ボーダーを使ったかわいい春コーデ

ボーダーファッションは、トレンドに左右されないから大好き!という人が多いかもしれませんね。何着か持ち合わせていると、着回しもできるため、コーディネイトの万能選手です。ここでは、ボーダーに着目して春に使えるコーディネイト術をまとめました。 ボーダーT×ゆったりボトムで活発女子に! ネイビーのボーダーTは合わせる服を選ばない万能選手。ロールアップできるビッグシルエットのボトムスを合わせて活発な女の子をイメージしました。ボーダーとデニムパンツという同系色で合わせ、トレンドアイテムであるビスチェのベージュで差し色に。モカシンもベージュでそろえると、春らしいコーデが完成します。ネイビー系のキャスケットやベレー帽もプラスすると完璧です。 ボートネックT×ホワイトデニム・白が多めのボーダーコーデ ボーダーTはボートネックで首元を涼やかに。ホワイトデニムのサロペットパンツを合わせると初夏のころのさわやかなコーデにまとまります。白の分量を多めにとることを意識すると、赤のボーダーや黄緑のボーダーなど「ちょっと合わせにくかったボーダーT」も優等生アイテムに早変わりです。ハイカットスニーカーやサロペットのポケットからちらりと見えるバンダナなどでアクセントにすると可愛さが増しますよ。 ボーダースカート×レギンスで夏らしくならない足元を作る ボーダーのスカートはちょっとだけ夏向きかな?と季節感のギャップを感じてしまうことがありますが、ボーダーのラインと同系色のレギンスを合わせると、梅春の季節からボーダースカートを取り入れることができます。パーカーTシャツとデニムジャケットなどを合わせると、肌寒い日のお散歩にも最適です。スニーカーなどを合わせてスポーティーにまとめてくださいね。 ボーダーをあえて「チラ見せ」してインナーとして使う術 ボーダーの洋服は、どちらかというとメインとして扱ってしまいがちですが、春は重ね着を楽しめるギリギリの季節です。今回はボーダーアイテムをメインとせず、ボーダーと同色のオールインワンとデニムジャケットをメインに。 ボーダーTはチラ見せのアクセントとして取り入れるおしゃれ術もアリです。この場合はボーダーのピッチは狭いものを選ぶと間延びせずにまとまります。スニーカーにはアイボリーや赤などを持ってくるとおしゃれ度が上がります。 ボーダーTはうるさく見える印象もありますが、色合いやボーダーのピッチを選ぶことでわき役にもメインにも変化してくれる万能アイテムです。特にキッズの場合、ボーダーは軽やかさや活発さを演出することもできます。春先だからこそカラフルなボーダーを取り入れてみませんか? ...

女の子必見!クラッチバッグのおしゃれな使いこなし方

クラッチバッグは、数年前にブレイクしたおしゃれアイテム。今でも気軽に持ち歩けるバッグとしてファッションアイテムには欠かせません。安価なものが多いので、いくつかテイストを変えてコーデの一つに加えてみませんか? 腕利きのママなら我が子のファッションコーデのためにクラッチバッグを作ることもできるかもしれません。ここでは、クラッチバッグをおしゃれに使いこなす方法をまとめました。 ストラップをつけて「ラフに持ってみる」 キッズ向けのクラッチバッグには、ポーチタイプの気軽に持てるものがあります。ストラップが付属されており、手首にかけてラフに持ち歩くことができます。 クラッチバッグのデザインによって、カジュアルなファッションからガーリーなファッションまで幅広くコーディネイトできます。子供の持ち物ですので、貴重品を入れるには注意が必要ですが、ファッションとしてのクラッチバッグなら、中身を入れずに持ち歩くこともいいですよ。 大きめクラッチで「ななめ掛け」 ノートなどが入るちょっと大きめのクラッチバッグには、ショルダーストラップが付属していることがあります。そのまま持つには「くったり感」があって持ちにくさを感じることもあるため、ショルダーストラップをつけて「ななめ掛け」で使いましょう。 帆布で作られたバッグが多いので、カジュアルファッションによく似合います。大きめクラッチの場合は、ブランドロゴなどを刺繍したものが多く、それだけでファッションを主張することができます。 キッズの場合、服とクラッチバッグがそれぞれ主張しあい、個性が失われてしまうことも考えられます。着用している衣服とのバランスも確認することも大事なポイントです。 変形クラッチで「インパクト先行」 クラッチバッグは「四角くてぺったんこ」というイメージがありますが、テトラ型の変形クラッチバッグなどを持ってみるのはいかがでしょうか。 基本的には、先ほど触れた「ストラップを手首にかけて」といった使い方が一番ですが、小ぶりなものであれば、クラッチバッグにカラビナを取り付けて、ベルト通しにかけて使ってみてはいかがでしょうか。ボーイッシュな感じやハードなイメージがプラスできるので、パンツスタイルのときにおすすめです。 テトラ型クラッチは、それだけで動きが出るので「誰かと違うものを身につけたい」というときにもプラスに働いてくれますよ。 クラッチバッグは、身だしなみグッズを入れておくのに便利です。いくつか準備しておくとトータルコーディネイトしやすいのでおすすめです。また、ちょっと違う持ち方をしてみることも一案です。移動ポケットのような感覚でも使ってみてくださいね。 ...

