり、周りの子がどんな洋服を着ているか流行が気になったり。 親として、どんな洋服を選んであげるのがいいのか、悩みどころでもあります。 そんな親御さんのために、今回は小学校高学年女子向けにおすすめの、洋服ブランド6つをご紹介させていただきます。...