黄色をキッズコーデに取り入れる方法

見ているだけで元気になれるビタミンカラー・黄色。大人も子供も黄色は大好きという方も多いはず。けれど、ファッションとなるとどうでしょうか。特にキッズコーデとなると「幼稚園生や一年生みたい」「なんか幼く見える」というように敬遠しがちです。 また、彩度が高い色なので、コーデに黄色を取り入れることに躊躇することも。ここでは、黄色をキッズコーデに取り入れるヒントを紹介します! ボトムスに黄色を取り入れるヒント スカートやパンツなどに黄色を取り入れるときは、トップスにネイビーなどを持ってくると落ち着いた雰囲気を作ることができます。ネイビーのスタジャンやオーバーシルエットのパーカー・トレーナーなどです。ネイビーと黄色の比率を6:4くらいでまとめると、フレアースカートなどのたっぷりとしたボトムスでもキマりやすくなります。 黄色ベースのギンガムチェックやタータンチェックなどのパンツもおすすめです。ほかの差し色が入っていると、黄色メインでも引き締まって見えますよ。 トップスに黄色を取り入れるヒント トップスに黄色を取り入れる場合は、ボトムスは短めのものを選ぶといいでしょう。白やブリーチアウトデニム系のショートパンツやミニスカートはバランスよく決まりやすいですね。 黄色やマスタード系のコクーンブラウスなど、たっぷりとしたトップスと合わせる場合は、ちょっとスリムなサルエルや、ネイビーのスキニーなどが好相性。ぴったりとしたカットソーなどは、ブラックやブラウン系×花柄のワイドパンツなどと合わせてちょっと冒険してみるのも一案です。 ミルクティーブラウンなど、黄色やブラウンなどと相性が良い色合いのワッチキャップなどを合わせると、おしゃれ上級生です。 小物に黄色を取り入れるヒント なかなか購入する勇気が出ない!というのが「黄色の小物」ではないでしょうか。合わせにくいと感じるのであれば、黄色を避けて「マスタード」を取り入れてみることをおすすめします。 あえて黄色の小物を…というのであれば、ネイビーやブラウンをメインとした服装のときに、リュックや大き目のコットンバッグなどを取り入れてみると目立ちます。斜め掛けできるタイプのポシェットなども「黄色が持つあどけない感じ」を表現したいときにはおすすめです。 黄色はネイビーやブラウン、白などと相性が良いので、ボリュームとバランスを整えながらコーデをすると、大人っぽさもプラスすることができます。 赤や黒との黄色の組み合わせや、黄色とデニムサロペットの組み合わせになると「キャラクターを意識している」ととられることもあるので、まとめるときにはちょっとだけ注意したいものです。 ...

【キッズ】花柄ワンピースの着こなし術

花柄ワンピースは、柄によってはちょっと敬遠してしまうようなデザインもありますね。けれど、女の子を華やかに見せてくれる優等生アイテムです。でもなかなか着こなしが難しいという声も。ここではキッズのための花柄ワンピースの着こなし術をまとめました。 ガウンワンピースで着回し術 今マストアイテムとして紹介されている、ガウンワンピース。大き目の花柄でも小花柄でもまずは気に入った色合いをチョイスしましょう。そのままボタンをしめればフェミニンなワンピースに。 ガウンのように羽織れば、今流行のロングカーデのように着こなせます。Tシャツとスキニーに羽織ってみる、というようにカジュアルダウンも可能です。 ロングキャミワンピでリゾート風に 夏はキャミソールタイプのロングワンピがおすすめです。ブラウジングができるタイプのワンピはひもの締め具合で表情を変えることができます。夏の暑い日が続くときはバックストラップ付のものやウエッジソールのサンダルと合わせてみると、背が高く見えます。 レースのボレロカーディガンなどを羽織れば、お出かけファッションにもぴったりです。 羽織もので季節感を帳消し 花柄のワンピースは、生地や柄の組み合わせで季節感が合わずに着用を断念してしまうこともあるようです。でも、着回しできると嬉しいですね。モヘアのカーディガンや、デニムジャケットなど羽織ものを合わせてみると、季節感を帳消しできます。丈長の羽織ものはやぼったく見えてしまうので、ボレロ丈くらいの短めのものを合わせてウエストからのラインを作ってみてくださいね。 花柄ワンピ×カンカン帽でお出かけコーデ 半袖のワンピは夏の盛装に最適。紺色や黒をベースにした小花柄などは清楚に見えます。襟がついたワンピなどを選んでみると女の子らしさが増しますね。これにカンカン帽やポシェットなどを合わせると、お出かけコーデが完成。 あとはミュールに近いストラップサンダルにレースの靴下などを合わせてみると完璧です。秋や春などは、ベルベットやベロア素材のボレロなどを合わせるといいですね。 花柄ワンピは、着用するキッズの身長や体形によって「似合わないシルエット」も出てきますが、羽織れるガウンワンピやコーディネイトできるジャケットなどを選ぶことで「似合わない」というハードルを越えることもできます。手持ちのアイテムを考慮しながら、かわいい花柄ワンピの着こなしにぜひチャレンジしてみてくださいね。...

キッズにおすすめ!春のスカートコーデ4選

春になったら足元から軽やかにしていきたいものです。パンツスタイルもかわいいけれど、スカートコーデでさらに春を呼び込んでみませんか?梅春の時期から初夏に入るまで、着回しや買い増しなどでおしゃれができるスカートコーデをご紹介します。 ボーダーTシャツ×フレアスカートでプレーンな春コーデ たっぷりとしたフレアスカートは「春の軽やかさには不似合い」と言われることもありますが、チノクロスなどハリがある素材で作られたものであれば、春らしさを出すことができます。ボーダーTシャツなどを合わせると梅春時期から4月初旬まで着回しができます。 赤いハイカットスニーカーなどと合わせると、かわいらしさが増します。寒い日はベレー帽なども組み合わせてみてくださいね。 デニムのジャンスカは一年中着回しOK! デニムのジャンスカは、キッズにはマストアイテムです。トップスとの組み合わせで一年中着回しができるアイテムです。デニムのほか、ヒッコリーストライプのジャンスカなどを何枚か準備しておくといいですね。春は長そでTシャツなど、カジュアルな組み合わせで。肌寒い時期には、スカジャンなどを羽織らせると、かっこかわいいコーデにまとまります。 ミリタリー柄スカートは春にも大活躍 辛口・ボーイッシュ・カジュアルというイメージの強いミリタリー柄ですが、スカートのデザイン次第では、おしゃれコーデが完成します。たっぷりシルエットのレースTカットソーで甘辛MIXに。 白Tシャツにスカジャンを肩から羽織るといった組み合わせもかわいいですね。ミリタリー柄のスカートはタイトスカートもかわいいですが、ラップスカートなどちょっとふんわりさせたデザインもおしゃれに決まりやすいですよ。 ミニ丈のサーキュラースカートでおしゃまに ひざ上~2分丈くらいの短めのサーキュラースカートはおしゃまに見せてくれます。春はパステルカラーを選びがちですが、ビビッドなレッドやネイビーもおすすめです。肌寒い日は、デニムジャケットを羽織るとかわいいですね。 トップスはTシャツやブラウスなど組み合わせによってカジュアルにもドレッシーにも変化できるのでおすすめです。 女の子はスカートがとても大好き。春のスカートは寒いかな?と不安になってしまいママもなかなかゴーサインを出せずにいるかもしれませんが、レギンスやカラータイツなどと上手に組み合わせて春を表現してみてください。 ...

Gジャンのキッズコーデ4選

ジーンズ生地のジャケット「Gジャン」はおしゃれキッズならぜひ丈や色を変えて持っていてほしい万能アイテムです。ガーリーやスポーティーなどいろいろな色を出せるコーデを楽しめます。 ここでは、Gジャンをメインに、おすすめのキッズコーデを4つピックアップしてご紹介します。 Gジャン×パーカーで普段着コーデ Gジャンは、レイヤードスタイルにもってこいのアイテムです。特にカジュアルファッションの王様・フード付きパーカーとは絶対的好相性です。普段着でもさっと羽織れば外出ファッションに早変わりです。 また、Gジャンと組み合わせることでルーズ感が消えるところも魅力です。季節に合わせてパーカーの生地の厚さや素材を調整してみてくださいね。 Gジャン×スキニーですっきりコーデ Gジャンはスキニーパンツとも相性がいいですよ。エンジニアブーツなどと合わせてボーイッシュにまとめて行きましょう。 普通丈のGジャンでもいいけれど、女の子なら、ショート丈のGジャンやホワイトデニムのGジャンとも合わせてみてください。特にショート丈のGジャンとスキニーの組み合わせは身長を高く見せてくれますよ。 Gジャン×ガウチョでおしゃれ着コーデ パンツスタイルでも太めのガウチョパンツとGジャンを組み合わせると、おしゃれ着のようなコーディネイトが完成です。 タートルネックやベレー帽などを組み合わせると「きちんと感」をプラスでき、女の子らしさが一段とアップします。冬場ならブーツ、春先や夏ならバレエシューズなどを合わせてみてください。 Gジャン×スカートでよそいきガーリー スカートはふんわりフレアーやギャザーが寄せられたものがGジャンと相性抜群です。ギンガムチェックや白いスカラップレースのスカートと合わせると、よそいき感がアップします。スカートの中でも、シフォンスカートやとろみ感があるアコーディオンプリーツスカートなどと合わせると、ガーリーコーデが完了します。 ひざ丈のカラーデニムスカートならパーカーとのコーデも正解。ただし、Gジャンと同じ色のデニムスカートは「やぼったさ」が生まれる場合があるので避けてくださいね。 カジュアル過ぎないファッションにまとめてくれるGジャンは、キッズファッションにいろいろな表情を見せてくれます。ママやパパとのお揃いファッションもできますので、お出かけの時などにもコーデを考える必要がなくなります。おさがりや古着でも新鮮さが生まれるアイテムですので、フリマなどで見かけたらぜひゲットしてくださいね。 ...

【キッズ】白スカートの春コーデ4選

季節が変わったら、思い切って軽やかなファッションに切り替えましょう!その皮切りにおすすめしたいのが「白スカート」です。 キッズの春コーデで「白スカート」というと「合わせる服が見つからない・合わせにくい」という意見もありますが、どんなトップスにも合わせられる万能選手なんですよ。 春に合わせたいキッズの白スカートコーデを4つご紹介いたします。 シフォンスカートは万能選手 シフォン素材で作られたふんわりしたスカートは、ガーリーなファッションだけのものではありません。スポーティーなトレーナーやTシャツと合わせてもかわいくまとまります。スニーカーでさらに春らしさをプラスしてみませんか。 肌寒い日には、スウェットパーカーやデニムジャケットなどと合わせてもかわいいですね。 ミモレ丈くらいの、長すぎず短すぎない程度の長さがおすすめです。 ホワイトデニムで春を呼ぼう 梅春の時期からぜひ取り入れてほしいのがホワイトデニムのタイトスカートです。レギンスやスキニーと合わせて足元を暖めてあげれば、季節の変わり目でもスカートで遊べます。足元がすっきりしている分、たっぷりとしたセーターやトレーナーと合わせるとまとまりやすくなります。グレーやネイビー、くすみピンクとホワイトデニムで合わせてみてくださいね。 スカラップレーススカートでレイヤードスタイル ロング丈のスカラップレーススカートは春先から夏が終わるまで大活躍するアイテム。「透け感」が心配な生地の厚さですが、ロールアップしたジーンズなどを合わせて春のレイヤードスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。4月中なら薄手のロンTとニットカーデやストールとの組み合わせもいいですね。 夏を先取りしたタンドールスカート 4月に入ったら素足で活動的なコーディネイトを心がけていきましょう。白いタンドールスカートはたっぷりとしたフレアーが二段になっているのがポイントです。 女の子だからこそ、ひらひらをアピールできるようひざ上丈で選んでみてくださいね。白Tシャツの上にはヒッコリー生地のシャツなどを羽織って寒さ調節してみましょう。 白いスカートは「汚れる」という理由でママが敬遠したくなるアイテムですが、春先の軽さを印象付けるにはもってこいのアイテムです。お出かけの日などにはぜひ白いスカートで春コーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。 ...

【春アイテムのベレー帽】女の子のかわいいかぶり方

ベレー帽は生地や色合いを気遣うだけでオールシーズン楽しめるアイテムです。大人になると「顔が大きく見える・丸く見える」と敬遠してしまう方も見られますが、小さな女の子なら誰もが似合うアイテムなのです。ここでは春のベレー帽コーデをピックアップしながら、おしゃれでかわいく見せるかぶり方を考えていきましょう。 春先ベレー、どんなアイテムがおすすめ? ベレー帽は通年OKのアイテムとはいえ、どうしても秋~冬のイメージが強いですね。春先に合わせるベレーって難しい!と考える人もいるようです。 春向けなら、起毛素材やフェルト、ポンポンつきはおしまい。コットンや綿混素材の布帛生地でできたベレー帽を選ぶといいですよ。チェック柄やチノクロス素材なら、初夏のマリンルックにも似合います。ネイビーやベージュ、パステルなど色にもこだわってみてくださいね。 前髪を入れて「おでこ見せ」かぶり 子供らしさを保ちつつ、ちょっとだけ洗練された雰囲気を醸し出せるのが、「前髪イン」の「おでこ見せ」かぶりです。水平に、しっかりめにかぶれるので、歩いているときのズレなどが防げます。 おでこを見せることで、顔全体にたてのラインが生まれます。ロングタイプのガウンなどを羽織ってコーディネイトすると、背が低めの子供でもすらりとした印象を作ることができますよ。 大きめベレーをすっぽりかぶって、ガーリーに ふちが高めの大きめベレー帽は正面から斜めにすっぽりかぶるのがポイント。キノコのような雰囲気にならないよう、後ろ側のふちを半分織り込んでかぶると、リセエンヌのようなかわいらしさが生まれます。 ヘアスタイルを選ばないので、ベレー帽のかぶせ方に迷ったらぜひこの方法を実践してください。 上級編・斜めかぶりベレーでカジュアルに 春の軽やかなボーダーカットソーなどに合わせたいのが、斜めかぶりのベレー帽です。一部分だけふちの高さを半分にし、高さを変えていないふちを立て、斜め上に位置を調整してかぶります。下にしたふちはふんわりとした丸みを作るとかわいさアップです。小さな子供の場合、少し大きめのベレー帽を準備して、頭をすっぽりと覆うようにかぶせるとあどけなさをプラスできますよ。 ベレー帽が苦手なママが多いのですが、かぶり方を研究してみると苦手意識がなくなります。親子でベレー帽をかぶってリンクコーデを楽しんでみませんか。ママは耳をすっきり出してかぶるとバランスがとりやすくなります。キッズはヘアアレンジと組み合わせてかわいらしさをアピールしてくださいね。 ...

ヘアバンドでかわいいヘアアレンジをするポイント

ヘアアクセサリーショップや雑貨屋さん、またはハンドメイド作家さんが作るヘアバンドは女の子の間ではマストアイテムですよね。コーディネイトできるよう雰囲気を変えてたくさん持っているという人も多いようですね。 ここではヘアバンドを使ってかわいいヘアアレンジをするポイントをご紹介いたします。幼稚園・小学校ヘアに悩むママ、必見です。 ツインテール×ヘアバンドですっきりまとめ髪 ツインテールを作ったあとでみつあみを作るいつものヘアスタイルに、トップで結べるタイプの太めのヘアバンドを仕上げでプラス。それだけで元気な女の子へグレードアップします。 前髪にポンパドールを作り、ヘアバンドでおさえると、レトロガールっぽい雰囲気もプラスできます。ツインテールの位置は耳の脇~少し高めがおすすめ。低い位置や高すぎる位置では野暮ったく見えてしまいます。 高めポニーテール×ヘアバンドで「ハードに行こう!」 ロングヘアに限られてしまいますが、頭頂部で作られたポニーテールからふんわりとしたねじねじヘアにしてみましょう。 ルーズにまとめて逆毛を作ってみることもいいですよ。長い髪の毛であれば、中央トップで結んでもいいですが、長さが若干足りないときは、ディップなどで固めながら中央からサイドに寄せて結んでみると動きが作れます。 大きなリボンがついたヘアバンドをつければ、ちょっとハードな雰囲気を作ることができます。ガーリーは苦手だけどリボンは大好き、という女の子にぜひ試してみてくださいね。 ボブヘア~セミロングで超シンプルに 小さな女の子は髪の毛の長さがあっても結べない・まとまらないということも。ヘアアレンジができない!と嘆くママにおすすめできるのが、ヘアバンドです。 ボブやセミロングで切りそろえられたヘアスタイルでも、ヘアバンドを一つプラスするだけで、かわいい女の子ヘアのアレンジが完成します!うさ耳風リボンヘアバンドや、ガーリーなリボンがたっぷりついたカチューシャなど、毎日のお洋服に合わせてみてくださいね。 ヘアバンドはママとリンクコーデができるアイテムです。お揃いで持っておくと、子供もおしゃれに敏感になりますよ。たくさんのヘアバンドが販売されていますが、ママの手作りもできる簡単アイテムです。 靴下やハンカチを選ぶようにヘアバンドも選んでみませんか? 毎日同じヘアスタイルしか作れない!というママも、ヘアバンドで雰囲気を変えるだけでがらりと変わりますよ。 ...

カンカン帽の可愛いキッズコーデ4選

初夏から夏場にかけて、コーディネイトに欠かせないのが『カンカン帽』ではないでしょうか。ガーリーにもカジュアルにも、そしてちょっとボーイッシュな雰囲気にも似合う万能選手です。 今回はキッズにおすすめしたいカンカン帽をメインにした可愛いキッズコーデをご紹介します。「暑さ対策×コーディネイト」にも活用してくださいね! ワイドパンツ×カンカン帽でお出かけファッション 水族館やテーマパークなど、おしゃれな服を着てお出かけしたいときにカンカン帽は大活躍します。サロペット風のワイドパンツとパフ袖トップスの女の子らしい雰囲気に合わせるカンカン帽は、カジュアルダウンしすぎることなく、程よい抜け感を作ってくれます。 サンダル・リュック・カンカン帽のリボンなどを同色でまとめると、コーディネイトのアクセントにもつながります。 エプロンワンピ×カンカン帽でふんわりガーリッシュに! 女の子に一度は着てほしいエプロンワンピ。ブラウスと合わせてカントリー風にもできますし、ノースリーブで着用させてガーリッシュな雰囲気にもできます。いろいろな雰囲気を見せてくれるアイテムですね。 夏場は、エプロンワンピだけで涼しく着せてみましょう。 エプロンワンピとカンカン帽のリボンの色を合わせると可愛いですね。ベビー~トドラーサイズのカンカン帽なら、少し太めのリボンベルトがついたカンカン帽を選ぶと、あどけない感じをプラスできますよ。 ママ顔負けのコンサバスタイル!デニム×カンカン帽 定番のシャツ×デニムにカンカン帽を合わせると、さらに洗練された雰囲気が生まれます。ビッグシルエットのシャツはフロントインで。デニムはカプリパンツを選ぶとバランスが取れてすっきり見えます。合わせるカンカン帽は、ママでもかぶれちゃうほどシンプルなものを選びましょう。 シンプルすぎてキッズファッションとしては物足りない?と感じるコーディネイトでも、存在感が生まれます。 小さめカンカン帽×ビッグシャツでさりげなくおしゃれ ラフィアや麻ひもで編まれた小さめのカンカン帽。子供の大きな頭と合わせるとバランスよく合わせることができます。大人でも着用できるようなビッグサイズのカラーTシャツと白レギンスの組み合わせで、夏のカジュアルコーデが完成します。サンダルスニーカーと合わせてさらにカジュアルダウンを狙ってみましょう。 カンカン帽は一つあるとパンツにもワンピにも合わせることができるアイテムです。麦わらだけではなく、麻ひもで編みこまれたものなども準備しておくとコーディネイトの幅がぐんと広がりますよ! ...